トッテナムが今冬の移籍市場終了までに2人の余剰人員を整理する意向だ。

昨夏に続き今冬の移籍市場でも未だ新戦力補強を行っていないトッテナム。その一方で、余剰人員の整理に動いているようだ。

イギリススカイスポーツ』が伝えるところによれば、オランダ代表FWフィンセント・ヤンセン(24)に関してはベティスとの交渉が進んでおり、買い取りオプション付きのレンタル移籍で合意に近づいているという。なお、トッテナムは買い取りオプションの金額を1500万ポンド(約21億1000万円)に見積もっているという。

また、フランス『レキップ』はフランス人FWジョルジュ=ケヴィン・エンクドゥ(23)に関してはモナコへのレンタル移籍で合意に迫っていると伝えている。

現在トッテナムではエースFWハリー・ケイン、MFデレ・アリと攻撃陣の主力を欠いている状況だが、直近で2つの国内カップから敗退したことで、今後の日程は比較的ラクになっており、今冬あるいは今夏の移籍市場に向けた資金確保のために2選手の放出に動く模様だ。

サムネイル画像


(出典 news.nicovideo.jp)

期限付き移籍 (レンタル移籍からのリダイレクト)
期限付き移籍(きげんつきいせき)は、サッカーなどのプロスポーツにおいて、選手が現在所属しているクラブとの契約を保持したまま、期間を定めて他のクラブへ移籍する制度。「レンタル移籍」や「リース移籍」とも呼ばれる。英語ではloan dealと言う。 期限付き移籍では、通常の移籍(完全移籍)にしばしば見られる移籍金が発生しない
11キロバイト (1,592 語) - 2019年1月6日 (日) 09:04



(出典 img.news.goo.ne.jp)



<このニュースへのネットの反応>