(出典 i.ytimg.com)



 【楽天】先発の柱、岸がキャンプで初めて捕手を座らせて投げた。初めは中腰で構えた捕手に投げていたが、途中から座らせて22球を投じた。「徐々に状態は良くなっている。まあまあだと思う」と話した。

 納得のいく投球フォームに仕上げるため、序盤はブルペンで投げない期間を設け、例年よりもスローペースで調整を続ける。「フォームのバランスが良くなってから、直球を良くしていかないといけない」と説明した。(金武)。 



(出典 news.nicovideo.jp)