e-ネ!スポーツ撞

野球・パラスポーツ(障がい者スポーツ)・ビリヤード
を専門に関連した話題や情報を掲載しています

    2019年01月


    (出典 blog-imgs-113.fc2.com)


    有料 カタールに勝てば過去8大会で5度目のV!? アジアカップ決勝前日に抱いた違和感
    …この原稿は決勝戦の前日に書いているので、当然、カタールとの決勝戦の結果は知る由もないが、2011年大会以来、2大会ぶり通算5度目のアジアカップ優勝に大きく近づいていることだけは確かなようだ。
    (出典:サッカー(杉山茂樹))


    カタール国 دولة قطر 国の標語:なし 国歌:カタール国歌 カタール国(カタールこく、アラビア語: دولة قطر‎)、通称カタールは、中東・西アジアの国家。首都はドーハ。アラビア半島東部のカタール半島のほぼ全域を領土とする半島の国。ペルシア湾(アラビア湾)に面する。南はサウジアラビアと国
    31キロバイト (3,741 語) - 2018年12月17日 (月) 01:27


         


    【【2/1】サッカーwww いよいよ決勝戦!今季「日本強し!」と言いたいが・・記者が抱いた違和感とは?】の続きを読む

    谷田成吾(やだ せいご、1993年5月25日 - )は、埼玉県川口市出身の元プロ野球選手(外野手)。 慶應義塾大学時代に東京六大学通算15本塁打を打ち、「高橋由伸2世」とも言われた。しかし、大学4年次の2015年のドラフト会議で指名されず、社会人野球JX-ENEOSに所属したが、2017年のドラフト
    6キロバイト (460 語) - 2018年11月4日 (日) 14:12

    報告するたびに驚かれたIT企業挑戦…20社以上のオファーから選んだ理由

     昨秋のプロ野球ドラフト会議で指名漏れし、野球を引退した前四国IL徳島の谷田成吾さんが“ITマン”に転身したことが分かった。東京・六本木に本社を置くIT企業「ショーケース・ティービー」に今月から入社。現役時代は「由伸2世」の異名で脚光を浴びたスラッガーは20社以上の誘いを受けながら、なぜIT企業を第二の人生を選んだのか。

     入社が決まった後、谷田さんはお世話になる人に報告する度、驚かれたという。保険、マスコミメーカー……。誘いを受けた企業は20社以上。なかには有名企業もあった。しかし、専門的知識がある訳ではない「IT」を生業とする企業に決めたからだ。その裏には「挑戦」と「成長」に対する思いがあったという。

     最初は右も左も分からかなかったビジネスの世界。話をもらった企業とは全員と会い、話を聞いた。第二の人生で何を成し遂げたいのか。自問自答するうちに「自分で何かを創り上げるような仕事をしたい」と軸ができた。そんな話を就職活動の相談に乗ってもらっていた先輩にすると、「ショーケース・ティービー」で執行役員を務める福山敦士さんを紹介された。

    「最初は今後について相談させてもらっていたけど、社会人としてやりたいことのありったけを伝えさせていただいた。話していくうちに『それなら、うちでやってみないか』と。ITに関する知識はほとんどない。でも、やっぱり次の道でもいろんなことにどんどんと挑戦をしてみたかった。ここなら、早いうちから挑戦できる環境があると思いました」

     福山さん自身、慶応高時代、05年センバツに出場。投手として登板し、8強入りした経験を持つ。慶大準硬式野球部を経て、サイバーエージェントに入社。1年目からグループ会社の立ち上げに参画し、27歳で独立(株式会社レーザービームを設立)。29歳で2度のバイアウトを行い、ショーケース・ティービーの執行役員となった敏腕ビジネスマンだ。一方でビジネス書の作家、プロ野球選手マネジメントも手掛けている。

    5か年計画、20代のうちに一人前に…福山さん「将来は独立して構わない」

     同社は「おもてなしテクノロジーで、人を幸せにする」を経営ビジョンに掲げるソフトウェアメーカー。ITをより便利にするサービスを手掛けている。WEB上の入力フォーム支援ツールである「フォーアシスト」などの10種類以上の特許も持つ。従業員数120人。福山さんが後輩の谷田さんを採用するに至ったのは、アマチュアを含めた第一線で活躍した野球選手のセカンドキャリアに関する課題を感じていたからという。

    「会社として、若手メンバーの挑戦事例を生み出したいという課題を持っていたことが(採用した理由の)一つ。もう一つは野球部出身の人材を活かしたかったという面もあります。現状、野球に打ち込んできた人間が活躍できた事例が少ない。社会人1年目であっても野球人として10年以上、培ってきたチームワーク、精神力など、ビジネスの世界で活かせる要素は多い。

     だからこそ、彼に活躍する事例を作ってほしい。短期で結果を残し、証明することが彼のように野球の第一線で取り組んできた野球部出身者への勇気になる。社会人を辞め、米国に渡り、凄い挑戦を続けてきた。その裏ではいろんなことを言われたと思う。プロ野球には届かなかったけど、自分としても彼をプロのビジネスマンと呼ばれるような人間にすることに命をかけたい」

     そんな思いが合致し、入社に至った。福山さんは早い段階で営業を任せ、20代のうちに事業責任者を担えるよう、5か年計画でビジネスイロハを教え込んでいる。「将来的には独立してもらって構わない。NPBの世界は30歳から40歳が活躍の限界だけど、ビジネスの世界では50歳、60歳を超えても活躍できる」と野球以上に息の長い未来を期待している。

    「今はすべてが勉強。一日も早く会社の挑戦の力になりたい」と谷田さんは話す。野球というスポーツを通じ、プロを目指して努力し、培った能力、経験をビジネスに還元。会社員という枠に捉われず、プロのビジネスマンとして大成する。大きな希望と使命を宿した戦いは、幕を開けたばかりだ。(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)

    IT企業「ショーケース・ティービー」に入社した谷田成吾さん【写真:編集部】


    (出典 news.nicovideo.jp)

       


    <このニュースへのネットの反応>

    【【なぜ?】プロ野球ドラフト会議で指名漏れした谷田成吾「野球はしません」では何するの?】の続きを読む




    (出典 scdn.line-apps.com)

    事故後初の試合、キックオフ前のスタンドには「SALA」のコレオグラフィー

     いまだ行方の分からない元チームメートへ送るゴールとなった。フランス1部ナントからイングランドプレミアリーグのカーディフへ移籍したアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラを乗せた飛行機が、21日に消息不明となった事故後、初めてのリーグ戦でナントはサンテティエンヌと対戦。サポーターが、そして同僚選手がサラにエールを送った。また元日本代表監督で、現在ナントを率いるバヒド・ハリルホジッチ監督が涙する場面もあった。

     サラはこの冬の移籍市場でカーディフ史上最高額となる1500万ポンド(約21億円)での移籍が決定。21日、新天地に向かうために小型飛行機に搭乗したが、その夜に消息を絶ち、現在まで行方不明の状態が続いている。

     サラの古巣ナントは30日、事故後初の公式戦でサンテティエンヌと本拠地で対戦した。英衛星放送「スカイスポーツ」によれば、試合前のウォームアップではナントの選手全員がサラの顔写真と「ON T’AIME EMI(僕らはサラを愛している)」というメッセージが書かれたシャツを着て、元チームメートへの敬意を示した。

     さらにスタンドはサラを思うファンで埋められ、ナントカラーである黄色と緑で「SALA」という文字のコレオグラフィーや、サラの母国アルゼンチンの国旗が飾られた。ナント時代のユニフォームエールを込めた弾幕なども掲げられていた。

     試合は前半9分にサラのナントでの背番号9にちなみ、試合が1分間中断し、ファンスタンディングオベーションする場面も。元日本代表指揮官のハリルホジッチ監督はキックオフ前から神妙な面持ちで試合に臨んでいたが、この時はベンチで目に涙を浮かべた。

    同点ゴール後にはメッセージ入りTシャツを掲げる

     その後、前半終了間際に小競り合いが原因で、両チーム一人ずつ退場者を出す展開のなか、後半13分にサンテティエンヌが先制した。

     しかし、負けられないナントは同25分にカウンターが炸裂。右からの折り返しガーナ代表FWアブドゥル・マジード・ワリスが押し込んで同点とした。ゴール後にはウォームアップで着ていたメッセージ入りTシャツスタンドに向かって掲げた。

     複雑な思いが入り交じるなかで迎えた一戦は1-1のドローで決着となった。(Football ZONE web編集部)

    同僚選手がサラにエールを送った【写真:AP】


    (出典 news.nicovideo.jp)

       


    <このニュースへのネットの反応>

    【【イイネ👍】消息不明のFWサラ、涙のハリル監督、選手らが敬意の拍手】の続きを読む


    (出典 billi-walker.jp)

    990年にかけて週刊少年マガジン(講談社)に連載されていた。全16巻、ワイド版全9巻、文庫版全8巻。原案協力は日本プロポケットビリヤード連盟所属の長矢賢治。 主人公の高校生・織田信介が、数多くのナインボール競技大会へ出場し、そこで出会うライバル達と戦いながら成長していく漫画。ストーリー自体は比較的単
    9キロバイト (1,400 語) - 2018年2月12日 (月) 14:55


         


    【【動画】あの漫画にも協力した”長矢賢治”プロが教えるビリヤード!】の続きを読む


    トッテナムが今冬の移籍市場終了までに2人の余剰人員を整理する意向だ。

    昨夏に続き今冬の移籍市場でも未だ新戦力補強を行っていないトッテナム。その一方で、余剰人員の整理に動いているようだ。

    イギリススカイスポーツ』が伝えるところによれば、オランダ代表FWフィンセント・ヤンセン(24)に関してはベティスとの交渉が進んでおり、買い取りオプション付きのレンタル移籍で合意に近づいているという。なお、トッテナムは買い取りオプションの金額を1500万ポンド(約21億1000万円)に見積もっているという。

    また、フランス『レキップ』はフランス人FWジョルジュ=ケヴィン・エンクドゥ(23)に関してはモナコへのレンタル移籍で合意に迫っていると伝えている。

    現在トッテナムではエースFWハリー・ケイン、MFデレ・アリと攻撃陣の主力を欠いている状況だが、直近で2つの国内カップから敗退したことで、今後の日程は比較的ラクになっており、今冬あるいは今夏の移籍市場に向けた資金確保のために2選手の放出に動く模様だ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    期限付き移籍 (レンタル移籍からのリダイレクト)
    期限付き移籍(きげんつきいせき)は、サッカーなどのプロスポーツにおいて、選手が現在所属しているクラブとの契約を保持したまま、期間を定めて他のクラブへ移籍する制度。「レンタル移籍」や「リース移籍」とも呼ばれる。英語ではloan dealと言う。 期限付き移籍では、通常の移籍(完全移籍)にしばしば見られる移籍金が発生しない
    11キロバイト (1,592 語) - 2019年1月6日 (日) 09:04



    (出典 img.news.goo.ne.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【サッカー】トッテナム、移籍市場に向けた資金確保のため、2選手を放出するのか?】の続きを読む

    (つつごう よしとも、1991年11月26日 - )は、和歌山県橋本市出身のプロ野球選手(外野手、内野手)。右投左打。横浜DeNAベイスターズ所属。 実家は橋本市内でガソリンスタンドを営んでいた。小学2年の時に和歌山ニューメッツで野球を始めた。 中学では堺ビッグボーイズに所属、4番として
    42キロバイト (4,928 語) - 2019年1月27日 (日) 10:25

     DeNA筒香嘉智選手が、25日、都内の日本外国特派員協会で記者会見を行った。議題は「日本の野球界は変わらなければならない」。現役選手で侍ジャパンの4番打者という、影響力の大きい立場での「提言」が国内外100名を超える記者が集まるなかで行われた。

    「本日は、僕自身が感じている(日本の)スポーツ界、野球界の現状について『もっと良くなるにはどうしたらいいか』考えてることを話したいと思います」。まっすぐ前を見据え、語り始めた筒香。まず野球人口が少子化のスピードより6~10倍のスピードで減っているという調査結果を示し、子供たちが野球をするにも無理を強いられ、果ては、手術を受け野球を断念する例もあるということに憂慮を示した。

     さらに筒香は、専門家や医師と協力して調査したデータを記者に配布。そこにはU-12日本代表の小中学生と、筒香が、’14年、’15年と2度訪れているドミニカ共和国の子供たちの肘の内側の故障頻度が示されていた。日本の子供たちの67%が故障歴があるのに比べて、ドミニカは18%という数字を示していた。

     筒香はこのデータを「勝利至上主義が原因だ」と言い切った。「どの年代も、選手の将来的な活躍よりも、今の勝利を重視した『勝利至上主義』に問題があるのではないかと思っています。プロ野球リーグ戦で行われていますが、骨格のできあがっていない子供たちの大会はほとんどがトーナメントで行われています。このため、どうしても選手の成長より今の試合に勝つことが優先されています」

    甲子園は子供たちのための大会なのか?

     ドミニカには甲子園に値するような大きな大会はなく、トーナメントでの試合もない。子供たちは指導者から野球を楽しむことを優先した指導を受け、ひいてはMLB球団が主催するアカデミーに入り、メジャーリーガーへの夢を紡いでゆく。そこには「美談」にすり替えられる「酷使」はない。昨夏の夏の甲子園金足農業の吉田投手が決勝戦まで一人で投げぬき、それが「高校野球の姿」などと語られたこととも記憶に新しい。

     それゆえ、筒香は自身も名門・横浜高校で経験した「高校野球」についてとりわけ強く言及した。

    高校野球は教育の場といわれていますが、高校生甲子園でやっているのは部活動です。昨年も球数の問題が出ましたが、本当に子供たちのためになっているのかという疑問があります」

     さらに「高校野球では部活で大きなお金が動いたり、教育の場といいながら、ドラマのようなものを作ることもある。新聞社が高校野球を主催しているので、(メディアにも)子供たちに良くないと思っている方はいても、高校野球の悪というか、子供たちのためになっていないという思いを(メディアが)なかなか伝え切れていないのが現状だと思います」と高校野球界の矛盾を突いた。

     日本の新聞社の記者が大勢詰めかけるなかでの発言。ややもすれば、今季は横浜でプレーする自身の首をしめかねない発言に記者会見場は静まり返った。(事実、翌日の朝刊で記者会見自体を報じたにせよ、この部分を報じた新聞社はほんの一部で、高校野球を主催する2紙は同日に行われたセンバツ高校野球の組み合わせ抽選の結果に多く紙面を割き、これには言及しなかった)

     また、その後行われた質疑応答では、少年野球のチームを引率したことがあるという女性外国人記者から、「子供と母親」の関係性についての質問があった。「(日本の)母親の間にはスポーツではなく、武道のようではないかという意見がある。夏休みの間ずっと練習に付き合わなくてはならないとか、子供たちと指導者のために100人分の昼ごはんを作らねばならないという話を聞いた。あなたは知っているか?」と母親の視点に立ったものだった。

     筒香自身はシニア時代の出身母体である堺ビックボーイズのスーパーバイザーについており、オフにはそうした母親たちと話す機会があったとして、こう述べた。

    「選手のお母さんから聞いた話では、近所のチームに(見学に)行ったら、あまりに(指導が)怖すぎて入部できなかったという声がありました。また、練習が長すぎて、子供たちが遊びに行ったり、勉強する時間がない。また、親もお茶当番などがあるので子供たちと出掛けたり、両親が何かやりたいことが何もできないという声がありました」

     と、少年野球や、高校野球で行われている、父母が指導者や関係者、OBにお茶や菓子、弁当などを用意する「お茶当番」という”苦役”をなかば強制的に押し付けられ、母親の心理的負担が少なくないことを認識していた。実際、堺ビックボーイズでは「お茶当番」を廃止。選手不足に陥るチームが多い中、強制的な練習等を排除し、野球を楽しませる環境をつくることで、70人超の新入部生があり、それは毎年増えていることも併せて示した。

     筒香は指導者側の問題も指摘した。「指導者は勝つことが子供に良かれと思ってやっているが、実は子供たちの負担になっているという現状があります。もちろん僕自身も勝つことを否定しているわけではありません。勝つ喜び、負けて悔しがる思いは必ず必要なことだと思っているが、勝つことが第一に優先されてしまい、子供の未来が潰れているのが現状が起きている。子供が優先されないといけないのに、大人が中心になってやってしまっているのではないか」と疑問を呈した。

     そのなかで、筒香は「子供たちに答えを与えすぎる。そして子供たちができないことに苛立ち、罵声や暴言を発する指導者の姿を実際に多く見た」と前時代的な指導に苦言を呈する一方、サッカーのようなライセンス制については、「少年野球の指導者のほとんどは平日は仕事を持ち、土日に自分の時間を使うボランティアであるから、(ライセンスなど特別な講習に時間を割くのは難しいので)まずはルールを決めて子供たちを守ることが先決ではないか」と慮る発言もあった。

    「世間が、時代が急速に変わっているのに、野球界の変化のスピードがあまりにも遅く、時代に取り残されているのではないか」と何度も言っていた筒香。日本球界のトップ選手の勇気ある提言は、日本の野球界、とくにアマチュア球界にどのような変化をもたらすのか。注目したい。

    取材・文・撮影/遠藤修哉(本誌)

    会見は通訳を挟み、質疑応答は英語と日本語で行われた


    (出典 news.nicovideo.jp)

       


    <このニュースへのネットの反応>

    【【野球危機】DeNA・筒香嘉智選手が記者会見「日本野球は、この考えを変えないと野球人口が減る」 一体その考えとは?】の続きを読む

    全国健康福祉祭 (ねんりんピックからのリダイレクト)
    全国健康福祉祭(ぜんこくけんこうふくしさい)は、60歳以上を中心とするスポーツと文化の祭典である。愛称はねんりんピック。厚生労働省、開催都道府県および政令指定都市、長寿社会開発センター、スポーツ庁の共催で開催されている。 1988年(昭和63年)に、厚生省50周年記念事業の一環として、兵庫県と神戸
    6キロバイト (477 語) - 2017年12月3日 (日) 07:57


         

         


    (出典 nenrin-wakayama2019.jp)

    近畿5府県のチーム交流 ねんりんピックサッカーリハ 近畿5府県のチーム交流 ねんりんピックサッカーリハ
    11月に和歌山県内で開催される「ねんりんピック紀の国わかやま2019」サッカー交流大会のリハーサル大会が27日、上富田町朝来の上富田スポーツセンター…
    (出典:和歌山(紀伊民報))


    【【今話題のサッカー】ねんりんピック2019に向け、ここでもサッカーの戦いが始まる!】の続きを読む

    アーセナル(Arsenal)は、英語で工廠を意味する。 サッカークラブの名称 アーセナルFC - イングランド・ロンドンのサッカークラブ。 アーセナル・レディースFC - 上記アーセナルFCの女子部門。 アルセナル・キエフ - ウクライナ・キエフのサッカークラブ。 アルセナル・トゥーラ - ロシア・トゥーラのサッカークラブ。
    2キロバイト (150 語) - 2016年12月11日 (日) 11:54

    アーセナルU-19イングランド代表MFエミルスミス=ロウ(18)のライプツィヒへのレンタル移籍が間近に迫っているようだ。イギリススカイスポーツ』が伝えている。

    9歳からアーセナルプレーする左ウイングを主戦場とするアタッカーのスミス=ロウは、昨年9月20日に行われたヨーロッパリーググループEのヴォルスクラ戦でトップチームデビュープレミアリーグピッチにはまだ立てていないものの、今シーズンはここまで公式戦6試合3ゴールを記録している。

    そんなアーセナルの逸材は、今シーズン終了時までのレンタル移籍でライプツィヒに加入する模様。アーセナル側はこれまで同選手の放出に否定的な構えを見せていたものの、バルセロナからスペイン人MFデニス・スアレス(24)を獲得することが濃厚となったことから許可した形に。31日にドイツメディカルチェックを受けた後に正式発表となるようだ。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

       


    <このニュースへのネットの反応>

    【【サッカー】アーセナルで10年プレーした「若きMF」レンタル移籍はどうなる?】の続きを読む

    色々スポーツ


         

    は124票。アルヴィは9日に大統領に就任。 フランスのローラ・フレセル(英語版)スポーツ相が辞任を表明。マクロン大統領は後任に元水泳選手のロクサナマラシネアヌ(英語版)を任命。 グアテマラ外務省は、汚職撲滅のため国連との合意に基づき設置されたグアテマラ無処罰問題対策国際委員会(英語版)のイバン・
    359キロバイト (44,596 語) - 2019年1月28日 (月) 11:45


    仏スポーツ相と柴山文科相、スポーツ分野の協力へ署名 - サンケイスポーツ
    フランスのロクサナ・マラシネアヌ・スポーツ相が30日、柴山昌彦文部科学相を表敬訪問した。9月開幕のラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会、来年の東京五輪・パ…
    (出典:サンケイスポーツ)

    【【朗報】フランスの「マラシネアヌ」スポーツ相が日本を訪問!話題となったのは?】の続きを読む


         

    視覚障害者5人制サッカー(視覚障害者サッカー、通称:ブラインドサッカー)とは、視覚に障害を持った選手がプレーできるように考案されたサッカーである。競技は国際視覚障害者スポーツ連盟(IBSA)が統括しており、国際サッカー連盟(FIFA)が定めたフットサル(5人制室内サッカー)のルールを一部修正したも
    6キロバイト (795 語) - 2018年12月3日 (月) 16:34



    (出典 gs-files.japaneast.cloudapp.azure.com)

    3・19開幕のブラインドサッカーワールドグランプリ大会スケジュールが決定。チケットは2月9日から販売 3・19開幕のブラインドサッカーワールドグランプリ大会スケジュールが決定。チケットは2月9日から販売
    日本ブラインドサッカー協会(JBFA)は29日、国際視覚障がい者スポーツ連盟(IBSA)主催の「IBSAワールドグランプリ 2019」(3月19日~…
    (出典:サッカー(ゲキサカ))


    【【もうひとつのサッカー】ブラインドサッカーワールドカップ3/19開幕 日本の高田監督、戦いへの思いを述べる】の続きを読む

    このページのトップヘ