e-ネ!スポーツ撞

野球・パラスポーツ(障がい者スポーツ)・ビリヤード
を専門に関連した話題や情報を掲載しています

    2019年01月

    プ野じ

    女子野球のプロスポーツ形態については女子プロ野球と呼ばれる。 他のプロスポーツ同様、試合を行うことで観客から入場料を徴収し、それを球団の利益ならびに選手の報酬としている。球団・選手とも野球を専業職とし、試合やそれに関連する収益で所得の全てを賄う。この点がアマチュア野球とは大きく異なる。プロ野球の球団はプロ野球球団、プロ野球チームと呼ばれ、選手はプロ野球選手と呼ばれる。
    3キロバイト (475 語) - 2016年12月9日 (金) 05:35



    (出典 i.ytimg.com)


         


    【★爆笑動画★年末年始は野球珍プレーで笑おぅwwこれは痛いぞ・・2015】の続きを読む

    no title


    ビリヤード(英: cue sports, billiard sports、billiards)は、室内で行われるスポーツ競技のひとつ。ビリアード、撞球(どうきゅう)、球撞き・玉突き(たまつき)とも呼ばれる。 ビリヤードとは、ラシャと呼ばれる布を張ったスレート(石板)にクッションで囲ったテーブル上で
    47キロバイト (6,590 語) - 2018年12月5日 (水) 13:04



         

         


    【【動画】基本を知ろうwwwプロが教える、初心者のビリヤード】の続きを読む


    大リーグの公式サイト12月31日プロ野球西武からポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指している菊池雄星投手(27)が、マリナーズと4年契約を結ぶことで合意したと伝えた。 【時事通信社



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【朗報】菊池雄星、マリナーズと合意www】の続きを読む

    楽天


    楽天イーグルス泉練習場(らくてんイーグルスいずみれんしゅうじょう)は、宮城県仙台市泉区にある「楽天イーグルス泉グラウンド」内の野球場。プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルス(ファーム)の練習場・専用球場(本拠地、二軍球場)として同球団の運営法人である楽天野球団が運営管理を行っている。命名権(ネーミ
    15キロバイト (1,881 語) - 2018年6月24日 (日) 05:20



    (出典 i1.wp.com)


         


    【★爆笑動画★笑って年末年始wwwやっちゃよ・・楽天珍プレー2007】の続きを読む


    「球数制限」はすべきか否か…甲子園ではタイブレークを導入

     年に2度、春と夏の甲子園が始まると、決まってホットな話題となるのが「球数制限」の是非だ。トーナメント方式の短期決戦の場合、絶対的エースがいるチームや、投手の数が少ないチームは、勝ち続ければ勝ち続けるほど、1人の投手にかかる負担が増える。2日間で2戦連投、合計400球近くを投げたという話は珍しくない。野球を生業とするプロ選手であっても、そんなに肩肘を酷使することはない。当然、球数制限は設けるべきだ。だが、少ない部員数しかいないチームにとっては、投手を何人も用意できない事情もある。

     国際大会に目を向けてみると、高校球児世代のU-18ワールドカップはもちろん、U-15U-12といった若い世代、さらにはトップチームが戦うWBCや強化試合でも球数制限は設けられている。ちなみに、先に行われた2018日米野球では、1投手が1試合で投げられる球数は80球で、50球以上を投げた場合は中4日、30球以上、または2日連続投げた場合は中1日を空けなければならない、という規定になっていた。

     以前に比べ、高校野球の球数制限導入に賛成する声が増えている。今年から春夏ともに延長13回からタイブレーク制が導入された流れを考えれば、球数制限が導入される日も遠くはないだろう。本来、高校野球は終着点ではなく、育成過程の1段階。「今、勝つこと」以上に「将来大きく羽ばたくこと」が注目されるようになったことは、いい傾向と言えるだろう。

     だが、高校野球で球数制限を導入すれば、高校球児を野球人生を左右するような故障から守ることができるのだろうか。もちろん、死球や接触プレーによる骨折など突発性の故障は付きものだが、投手の肩や肘に関する怪我の多くは、幼少期の故障歴や疲労に端を発すると見られ、小中学生の段階で正しい練習やトレーニング、怪我の対処を行っていれば防げていた可能性は高い。

    古島医師が見守ってきた夢を諦めた子供たち

     群馬県館林市にある慶友整形外科病院には、小学生からプロまで数多くの野球選手が診療に訪れる。名誉院長を務める伊藤恵康医師は、日本屈指のトミー・ジョン手術(肘靱帯修復手術)の執刀医。その一番弟子で整形外科部長を務める古島弘三医師は、これまで故障が原因でプロ野球選手になりたいという夢を諦め、涙を流す子供たちを数多く目にしてきた。

    「あまり知られていないことかもしれませんが、高校生になって発症する肩肘の故障は、根本をたどると小学生中学生で負った怪我が治りきっていなかったり、過度にかかった負荷が原因だったりすることがあります。つまり、小学生中学生の時に、適切な指導の下で正しいトレーニングや怪我の対処が行われていれば、防げた怪我もある。

     今、高校生で球数制限を導入しようという動きがありますが、本来ならば小中学生のうちから球数制限を設けるべきでしょう。そして、球数制限をなぜ取り入れるべきなのか。『子供の怪我を防ぐため』『将来大きな選手に羽ばたくため』といった漠然として理由は分かっていても、子供の体に過度な負荷がかかるのはなぜ良くないのか、症状を放っておけばどのような怪我や障害につながるのか、具体的な理由が分かっていない人は多いと思います」

     小中学生の体はまだ成長段階にあり、一般に大人の骨としてできあがるのは15歳前後だという。成長を続ける未熟な骨や筋肉に過度の負荷をかけ、十分な休息を与えなければ、怪我を引き起こすだけではなく、時には成長の妨げとなることは容易に想像できるはずだ。

    中学生でのレギュラー獲り、将来の成長、どちらが大事?

     プロ野球選手メジャーリーガーの中で、小中学生で全国大会に出た経験がない選手は何人いるだろう。高校時代に甲子園に出場したことがない選手が何人いるだろう。大半の選手はどちらの経験も持っていない。肘を痛めた小学生が2か月休めば完治したのに、今レギュラーになりたいがために投げ続け、結果的に「プロ野球選手になる」という夢を諦めなければならない大きな怪我を引き起こしたら、本末転倒だ。無理をしても復帰を逸る子供を諭すこと、子供が痛みを我慢しない環境を作ることなどは、大人が果たすべき役割だ。

     そのためにも大切になるのが、指導者や保護者が子供たちの体や成長について基本的な知識を持つことだ。古島医師を中心とした呼びかけで、群馬県スポーツ少年団の軟式野球指導者にライセンス制度を導入している。ライセンス取得のための必須講習の1つには、肩肘の故障や子供の成長に関する講義も含まれている。

     Full-Countでは、古島医師を講師に迎え、子供の成長の特性、代表的な肘の怪我の解説、適切なトレーニングや指導方法などについて連載シリーズでお届けする。(佐藤直子 / Naoko Sato)

    慶友整形外科病院・古島弘三医師【写真:佐藤直子】


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【肘と野球】小学生から球数制限を――肘の専門家と考える高校球児の怪我のルーツ】の続きを読む


    インテルが、レアル・マドリーからレンタルチェルシーに加入しているクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(24)の買い戻しを検討しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』の情報をもとに『フットボールイタリア』が伝えている。

    ディナモ・ザグレブ下部組織出身のコバチッチは、2010年16歳でプロデビュー。プロ2年目からスタメンに定着すると、2013年1月にインテルへ移籍を果たした。

    また、インテルでは背番号「10」を背負うなど躍動し、2015年にマドリーへステップアップ。だが、出場機会には恵まれず、2018年8月に期限付き移籍でチェルシーに加わっている。

    インテルピエロ・アウジリオSD(スポーツディレクター)は、今夏にクリエイティブなMFの獲得を画策してモドリッチにアタックしたが、実現はできず。今回伝えられるところによれば、現在ではコバチッチの買い戻しが検討されているという。

    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【インテル、元「10」番のクロアチア代表MFの買い戻しを検討か】の続きを読む



    NO.7167123 2019/01/01 16:12
    清原和博 135キロ超の激太り!?「破裂しそうなほどお腹が」
    清原和博 135キロ超の激太り!?「破裂しそうなほどお腹が」
    「12月に入ってすぐのことでした。もうすぐ日付が変わろうという時間に、道路に止まった真っ黒のごっつい車の後部座席から、でっかい男が降りてきた。それが清原選手。ビックリしました」(40代のサラリーマン)

    最近、六本木の繁華街でそんな目撃情報が増えている。

    2016年2月に覚醒剤取締法違反で逮捕されてから約2年半。

    元プロ野球選手の清原和博氏(51)は今、都内・湾岸エリアのタワーマンションに賃貸住まいをしている。

    事件の影響で長く自宅に引きこもりがちだったが、ここにきて、ようやく“復活”の気配を見せているという。

    「歌舞伎町で警察官から職質を受け、尿検査に応じたことをネタにしたりしている。自らの半生を振り返った“懺悔本”が今年7月の発売から3週間で10万部を突破。今も売り上げを伸ばしている。それ相応の印税が入って、金欠状態から脱したのも大きい。かつての本拠地だった六本木に顔を出すようになったらなったで心配事はありますが、少なくとも外に出ようという気になったのは大きな一歩、と仲間は安心しています」(事情通)

    とはいえ、体重は一時、135キロを超えた。

    持病の糖尿病の治療も継続している。

    冒頭の目撃者によれば、「破裂しそうなほどお腹が出ていて、足を引きずりながら歩く姿は痛々しかった」という。

    関係者の心配は尽きない。

    ネットの反応
    ・懲りずに散財
    ・少しお金が出来たらすぐに使ってしまう
    ・アドバイス聞かなさそうだしねぇ
    ・たった10万部で何が出来るんだよ
    ・1500万くらいか。来年の税金を考えておかないと。贅沢な遊びを覚えてる身体だとすぐ消える額だ。
    ・いっとき痩せたのにもう太ったのか、もうダメだな
    ・また逮捕されそうだな
    ・もう歳考えろとw金稼げる機会なんてもうそう残されてないのに
    ・こいつは意志が弱いから又覚醒剤に手を出すよ
    ・Amazonで中古が数百円w
    ・糖尿病って太る奴もいれば痩せる奴もいるよくわからん
    ・懺悔本なんて自己肯定のために出すんだから、本当の懺悔なんて書いてない。
    ・佐々木、なにをしている。力づくでも清原を監禁して、無人島に10年は押し込めておけよ。
    ・ダメだお金が手に入ったこんな記事出されたらまた売人が近づいてくるよ
    【日時】2019年01月01日
    【提供】gossip!
    【関連掲示板】


    【【悲報】元野球選手の清原和博 、覚醒剤事件後変わり果てた姿に!】の続きを読む

    no title

    ゴールボール(英語:goalball)は、目隠しをしながら鈴の入ったボールを転がし、ゴールに入れることで得点する視覚障害者の球技で障害者スポーツの1つ。第二次世界大戦の傷痍軍人のリハビリテーションとして考案され、ヨーロッパでは盛んに行われている。パラリンピック正式種目。
    5キロバイト (575 語) - 2016年4月12日 (火) 03:42



    (出典 www.shimizu12.com)


         


    【【動画】見えてるような感じが・・・ゴールボールのスーパープレー NHKリオ】の続きを読む


     昨年は栃ノ心が手繰り寄せ、御嶽海も挑戦した大関の座。迎えた今年も新大関誕生となれば、大きな話題となることは想像に難くないが、そこに名乗りを上げる力士は果たして誰なのか。本稿では注目に値する力士3名をピックアップし、以下にその可能性を探っていきたい。

     まず1人目は、昨年11月場所で初優勝を果たした貴景勝。1月場所で「11勝」をマークすると一応昇進目安をクリアすることになるが、現時点ではそこまで機運が高まっていない。

     勝ち星・内容共にハイレベルなものが求められていることを考えると、1月場所で無理に大関を狙うのは得策ではない。次の3月場所で勝負をかけるため、まずはこの場所2ケタをキープし、初優勝が“確変”ではなかったことを証明したいところだ。

     2人目に登場するのは、初優勝した昨年7月場所の後、2場所に渡って大関取りに挑戦した御嶽海11月場所で「7勝8敗」と負け越したことで、1度目の挑戦は惜しくも失敗となってしまった。

     この2場所で喫した黒星14個の内訳は、対横綱・大関が5個、そして対関脇以下が9個。この数字を見ても分かる通り、失敗の要因はもったいない取りこぼしにある。この課題をクリアすることができれば、実力は確かなだけに2度目の挑戦も十分あり得るだろう。

     最後となる3人目には、東前頭13枚目で臨んだ11月場所で「11勝4敗」をマークし、敢闘賞も受賞した阿武咲を挙げたい。昨年は右膝の怪我で一時十両まで番付を下げたが、それまでは三役である小結に在位していた力士だ。

     新入幕の2017年5月場所から3場所連続10勝で一気に小結まで駆け上がったこと、そして先に述べた11月場所の成績を考えると、既に一定の実力は兼ね備えている。怪我の影響は少し気がかりだが、万全ならば“台風の目”となる可能性は十分だろう。

     一昨年は高安、そして昨年は栃ノ心が射止めた大関の座。果たして3年連続で新大関は誕生するのか、まずは1月場所の貴景勝が注目を集めることになりそうだ。

    文 / 柴田雅人

    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【大相撲】次の昇進力士を予想www【大関編】】の続きを読む


    新年を迎えインスタあいさつ「明日の自分が今日を後悔しないように」

     オリックスを自由契約となり、日本ハムに入団した金子弌大投手が1日、自身のインスタグラムで新天地での活躍を誓った。

     新年を迎え「2019年明けましておめでとうございます! 今年から新天地北海道で野球をやらせていただきます」と綴った金子。初詣に行った様子で、その写真も投稿している。

     金子はさらに「先の事を考えつつも今出来る全ての事を全力で取り組み、明日の自分が今日を後悔しないように1日1日を過ごしていきたいと思います!いや、そうします!!」と力強く宣言。最後は「今年も金子千尋をそして“金子弌大”を宜しくお願いします!」と締めくくった。

     2014年MVP沢村賞を受賞するなど、プロ通算120勝を挙げてきたパ・リーグを代表する右腕は、4年契約が満了した昨季終了後にオリックスから野球協約で定められた40%の減額制限を大きく超える大幅なダウン提示を受け、自由契約を選択。その後、日本ハムと契約し、登録名を「金子千尋」から「金子弌大」に変更して再出発することになっている。(Full-Count編集部)

    今季から日本ハムでプレーする金子弌大(右)【写真:石川加奈子】


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【移籍】オリックス「金子千尋」登録名を変え日ハムへ 活躍誓う】の続きを読む

    このページのトップヘ