(出典 blog-imgs-46.fc2.com)

祇晶(もり まさあき、1937年1月9日 - )は、大阪府豊中市生まれ、岐阜県岐阜市出身のプロ野球選手(捕手)・指導者・監督、野球解説者。本名「 昌彦」(もり まさひこ)。 巨人V9時代の正捕手。「V9の頭脳」の異名を取った。西武監督時代は在任9年間でチームを8度のリーグ優勝、6度の日本一に導いた。
54キロバイト (8,087 語) - 2020年1月12日 (日) 14:21


   
【動画】

1 砂漠のマスカレード ★

時代を同じくして名捕手、名監督の道を歩み、しのぎを削り合ってきた森祗晶氏(83)。逸話をひもときながら悼んだ。

   ◇   ◇   ◇

古い言い方だが「戦友」と呼ばせてもらう。
1957年(昭32年)、高知でのオープン戦で初めて会った。
以来、半世紀以上の付き合いだが、私以上に野村さんと野球の話をした人間はいないだろう。
気がついたら朝だった、ということが一体、何度あったか。

違うリーグだからこそだが、日本シリーズの前には当時西宮にあった野村さんの自宅に泊まり込み、相手チームを研究した。
阪急と初めて対戦した67年(昭42)、主軸を打つスペンサーをどう抑えるか。
クセや配球を読むのがとてもうまいと教えてもらい、それを逆手に取らせてもらった。

第2戦の初回無死一、二塁でスペンサーを3球三振に仕留めた。
当時の巨人は2球で追い込んだ場合、3球目は外して様子をみていた。
スペンサーも絶対に外してくると思ったのだろう。手を出さなかった。その試合を1-0で勝ち、シリーズを4勝2敗で制すと、以後、私がいる間は阪急には負けなかった。

南海とも日本シリーズを戦ったが、この時はやりづらかった。でも打者野村を攻略しないと勝てない。野村さんは配球を読んで絞ってくるので、なんとかその逆をいこうと必死だった。でも知恵比べは楽しかった。
その集大成が、お互いに監督になって戦った92年(平4)と93年(平5)の日本シリーズだ。

2年とも第7戦までもつれた。仕掛けても「その手に乗るか」とお互い逆をいくので、流れは行ったり来たり。
その中で印象深いのが92年の第7戦だ。1-1で延長戦に入り、西武が先に1死三塁の好機をつくった。
打者は3番秋山。清原をすでに下げ、4番には奈良原が入っていた。
秋山が歩かされたら困るな、スクイズも外される恐れがあるからできないと思っていたら、勝負。
秋山が犠飛を放ち、その1点を守って優勝した。

あとでなぜ秋山と勝負したのか聞いてみた。
「歩かせても、三塁の辻、一塁の秋山、奈良原も足が速い。
何をやってくるか分からない。
岡林のスライダーが決まれば、秋山の方が三振が取りやすい」。
そのスライダーがほんの少し甘くならなかったら、結果は逆だったかもしれない。互いに知力を尽くした92、93年は最高の日本シリーズだったと思う。

野村さんと最後に会ったのは、2年前の巨人ホークスOB戦。ホテルで2時間くらい話をした。「ハワイからよく来てくれたな」と言っていただいたのが、最後の言葉になった。もう野球の話ができないと思うとつらい。(日刊スポーツ評論家)

2/12(水) 7:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200212-02110956-nksports-base





5 名無しさん@恐縮です

>>1
>以後、私がいる間は阪急には負けなかった。

西本幸雄が短期決戦を苦手にしてただけ

上田利治が監督になってから巨人は阪急に
勝てなくなった


6 名無しさん@恐縮です

>>5
西本さん名将なのに本当に日本シリーズ勝てなかったなあ(´・ω・`)


20 名無しさん@恐縮です

>>6
何か抜けてただろうな。


23 名無しさん@恐縮です

>>6
西本さんは選手を鍛える事に関してはプロ野球の歴史上1・2位を争う名将。
それと短期決戦を勝つ能力とは違うんだよなあ。


25 名無しさん@恐縮です

>>6
リーグ優勝はするけど、短期決戦になるとからっきしダメって監督いるよね
最近だと緒方、辻
星野も最後に楽天で日本一になったけど、短期決戦は苦手なほうだった


26 名無しさん@恐縮です

>>25
落合とかな


28 名無しさん@恐縮です

>>25
戦力もあるけどな。


58 名無しさん@恐縮です

>>6
近鉄時代の79年の広島戦は本当に痛かっただろうな
80年の日本シリーズも広島にやられてついぞ日本一にはなれなんだ


2 名無しさん@恐縮です


(出典 i.imgur.com)


67 名無しさん@恐縮です

>>2
清原グリーニー飲み過ぎだろ
色が酷いわ


4 名無しさん@恐縮です

森って誰からも慕われてないな


78 名無しさん@恐縮です

>>4
森以上に、一番寂しいのは広岡


86 名無しさん@恐縮です

>>78
広岡の管理野球はこれはこれで面白いエピソードばかりでいいけどな
監督時代に選手が絶対優勝して胴上げで落とそうぜみたいな話が最高だ

こういう個性的な人がいなくなったね最近は何でもコンプライアンスだから
見てるほうはつまらないかもしれんね


7 名無しさん@恐縮です


(出典 i.imgur.com)


8 名無しさん@恐縮です

森も名将なのに影が薄いな


27 名無しさん@恐縮です

>>8
人格だろうな。
巨人、西武と球界一の戦力の揃ったチーム
だったの大きい。
先日NHKでサッチーがいない野村の
生活ぶりを特集してたが、高級時計を
収集癖のある野村が「エリートはこーいう
時計はしないだよな」って言ってたのが
印象的。そーいう卑下さが野村が愛された
理由だろうね。


63 名無しさん@恐縮です

>>8
ノムさんは本出しまくるしメディアにも出まくるし
何よりあの嫁だったもの
森さんはハワイに移住してザ隠居って感じだからね


81 名無しさん@恐縮です

>>63
キャッチャーって元々そんな感じでしょ昔は
ノムさんは最近はピッチャーだからみたいな冗談も飛ばしてたし
晩年は脚光浴びて良かったね
それはそれで幸せだったと思うけどね


9 名無しさん@恐縮です

若手時代に「監督にお歳暮を贈るのはやめよう」と仲間に言っておきながら、自分だけお中元お歳暮を贈り続けて点数稼ぎしてたことをジャイアント馬場に告発されてた森


18 名無しさん@恐縮です

>>9
受け取る奴が一番悪いだけどな。


40 名無しさん@恐縮です

>>9
一軍に10数人登録できる投手と固定されたら一人だけって言う捕手が同じだと信じていたら馬場は相当甘い。
尚且つ、シベリアに抑留された水原、戦場に行った川上達が贈り物だけで判断するって相当甘いな。
巨人は不要なら藤本でも三原でも水原でも王でもクビにするのにw


50 名無しさん@恐縮です

>>40
オレもポジションが違う馬場が森のやり方を批判してもしょうがないと思った
批判するなら同じピッチャーの人間のやり方批判しないと
馬場の立場で批判できる人がいなかったのかな


89 名無しさん@恐縮です

>>50
キャッチャーってサッカーのゴールキーパーと同じで、同じ実力があって、代表に選ばれても
監督が気分でこの大会は川口、この大会は楢崎って決めたら怪我するか消化試合以外は、
どちらかが全試合出ずっぱりw
キャチャーも同じで誰かがマスク被ったら一年はそいつ中心、ポジションによって立場が違うのに森は汚い、俺はクリーンなんて抜かしている奴はプロじゃない。

演劇のプロレスなら尚更、つけ届けは重要なのにw


45 名無しさん@恐縮です

>>9
こんなもん策士とかでなくただ単に汚い野郎だわ


93 名無しさん@恐縮です

>>9
このネタを芸スポに広めたのは俺かも。
ジャイアント馬場の「たまには俺もエンターティナー」という自伝にあった話。

>>40
二軍選手の頃の話だから一軍の監督やコーチでなく、
二軍の監督コーチへの付け届けじゃないかな?
確信はないけど。


95 名無しさん@恐縮です

>>9
これにはオチがあって、
「社長になってわかったが、見え見えのお世辞でも言われれば嬉しい。
それがわからなかった自分が子供で甘かった」
と自戒で締めている。

森はこの暴露が気に食わないのか、
馬場の追悼コメントで、「馬場は二軍時代一緒だったが、
脚や動きが遅くて練習に一人だけついていけず気の毒だった」
と小馬鹿にしていたな。


10 名無しさん@恐縮です

>お互いに監督になって戦った92年(平4)と93年(平5)の日本シリーズだ。

最近不親切な文章多いね
森西武 野村ヤクルトを加えろや


48 名無しさん@恐縮です

>>10
アフォ、そんなもん子供でも知っとるわw(´・ω・)


12 名無しさん@恐縮です

今は球界を離れてハワイで悠々自適だっけ?良い人生だな
横浜での何年間だけがちょっと残念だけどw


15 名無しさん@恐縮です

>>12
バツ2だけど奥さんいるんだろうか


17 名無しさん@恐縮です

>>15
いないはずないだろう。


24 名無しさん@恐縮です

森が亡くなってもみんな泣くのかな


30 名無しさん@恐縮です

>>24
森はホントにいい話聞かないね


32 名無しさん@恐縮です

森は生きている


47 名無しさん@恐縮です

>>32
ガーディアンだっけか


77 名無しさん@恐縮です

>>32
>>33


35 名無しさん@恐縮です

結局西武でしか監督してないし実績残せてない

多分誰がやっても勝ってたんだろうなと今は思う。
落合みたいなやり方してりゃ負けることはない。まして戦力が随一。

横浜時代で若手を育てその後黄金時代とかでもしてりゃまた評価も今は違うんだろうけど。
ピークの谷繁出して相川とか無茶過ぎた。GM能力ゼロだろ。
伊藤トレードに出して、大久保にすべて任せるみたいなことしたのか?って


38 名無しさん@恐縮です

>>35
まぁ何でも出来るベテランがやりたい放題する野球からのシフトチェンジだから時間が幾らあっても足りないわな


37 名無しさん@恐縮です

森西武
野村ヤクルト
どっちのほうの教え子が
指導者で結果出してるかね
 


39 名無しさん@恐縮です

>>37
どう考えても森西武


60 名無しさん@恐縮です

>>39
出身者がリーグ優勝・日本一になった監督になってるしな
伊東、秋山、ナベQ、工藤……
辻もCSで負けて日シリには出られなかったがリーグ1位にはなったしな
石毛くらいか監督で結果出せなかったの

工藤は森よりも広岡を超絶尊敬してる感じだけど


43 名無しさん@恐縮です

>>37
森西武というより広岡西武だろうな。
監督として活躍してるのは広岡監督時に入団した連中だ。
工藤、辻をはじめ広岡へのリスペクトを表明してる監督が多いよ。


42 名無しさん@恐縮です

森は教育者としてはどうなんだろう
慕われてないように見えるけど、兵隊として使った人たちのコーチ、監督率は無茶苦茶高いんだよな


46 名無しさん@恐縮です

>>42
その辺は森というより根本の面倒見というか影響力だな


44 名無しさん@恐縮です

この人こそ月見草だろ。


54 名無しさん@恐縮です

1死3塁で秋山勝負とか明らかに小学生レベルのミス


83 名無しさん@恐縮です

>>54
打率低いし三振多いしでそこまで敬遠しなきゃいけん打者でもないよ

中途半端に出したら走られるしそっちのが危険


57 名無しさん@恐縮です

森はパンチ金村デーブのような世渡り上手なお調子者が嫌いで、
監督時代に石毛渡辺久デーブ工藤伊東を横に並ばせて順番に声をかけていたが、
わざわざ並ばせておきながらデーブだけは無視する という陰湿さ
完全に干されていて巨人へ行った とデーブが語っていた


75 名無しさん@恐縮です

>>57
森もだが逆にデーブが嫌われるのもよくわかるエピソード


64 名無しさん@恐縮です

森はツイッターで怒涛の更新してるぞ よほど暇なんだろう


68 名無しさん@恐縮です

>>64
どこの森だよ?
ダルビッシュじゃあるまいし。


65 名無しさん@恐縮です

ポジション被りのライバルを大井競馬場に行くように仕向けておいてアイツシーズン中なのに競馬場で遊んでますよと川上監督にチクって干させた森さんか


92 名無しさん@恐縮です

>>65
戦争経験者の水原や川上達は生き残るために、そう言う汚いことやるのは当たり前な世界から帰ってきた。
彼らそんなこと知ってるよ、知っていて蹴落とされる甘い奴をふるいにかけてるだけで
先輩が手取り足取り指導してくれるなんて信じていたら帰還できないんだよ。
水原なんて極寒のシベリア抑留だぜ。


72 名無しさん@恐縮です

西武黄金期って堤義明の力も大きいんじゃね?


80 名無しさん@恐縮です

>>72
もちろん、というかそれが全てというか


74 名無しさん@恐縮です

知恵比べねえ
前任の広岡個人が選手を育てたわけじゃないが、広岡時代に成長した遺産で戦えただけだからねえ。


76 名無しさん@恐縮です

>>74
まあ、ヤクルトの1978年の優勝も、西武の躍進も、
実は本当に働いたのは森だっていう説も、
それぞれ当時から言われてなかったわけでもないんだよねえ。


96 名無しさん@恐縮です

優勝を逃した年、次年度の契約について
オーナーである財閥の総帥(・・・たぶん堤義明)から

「やりたければどうぞ。」

と、三国志演義のような屈辱の一言を浴びたそうで、
常勝軍団なりの苦悩はあったのだろうなと


98 名無しさん@恐縮です

>>96
それニュースで見たけどさ
堤さんの真意は「辞めさせる意味がない。森さんがやって当然」って風に感じられたけどな
マスコミ悪意ありすぎ


99 名無しさん@恐縮です

>>96
リアルタイムで見たよ
当時の堤は世界一の金持ちで、この上なく傲慢だった
さすがに世間から批判されて、堤から森に折れたが
森西武はファンが優勝に飽きて客足が落ちていたしな
連覇で選手の年俸は高騰するのに
根本が人気のある王や長嶋に監督オファー出して断られたり
森も勝ち続けながらも、球団とは円満ではなかったんだね


97 名無しさん@恐縮です

森は阪急の情報聞くために野村の家行って、
牧野コーチから渡すように言われていた謝礼をノムに渡さずネコババ
その後、夜食食いに行ったラーメン屋で野村にラーメンを奢らせ、
野村のスーツの大きさがちょうどいいサイズだったので持ち帰った。


100 名無しさん@恐縮です

>>97
まあ、野村の方が先輩で年俸も高いから飯を奢ってもらうのは当たり前かも
謝礼ネコババはダメだがw