(出典 pbs.twimg.com)

篠塚 和典(しのづか かずのり、1957年7月16日 - )は、東京都豊島区生まれ、千葉県銚子市育ちの元プロ野球選手(内野手、右投左打)・コーチ。1992年6月29日までの登録名は篠塚 利夫(しのづか としお)。翌30日から「和典」という名前にした。本人によると、「知り合いの内気功の先生から勧められた」とのこと。
27キロバイト (3,694 語) - 2020年5月19日 (火) 20:53


   


1 砂漠のマスカレード ★

天才打者が元祖「怪物」について語る「江川さんがピッチャーでNO1だと思ってます」

読売巨人軍史上屈指の好打者と言えば、通算1696安打をマークした篠塚和典氏(1992年途中までの登録名は篠塚利夫)。
1975年のドラフト1位で銚子商から入団し、圧倒的な打撃技術の高さ、そして、華麗な守備で現役時代に多くの名シーンを生み出した。

Full-Countでは、天才打者が現役時代を振り返る連載「篠塚和典、あの時」を掲載中。今回は、篠塚氏が語る「江川卓の記憶」前編。剛速球と縦に大きく割れるカーブを武器に活躍した江川氏は、
わずか9年間という現役生活で通算135勝をマーク。高校時代から数々の伝説を作った元祖「怪物」について、篠塚氏は「ピッチャーでNO1だと思っている」と話す。

巨人ではチームメートとして江川氏と共闘した篠塚氏。だが、高校時代には2歳年上の「怪物」と対戦したことがある。その時の印象はあまりにも鮮烈だったという。

「対戦したのは高校の時。一番速い時期だったのではないかと。本人も言ってました。高校の時が一番速かったと。私は江川さんがピッチャーでNO1だと思ってますからね。
2試合しか対戦してないけど、こんなに速いピッチャーいるんだって思いましたよ」

プロに入ってからは、多くの名投手と対戦を重ねた。もちろん、高校生だったときに対戦した投手と、その後にプロで対戦した投手とを単純比較することはできない。
ただ、バックで守っていても、江川氏の凄さに変わりはなかったという。

「プロになれば、自分が速い球でもそういうふうには見えなくなってきているから、高校の時に江川さんを見た感覚とはちょっと違います。
でも、やっぱりいざという時の速さ、ランナーがスコアリングポジションに行ったときは凄かったですね。ランナーがいないときは大体7、8分(の力)で投げている感じ。
体の使い方を見ていると、それほど大きく使わずドローン、ドローンと投げるんだけど、セットに入って足を上げてからの速さは全然違いました。
ランナーがセカンドとかサードにいると、ギアが上がる。それはすごく感じました」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200523-00779139-fullcount-base&p=1
5/23(土) 7:10配信





43 名無しさん@恐縮です

>>1
地元が栃木で高校時代のパーフェクトやノーヒットノーラン何度も見たけど
試合はまったく面白くなかったぞ
いつの間にか始まっていつの間にか終わってるのばっかだ
おそらく半分以下の力でしか投げてなかったはず
コントロールがめちゃくちゃ良くて、ミット構えた位置に投げてるだけ
相手のバッターはかすりもしないのがほとんどで退屈だった記憶しかない
甲子園の満塁押出し負けは泣けたけどね


99 名無しさん@恐縮です

>>1
江川のカーブは横にスライドして落ちる感じで縦に大きく曲がるとは違うと思う。
以外と知られてないけど、入団当初はチェンジアップも投げてた。


100 名無しさん@恐縮です

>>1
縦に割れるカーブ、って当時はドロップとかいってた球種?


4 名無しさん@恐縮です

青い手袋の人やったけ?


12 名無しさん@恐縮です

>>4
阪神ファンだったのでよくわからないけど青い稲妻の松本とは違うかな?


33 名無しさん@恐縮です

>>4
青が高田で赤が柴田


5 名無しさん@恐縮です

和典は知らん。利夫なら知ってる。


30 名無しさん@恐縮です

>>5
二人ともすごかったのか?


7 名無しさん@恐縮です

ドラフト拒否しなければ通算250~300勝はしていたか?


73 名無しさん@恐縮です

>>7
大学時代もかなり酷い酷使をされてるからね

現実と同じ年に引退したとしても100勝は上積みしてるし
そもそも肩を摩耗してないから選手寿命も延びる

300勝もいけただろうね


9 名無しさん@恐縮です

カーブを待ってた場合ストレートを捕球できるの?


29 名無しさん@恐縮です

>>9
できないからストレート想定


13 名無しさん@恐縮です

単純に割ったら毎年15勝かい
すげーなぁ江川


14 名無しさん@恐縮です

オールスター戦の8連続奪三振はお見事

https://blog.goo.ne.jp/grussgod/e/f0a3479d3a6e9a1c37c5831d709ff140


31 名無しさん@恐縮です

>>14
この頃の江川はもう終わったとかマスコミが報道してて
オールスター後に落合がマスコミに激怒してたって逸話が好き


18 名無しさん@恐縮です

なんで下の名前変えたん?


28 名無しさん@恐縮です

>>18
プロ野球選手って晩年によく名前変えるよね。姓名判断かな。


22 名無しさん@恐縮です

高校野球で江川からホームラン打ったってだけの理由で
プロに引っ張られた選手がいたくらいだからな。


25 名無しさん@恐縮です

山倉の方がスゲエじゃねーかw


89 名無しさん@恐縮です

>>25
それ思ったわww


27 名無しさん@恐縮です

やっぱり今のスピードガンだと10キロくらい早くでるんだな


37 名無しさん@恐縮です

>>27
わかんねーけど、普通に考えると昔の方がタイミングやら何やらの問題で、高い数字はカットして
遅めの数字しか信用できないような気がする。


42 名無しさん@恐縮です

篠塚、原、吉村とこの頃の巨人は生え抜き強打者多くいたけど
怪我でダメになった選手が多かったな


48 名無しさん@恐縮です

>>42
松本篠塚クロ原吉村
駒田岡崎山倉(P)
なんとなくそんな打線だったような気がするが
エグいよな
相手P休むとこないな


83 名無しさん@恐縮です

>>42
後の世代の松井、高橋も怪我だから、球場が悪いんだろう


91 名無しさん@恐縮です

>>42 >>83
人工芝だから主力のほとんどが
下半身に故障を抱えてた


46 名無しさん@恐縮です

若い頃は篠塚格好いいと思ってたけど最近は生気のない死体みたいな顔になっとる


70 名無しさん@恐縮です

>>46
腎虚


74 名無しさん@恐縮です

>>46
年取ってカッコよくなるタイプとそうでないタイプがいるが
篠塚は残念な方だな


49 社長ぺっぺ

引退した年に、代打で三遊間にヒットを打った時には客席から感嘆の声が出たよな


54 名無しさん@恐縮です

9年で135勝年平均15勝って今ならめちゃくちゃ評価されてるよねましてや引退なんて考えられないよ


57 名無しさん@恐縮です

>>54
怪我で引退だから


64 名無しさん@恐縮です

>>54
当時でも20勝投手なんてもう出なくなっていて17~18勝が最多勝ライン
斉藤雅樹と西本で久々に20勝が2人出たって話題になってた


55 名無しさん@恐縮です

篠塚って三冠王の人でしょ
それぐらいは知ってる


60 名無しさん@恐縮です

>>55
首位打者しか取ってない気がする


78 名無しさん@恐縮です

ユーチューブにこれが初速160出てたと言われてる20勝した時の映像があるね。


92 名無しさん@恐縮です

>>78
初速、終速出てるの見たけど、初速でも普通に145ぐらいだったよ。

終速と初速の差は少なくてびっくりしたけど、大谷とかMLBの見るとさすがに絶対的スピードでは現代の投手には敵わないよ


93 名無しさん@恐縮です

>>92
江川の昔の試合をジータスで結構やってるけど
入団当初はデビュー戦で平均130km前後、MAXも139km
その後も全盛期で平均140km前後、MAX145超えるぐらいだな
当時のスピードガンと江川はストレートの伸びが凄くて
球速より早く感じると言っても
今のスピードガンなら160km出てだとは思えないな
せいぜい全盛期のMAXが150km超えるぐらい


79 名無しさん@恐縮です

ヒーローインタビューはいつも
山倉の言う通りに投げたって言ってたような


88 名無しさん@恐縮です

>>79
現役時代に本当のこと言わないだろ