e-ネ!スポーツ撞

スポーツ・パラスポーツ(障がい者スポーツ)・ビリヤード
を専門に関連した話題や情報を掲載しています

    カテゴリ: 水泳



    花子(いけえ りかこ、2000年7月4日 - )は、東京都江戸川区出身の競泳選手。専門は自由形とバタフライ。2018年8月28日現在、身長171cm、リーチは186cm、足のサイズは26.5cm。ルネサンス所属。マネジメント契約先は株式会社ジエブ。2019年2月15日現在、個人種目11個とリ
    179キロバイト (7,574 語) - 2019年2月15日 (金) 13:04



    (出典 opi-rina.chunichi.co.jp)



    代替テキスト
    (写真:アフロ

    「ハッキリしているのは、これから璃花子の闘病を家族一丸となって支えていかなければいけないということ。来年の東京五輪や今後の水泳生活がどうなるのかもわかりません。それよりも孫には元気になってほしいという気持ちでいっぱいです……」

    絞りだすようにそう語ったのは、池江璃花子選手(18)の母方の祖父。その言葉には、“孫を救いたい”という強い意志がにじんでいた。

    2月12日に日本競泳界のエースである池江選手が白血病を告白してからすでに1週間、しかし日本は動揺から脱せないでいる。池江選手の両親は離婚しているが、千葉県内に住む父とその両親も彼女を見守り続けてきた。父方の祖母は言う。

    「私たちにも病気のことや、今後は治療に専念していくことなどの連絡はありました。あの小さかった璃花子が水泳選手として成長を続け、東京五輪のメダリスト候補と呼ばれるようになるなど、本当に驚きの毎日でした。璃花子のお母さんには感謝の言葉しかありません。病気のことでは息子も私たちも呆然としています。いまは璃花子が回復してくれることをひたすら祈っている状態です」

    祖母が語る“ひたすら祈る気持ち”……すべての人々がいま同じ気持ちを抱いている。家族たちも日本も悲嘆にくれるなかで救いになっているのは、病室にいる池江選手自身が前向きな気持ちをツイッターで力強く発信し続けてくれていることだ。

    《今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います》(2月12日付)
    《私は、神様は乗り越えられない試練は与えない、自分に乗り越えられない壁はないと思っています》(2月13日付)

    スポーツ紙記者は言う。

    「池江選手にはこれまでも数々の名言を生み出してきました。《人ができたことは自分もできると思うんです》。お母さんが小さいころから『ポジティブにしないといけない』と、暗示をかけていたそうです。池江選手を襲った衝撃は想像を絶しますが、それでも“闘う姿勢”を崩さないのは、本当に強靭な精神力だと思います。さらに凄いのは、自分をポジティブに保とうとしているだけではなく、ショックを受けているであろう友人たちを逆に励まし続けていることです」

    2月14日小学生時代からライバルであり親友の今井月選手(18)は池江選手から電話で病気を告げられたことを明かした。

    「そうなっちゃったからルナは頑張ってね」

    そんな親友の言葉に、今井選手は競技人生への思いを新たにしたという。

    病室からの“勇気のメッセージ”を受けたのは今井選手ばかりではないという。池江選手は競泳以外でも同学年のアスリートである卓球の伊藤美誠選手(18)、平野美宇選手(18)らとも仲が良く、LINEメールなどで連絡を取り合っている。平野選手の母・真理子さんは言う。

    「娘は池江さんを尊敬していて、『いつもはすごくふつうっぽいのに、試合になるとスイッチが切り替わってメダルをとっちゃう』と言っています。娘も池江さんが白血病を公表したすぐ後にメッセージを送り、返信もいただいたようです。『献血や(骨髄バンクの)ドナー登録って大事だね』と言っていましたが、娘も“誰かの役に立たなければ”という気持ちを強めているようです」

    ポジティブ思考のほかにも池江選手には水泳で培った武器がある。それはイメトレだ。

    「彼女は幼いころから眠る前にイメトレをするのが日課でした。横になって、泳いでいるときに何回呼吸をするかをイメージしたり、試合前には優勝したシーンイメージしたりするそうです」(前出・スポーツ紙記者)

    “私は白血病に負けない!”と回復した自分をイメージし続けることで、絶対に病魔に打ち勝ってほしい。



    (出典 news.nicovideo.jp)
    ★池江璃花子さん、難病というプールの中で白血病あいてに必ず勝って金メダルですよ! 【《絆》池江璃花子よ「白血病との試合に勝って金メダルだ!」 闘病中の孫に祖父祖母が思いを語る】の続きを読む


    (出典 iwiz-spo.c.yimg.jp)


    花子(いけえ りかこ、2000年7月4日 - )は、東京都江戸川区出身の競泳選手。専門は自由形とバタフライ。2018年8月28日現在、身長171cm、リーチは186cm、足のサイズは26.5cm。ルネサンス所属。マネジメント契約先は株式会社ジエブ。2018年8月12日現在、個人種目12個とリ
    178キロバイト (5,002 語) - 2019年2月12日 (火) 12:39


         


    アルビレックス新潟は12日、競泳女子の池江璃花子選手(18)が白血病を発症したことを受け、MF早川史哉(25)のコメントを発表した。

    12日、競泳女子自由形で活躍する池江璃花子選手が、自身のツイッター(@rikakoikee)で白血病と診断されたことを公表。2018年8月アジア競技大会では自由形、バタフライフリーリレーメドレーリレーの6種目で金メダルを獲得するなど、東京オリンピックに向けて大きな期待を寄せられていた中での発表に、驚きを隠せなかった。

    早川は、2016年筑波大学からアルビレックス新潟へと入団。開幕戦で先発フル出場デビューを果たしたが、同年4月に急性白血病と診断。2年間のリハビリを経て、今シーズンから復帰を果たしている。

    そんな早川が、同じく白血病と診断された池江選手に向けてコメントを発表。自身の経験から、池江選手へエールを送った。

    (C)J.LEAGUE PHOTOS

    「まずは、池江選手の病状がはっきりしていない現段階では、軽率な発言や憶測で判断し、メディアを通してお話するべきではないと思い、クラブを通じてコメントさせていただきます」

    「正直に自分としてはショックを受けていますし、他人事ではなく、自分のことのように感じています。池江選手の気持ちを考えると、言い表す言葉が見当たりません。これからどういう治療、どういう経過をたどっていくのかは分からないですが、競泳選手としての池江さんというより、一人の人間として病気に立ち向かってほしいです」

    「選手として活躍されていて、周りの多くの方はどうしても綺麗なドラマのように、復帰して再び活躍する姿を見たいと期待していると思いますが、まずは一人の人間として元気になってくれることを僕は願っています。決して明るく前向きなことばかりでないと思います。池江選手には、周りの信頼できる人たちといろいろな想いを共有して、決して一人で背負いこまず、じっくりと強い気持ちをもって病と戦ってほしいです」

    「僕自身、いろいろな人から温かい想いをいただいたことが、間違いなく大きな力になっています。しかし、それを背負い過ぎることなく、また期待を意識し過ぎずに自分のことを第一に想って進んでほしいと思います」

    「だからこそ、白血病を経験した僕から周りの方々にお願いがあります。池江選手に温かい優しさをたくさん与えてほしいと思います。そういう想いが必ず池江選手の力になると思っています。それは、僕自身も感じてきたことでもあるからです。みなさんにはスポーツに関わる者として、リスペクトをもって池江選手を支えてほしいです。ぜひ、人の思いやり、温かみという部分で池江選手に寄り添い、温かい想いをみんなで届けていけたらと思います」

    「僕自身が力になれることがあれば協力させてもらいたいです。お互いアスリートであり、共に頑張っていきたいとも思います。そして、池江選手のペースで一歩ずつ、じっくりと前に向かって進んで行ってほしいと願うばかりです」

    「今、SNSで「早川選手が2年、3年で復帰したから大丈夫」という話を目にしますが、それぞれの病気ですし、病気によってもそれぞれの段階があると思います。誰かと比較せずに池江選手のペースでしっかりと病気と向き合って進んでほしいのが一番の願いです」

    「池江選手に対するリスペクトと思いやりをもって、彼女の戦いに大きな優しさと温かさをもって寄り添ってほしいです」
    サムネイル画像


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【《衝撃》競泳の池江璃花子選手に選手生命を脅かす出来事が・・・MF早川史哉がエールを送った】の続きを読む


    紅白歌合戦に審査員出演、舞台裏の様子公開でファンうっとり「可愛すぎるって」

     競泳の池江璃花子ルネサンス亀戸)が1日、インスタグラムを更新。31日にNHK紅白歌合戦に審査員で出演した18歳は、舞台裏の艶やかな着物姿を画像付きで公開し、「可愛すぎるって思った」「着物めっちゃお似合いでした」と大反響を集めている。

     2019年、さらなる躍進が期待される18歳大晦日を艶やかに彩った。池江は1日にインスタグラムを更新し、1枚の画像を公開した。

     いつもと変わらない優しげな笑みを見せる池江。しかし、いつもと違うのは身にまとっているものだ。白を基調とし、大胆に金の花がデザインされた着物姿。髪を上げて赤と白の髪飾りでまとめ、和服を綺麗に着こなしている。「紅白歌合戦 池江璃花子様」と記された楽屋前に立ち、大晦日風物詩の舞台裏を公開している。

     投稿では「明けましておめでとうございます 今年もよろしくお願い致します。紅白歌合戦見ていただきありがとうございました」と新年の挨拶とともに画像を公開。目の当たりにしたファンも「あけましておめでとうございます」とコメント欄で新年の祝福とエールとともに、歓喜の声を上げている。

    「振袖ステキでした」「お綺麗ですね」「可愛すぎるって思った」「着物めっちゃお似合いでした」「ほんとに可愛かったです!」「着物姿、清楚でした」などと視線を奪われた様子だ。すっかり国民の顔になりつつある18歳は今年、世界水泳を控え、金メダル獲得が期待される20年東京五輪へ重要な1年。美しく速いスイマーにとって勝負の年が艶やかに幕を開けた。(THE ANSWER編集部)

    競泳の池江璃花子【写真:Getty Images】


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【池江璃花子、紅白の“艶やか着物姿”の1枚が可愛すぎると大反響「めっちゃお似合い」】の続きを読む

    no title

       

    水泳(すいえい、英: swimming)とは、水の中を泳ぐこと である。 人類は昔から河川・池・湖・海などで泳ぐことがあった。日本では、古くは[いつ?]水の中を泳ぐ技術は「水術」と呼ばれ、日本では武術の1つともされた。現在[いつ?]では水泳はスポーツやレクリエーションとして行われることが多い。 レクリエーション
    32キロバイト (4,690 語) - 2018年11月27日 (火) 04:38


       


    1 大人になった名無しさん :2015/08/30(日) 01:19:42.34 .net

    水泳部の伝統の全裸自己紹介についてのスレの第2弾です。


    前スレ
    【儀式】水泳部の思い出【全裸自己紹介】
    http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/sepia/1341752923/


    【【儀式】水泳部の思い出 2 「選手が水泳連盟を提訴」】の続きを読む

    no title

         

    鈴木 聡美(すずき さとみ、1991年1月29日 - )は、日本の競泳選手。専門種目は平泳ぎ。女子平泳ぎの日本記録保持者。ミキハウス所属。 福岡県遠賀郡遠賀町出身。競泳は4歳の時に始めた。遠賀中学校から九州産業大学付属九州高等学校時代は無名で全国大会レベルでの目立った戦績はなかったが、厳しい指導で
    13キロバイト (982 語) - 2018年10月16日 (火) 04:03


         

         


    【【水泳】鈴木聡美、今季を振り返った思い・・・「動画 小学生と泳ぐ」】の続きを読む

    no title

    岩崎 恭子(いわさき きょうこ、1978年7月21日 - )は、静岡県沼津市出身の日本の元競泳選手、指導者。専門種目は平泳ぎ。スポーツコメンテーター、日本オリンピック委員会事業・広報専門委員、日本水泳連盟競泳委員・基礎水泳指導員(水泳インストラクター)。 1992年バルセロナオリンピック金メダリス
    12キロバイト (1,435 語) - 2018年11月6日 (火) 12:25
     

     


    【岩崎恭子、“カツラ変装”不倫&白昼キス報道の裏事情…【動画 金髪で不倫報道】】の続きを読む

    no title



    水を相手に泳いでればよかったのに・・・
    男を相手に泳いじゃったんだね・・・
    岩崎恭子も、もう40歳になるんだ~
    金メダルを取った頃のイメージがあるから
    今回の不倫騒動は、ショックだねぇ・・・


    岩崎恭子 不倫謝罪に意外な反応「ここまで潔いのは久しぶり」 岩崎恭子 不倫謝罪に意外な反応「ここまで潔いのは久しぶり」
    …《岩崎恭子は、2018年11月3日をもって、斉藤祐也さんとの婚姻関係を解消させて頂くことになりました》バルセロナ五輪の競泳女子200メートル平泳ぎ金メ…
    (出典:社会(女性自身))


    岩崎 恭子(いわさき きょうこ、1978年7月21日 - )は、静岡県沼津市出身の日本の元競泳選手、指導者。専門種目は平泳ぎ。スポーツコメンテーター、日本オリンピック委員会事業・広報専門委員、日本水泳連盟競泳委員・基礎水泳指導員(水泳インストラクター)。 1992年バルセロナオリンピック金メダリス
    12キロバイト (1,418 語) - 2018年11月5日 (月) 11:12
     


     


    【【動画フォトショット付】岩崎恭子、意外な反応・・・】の続きを読む

    水泳



    <アジア大会>6冠池江がMVP 女子選手獲得は史上初
    <アジア大会>6冠池江がMVP 女子選手獲得は史上初
    【ジャカルタ村上正】ジャカルタ・アジア大会の競泳女子で6冠に輝いた池江璃花子(18)=ルネサンス=が、大会最優秀選手賞(MVP)に選出されることが2…
    (出典:スポーツ総合(毎日新聞))



    【『アジア大会』6冠池江がMVP】の続きを読む



    他スポ1

    【『アジア大会』競泳 入江陵介、鈴木聡美が予選通過】の続きを読む

    他スポ火金




    【『スポーツ』水泳 金市工3連覇】の続きを読む

    このページのトップヘ