e-ネ!スポーツ撞

スポーツ・パラスポーツ(障がい者スポーツ)・ビリヤード
を専門に関連した話題や情報を掲載しています

    カテゴリ:球技 > バレーボール


         


    (出典 t13.pimg.jp)

    [大学バレーボール]中大の柳田ら3選手が、伊プロリーグで武者修行 - 中日スポーツ
    イタリアへの派遣が決まった中大バレーボール部の左から柳田貴洋、鍬田憲伸、都築仁=東京都八王子市の中大多摩キャンパスで(北田美和子撮影) ...
    (出典:中日スポーツ)


    【《頑張れ!》中大バレー部の3選手「イタリアで修行します」と意気込みを語る】の続きを読む


    青山学院大学(あおやまがくいんだいがく、英語: Aoyama Gakuin University)は、東京都渋谷区渋谷4-4-25に本部を置く日本の私立大学である。1949年に設置された。大学の略称は英略 AG、AGU、 青学(あおがく)、青学大(あおがくだい)、青山(あおやま)。
    84キロバイト (9,563 語) - 2019年1月21日 (月) 14:43



    (出典 tamariva.jpn.org)


         


    【【動画】バレーボール レシーブを練習しようwwwNo1大学が教える練習メニュー!】の続きを読む

    久光製薬鳥栖スプリングス」として運営していたが、2001年度にチームを統合し、神戸と鳥栖の「ダブルホームタウン」による現在のチームが確立した。 チーム統合初年度に、第8回Vリーグで初優勝。着実にリーグの強豪としての地位を確立するようになった。2002年度から、チーム名を「久光製薬スプリングス」に戻して今日に至る。
    22キロバイト (1,564 語) - 2018年12月24日 (月) 14:10

    V.LEAGUE DIVISION MEN(V1女子)は先週末に全チームが年明けのゲームを消化した。後半に受けて、今週も新生V.LEAGUEのテーマ「WE NEVER DROP THE BALL」にちなんで、リベロを中心に見どころを紹介する。

    座安琴希(久光製薬スプリングス)

    エスタンカンファレンス首位を走る久光製薬プリングスは先週末からのホームゲーム4連戦は後半2試合へ。ホーム佐賀県で、3位のトヨタ車体クインシーズ、イースタンカンファレンス2位の日立リヴァーレの上位チームと争う。現在、10連勝中と盤石の戦いぶりにおいて、日本代表でも中心となるアタッカー陣や攻守でワールドクラス存在感を放つアキンラデウォ, フォルケの貢献度が高い。また、1月13日のJTマーヴェラス戦では戸江真奈をスタメンに、第2セットからは経験豊富な座安琴希をコートに送り出し、堅固な守備でストレート勝利を収めている。

    敗れたJTだが、今シーズンからキャプテンを務める小幡真子を守備の要に据え、久光製薬戦ではアジア枠で加入したカムンタラー,ケオカラヤーがコートに立つなど、新戦力も交えながらチーム力を高めていく。
    JTの背後にポイント1差でつけるトヨタ車体は榊原美沙都が正リベロを務め、実績ある佐藤澪が控える一方、高卒2年目の安井由香子は日本代表ジュニア経験者と、伸びしろを十分に感じさせる存在だ。
    そのトヨタ車体と今週20日に対戦する東レアローズは4位につけている。今シーズンからガラリと様変わりしたチームにおいて、新人・中島未来は唯一のリベロであり、開幕戦から全試合に出場し奮闘している。
    サンティアゴ,アライジャダフニ(埼玉上尾メディックス)

    イースタンカンファレンスは上位4チームが2ポイント以内にひしめく、混戦の模様を呈してきた。首位のNECレッドロケッツは新年初戦となる先週12日のトヨタ車体戦でストレート負け。出鼻をくじかれたが、2018年アジアクラブ選手権でベストリベロ賞に輝いた岩崎紗也加が爆発力を秘めた攻撃陣を後ろから支える。
    2位につける日立リヴァーレは今シーズン、粘り強さが印象的。リベロの齋藤加奈子を中心に、レシーブ力に定評あるルーキーの窪田美侑や、守備への積極的な姿勢が伺える長内美和子らスパイカー陣の奮起も、躍進の要の一つだ。今週末の19日には今シーズン初めての東レとの対戦をむかえる。
    デンソーエアリービーズは昨年最終戦から3連敗中。3位に転落する結果となったが、出場機会を与えられている新加入のルーキー早坂梢依や佐野伶奈らの台頭も伺える。キャプテンの山田美花を筆頭に4人のリベロチームにいる中で、小口樹葉が今シーズンはスタメンに君臨し、チームを支えている。

    対象的に年明けから3連勝を果たし好調なのが埼玉上尾メディックスだ。昨年、日本代表に登録された山岸あかねが正リベロとしてチームを導いている。シーズン序盤はチームとしてもサーブレシーブで崩れる場面が見られたが、改善の兆しも見られ、サンティアゴ,アライジャダフニらアタッカー陣が高い攻撃力を発揮できている。今週末は船橋アリーナにてホームゲームを開催し、JTやNECら上位チームと対戦、勝利を収めて後半戦で突き抜けたい。

    5位のKUROBEアクアフェアリーズはリベロの馬場ゆりかが引き続きサーブレシーブ成功率で個人技術ランキング1位をキープしている。今週末は試合がなく、リフレッシュさせて翌週の岡山大会に臨んでくるだろう。
    シーズン中盤を迎える中、いまだ勝ち星に恵まれず苦境に立っているPFUブルーキャッツは、まずレシーブやつなぎの面からチームを立て直したい。そのためリベロの谷七海や和田実莉がチームを安定させる鍵として期待がかかっている。今週末のホームゲームでは、地元の応援を背に初勝利を掴み取りたいところだ。


    <東ハトとコラボ受験生応援!リベロからの「お守り」プレゼントキャンペーン
    https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21044



    【一般社団法人日本バレーボールリーグ機構】
    ・公式サイト https://www.vleague.jp/
    ・公式Twitter https://twitter.com/vleague_or_jp
    ・公式Facebook https://www.facebook.com/vleague.or.jp
    ・公式Instagram https://www.instagram.com/v.league_official/
    ・オフィシャルマスコットキャラクター「ブイリー」Twitter https://twitter.com/v_vleague

    配信元企業:一般社団法人日本バレーボールリーグ機構

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

       


    <このニュースへのネットの反応>

    【<V.LEAGUE >ワールドクラス存在感の久光製薬スプリングス、今後の戦いが見もの!】の続きを読む


    (出典 www.sankei.com)


         



    【【動画】良く頑張ったwww春高女子バレー苦戦の中、金蘭会が優勝!】の続きを読む



    バレーボールの全日本高校選手権。男子決勝の第2セットスパイクを決める洛南(京都)の大塚(上)。洛南が清風(大阪)を下し、14大会ぶり2度目の優勝を果たした=13日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ 【時事通信社



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【動画】凄すぎるwww洛南のアタック!清風を下し優勝】の続きを読む

    バレーボール

     バレーボールの全日本高校選手権第4日は12日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで男女の準決勝が行われ、女子の決勝は2年連続で、連覇が懸かる金蘭会(大阪)と東九州龍谷(大分)の顔合わせとなった。男子は清風(大阪)と洛南(京都)が決勝に進んだ。 



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【《高校バレー》男子・女子共に決勝へ勝ち上がったのは・・・】の続きを読む


     バレーボールの第71回全日本高等学校選手権大会(春高バレー)は5日、東京都調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで1回戦が行われ、西原男子が2―0で川崎市立橘(神奈川)を下して3年ぶりの2回戦進出を決めた。2回戦は6日、石川県立工業と行う。西原女子は0―2で富士見(静岡)に敗れた。17―25で第1セットを失った後、第2セットは中盤すぎまでエース・名嘉山友愛の攻撃を中心にリードして粘ったが、22―25と惜敗した。
    コンビバレーで翻弄 西原男子

    時間差からボールを押し込む西原の池城浩太朗(中央)=5日、東京都調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ(石井恭子撮影)
     西原男子は「自分たちらしい」(城間修監督)多彩な攻守のコンビネーションで、3年ぶりの春高初戦を危なげなく突破した。いつもありがちな出だしのもたつきもなく、第1セット序盤から相手ブロックを落ち着いて確認し、クイックや時間差の使い分けで川崎市立橘(神奈川)を揺さぶって2―0と完勝。昨年6月の九州初制覇後から陥っていた不振を「初心に返って吹き飛ばそう」(池城浩太朗)と磨き直してきたコンビバレーで好発進した。

     東海全国総体初戦と同カードとなった1回戦。その際は橘を2―0で下したが、選手らは再戦にも慢心なく、第1セットから落ち着いて「こんなにいい立ち上がりは初めてかも」(儀間敦也)という、25―13のダブルスコアで先行した。第2セット序盤でクイックが橘ブロックに捕まり始めたが、相手の枚数を見てセッターの茂太隆次郎が時間差に切り替えた。そこから茂太はツーアタックを立て続けに決めるなど、攻撃にも加勢。レフトの仲村英治のクロスが入り、レフト対角の池城はサイドや中央から相手陣地に打ち込んだ。176センチと身長が低い分、「まともに打つと捕まる」(池城)とフェイントやプッシュで手さばきよく翻弄(ほんろう)した。

     夏以降、腰のけがによる不調に苦しんだ仲村は、リベロで出場した県予選を経て、エースレフトとして公式戦初復帰。「ほかの選手の気持ちやコート外から自分がどう見えるかが分かった」と精神面での成長を認め、貪欲にボールに食らいついた。

     石川県立工業との2回戦に向け、春高を終えると新主将となる池城は「高さのある両サイドブロックし、持ち味のレシーブでラリーから自分たちのバレーをする」と目の前の相手を倒していく。

     (石井恭子)
    ◇西原女子、粘るもあと一歩

    西原―富士見 女子1回戦、レフトから強烈なスパイクを放つ西原の名嘉山友愛
     3度目の出場となる最後の春高の舞台で、西原のレフト・名嘉山友愛がエースの底力を見せた。17―25で落とした第1セットから、前衛のサイドや中央からスパイクをたたき入れ、後衛でも力強いバックアタックを繰り出した。第2セットでも西原の序盤からのリードを引っ張った。富士見の左利き2人の攻略に手を焼きながらも攻撃の手を緩めず、最後は22―25でゲーム終了。応援団席下に駆け戻ると、涙は止まらなかった。

     富士見の高さやパワー対策に、ブロックに引っ掛けてからの攻撃を準備してきたが、「実際はもっと速さもあり、対応がずれてしまった」(田場淳一郎監督)。いいレシーブからの動きで返せず、2段トスからの攻撃になれば確実にブロックの高さで封じられた。それでも第2セットは、15―15で追い付かれるまで先行したが、レシーブを崩されて攻め手を欠いた。

     名嘉山の対角レフトを務めた我那覇瑞七(2年)はけがからの復帰と緊張に体調不良も重なり、サイドからの攻撃は不発に終わった。「自分のプレーができず、情けない」と体を震わせた。強豪を引っ張る来季のエースとして、周囲の先輩や父母らを涙目で見やりながら「絶対にこの悔しさを忘れない」と諦めはしない。

     1、2年で出た全国大会では「苦しいときの1本が決まらなかったが、きょうは意地で決められた」と名嘉山。我那覇らの成長に期待し「元気に楽しくやれば、勝てる」とおおらかな名嘉山らしい言葉を新チームに贈った。

     (石井恭子)


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【春高バレー 男子・西原初戦快勝 女子・西原は初戦敗退】の続きを読む


     バレーボールの全日本高校選手権は5日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕して1回戦が行われ、男子は2015、16年大会連覇の東福岡(福岡)が大塚(大阪)に2-1で逆転勝ちし、2回戦に進んだ。試合後に東福岡の選手内でユニホーム番号の取り違えが発覚したが勝敗は変わらず、同校は厳重注意を受けた。

     12年大会を制した大村工(長崎)は習志野(千葉)に2-0で快勝。女子は14年大会優勝の九州文化学園(長崎)などが勝ち進んだ。

     男子で前回覇者の鎮西(熊本)や女子で連覇を狙う金蘭会(大阪)、全国高校総体と国体を制した下北沢成徳(東京)は6日の2回戦から登場する。 



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【東福岡など2回戦へ=全日本高校バレー開幕】の続きを読む

    no title

    (Ben-Schonewille/iStock/Thinkstock)

    10日、広島県尾道市の私立尾道高校は女子バレーボール部の部員に体罰を加えたとして、監督だった男性教諭(53)を減給10分の1(2か月)の懲戒処分としていたことが判明。

    繰り返されていた体罰に、ネット上では呆れの声も出ている。

     

    ■以前にも体罰で退職

    報道によると教諭は今年の9月中旬、女子バレー部の寮で部員1人の髪を引っ張って倒す行為のほか、練習中に複数の部員に向かって暴言を吐いたり、ボールをぶつけていたという。

    教諭は以前、鹿児島県の私立高で女子バレー部の監督を務め、チームを全国優勝に導くなど活躍していたが、07年に部員への体罰で退職。その後、同校にやってきて2010年に監督に就任していた。

    教諭は調査に対し体罰を認めており、「鍛えるためだった」と話したということで、10日付で退職しているという。

     

    ■「治らない」「反省ゼロ」

    この報道に対し、ネット上では「もう治らないと思う」「反省してないんだな」など、嘆きと諦めの声が相次いだ。

    ・もう絶対治らんだろうから「体罰をする人だ」と認識して雇わないと同じ事の繰り返しだわな。正確には虐待な

     

    ・凶暴な荒くれ者だけどバレーボールも出来ます、みたいな人間を指導者に雇ってしまうのが日本の教育観

     

    ・もうこれは病気なんだろうな

     

    ・鍛えるためだったって……

     

    ・全然反省してないんだな


    ■6割が「犯罪として処罰」を支持

    しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,363名を対象に調査したところ、全体の59.1%が「体罰は犯罪として処罰されるべき」と回答。

    体罰

     

    ■母親世代に強い抵抗感

    また、男女・年代別に見ると、すべての年代で女性が男性を上回っており、なかでも子供がある程度小さい母親世代とみられる30代女性の拒否感がもっとも強く、66.4%となった。

    体罰

    一度退職となったにも関わらず、体罰が許されない行為だと学ぶことはできなかったのだろうか。いずれにせよ、体罰を受けた生徒たちが不憫だ。

    ・合わせて読みたい→父親に放置され1歳9ヶ月で衰弱死した男児 「死亡2日前からの食事量」に絶句

    (文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年8月31日2018年9月3日
    対象:全国20代~60代の男女1,363名(有効回答数)

    体罰で退職のバレー部監督、別の高校でまた体罰 説明に「全然反省してない」の声


    (出典 news.nicovideo.jp)

       


    <このニュースへのネットの反応>

    【【許せぬ】バレー部監督、2校で体罰問題  ネットで「全然反省してない」の声】の続きを読む

    no title

    )は、日本の元男子バレーボール選手、指導者。京都府京都市出身。現役時代のポジションはオポジット。豊田合成トレフェルサからの外部派遣で、現在は中央大学男子バレーボール監督。 母親の影響で第三錦林小学4年よりバレーボールを始める。 中央大学在学中の2001年アジアジュニア選手権に出場、2003年ユニバシアード大会準優勝などを経験。
    5キロバイト (370 語) - 2018年10月30日 (火) 14:44


       


    1 名無し@チャチャチャ(アウアウカー Sa4f-wuui) :2017/06/25(日) 00:42:40.43 ID:7z7bzu+4a.net

    プライベート詮索はほどほどにお願いします

    前スレ
    ◇◆中央大学バレーボール部 Part3◆◇
    http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/volley/1476898779/

    ※次スレは>>970
      立てられない場合、宣言してから立ててください。 VIPQ2_EXTDAT: che*ed:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


    【◇◆中央大学バレーボール部 Part4◆◇】の続きを読む

    このページのトップヘ