e-ネ!スポーツ撞

スポーツ・パラスポーツ(障がい者スポーツ)・ビリヤード
を専門に関連した話題や情報を掲載しています

    カテゴリ:球技 > ラグビー

    ラグビー


    パナソニック ワイルドナイツ(英: Panasonic WILDKNIGHTS)は、ジャパンラグビートップリーグに加盟するラグビーチームである。 練習グラウンドは群馬県太田市に置かれる。旧称「三洋電機ワイルドナイツ(さんようでんき-)」。パナソニック移行後のチーム名は企業名とチーム名との間に空白が入る名称が正しい。
    19キロバイト (1,179 語) - 2019年2月8日 (金) 04:00




    【《ラグビー》パナソニックワイルドナイツの部長、移転に向け太田市市長にお礼訪問】の続きを読む


    no title

    【《必見》ラグビー観戦で覚えておくべき最低限のルールとは?】の続きを読む


    (出典 rugbyhack.com)


    ラグビー(英: rugby)は、イギリスラグビー校発祥のフットボールの一種。現在、ラグビーユニオンとラグビーリーグの2つのスポーツとして主に行われている。日本でのラグビーは通常ラグビーユニオンである。和名で闘球やラ式蹴球とも呼ばれる。 この競技は、正式にはラグビーフットボール (Rugby football)
    65キロバイト (2,903 語) - 2018年9月30日 (日) 15:03


         


    今年の9月から始まるラグビーワールドカップの日本大会、チケット販売は好調とのことです。写真は国内で2017年に行われた日本代表戦の観客席(写真:西村尚己/アフロスポーツ

    9月20日から日本で開幕するラグビーワールドカップ(以下、ラグビーW杯)の販売チケットへの注文が膨らんでいる。

    大会組織委員会の嶋津昭事務総長は、合計180万枚の販売予定分に対し、すでに120万枚近くが売れていると1月に都内で開催されたイベントで話した。

    チケット販売がスタートしたのは2018年1月。これまでは一般向けの抽選販売のほか、ファンや大会の開催されるスタジアムが置かれた地域の住民などを対象に先行販売を行った。総申し込み件数は500万枚程度に達している。

    今年1月19日から始まった公式サイトでの第二次一般向けチケット先着販売では、引き合いが殺到。申込期間は3月31日までの2カ月弱だが、日本戦4試合や決勝戦などが在庫切れの状況になった。

    「非常に好調で手応えを感じている」。プロ野球球団でのチケッティング担当を経て現在、ラグビーW杯の組織委員会でチケッティング部主任を務める大内悠資氏はそう話す。前回2015年イングランド大会では247万枚のチケットが売れた。開催8カ月前時点での販売予定分に対する販売実績の割合は前回大会を上回っている。

    海外ファンのチケット購入も多い

    組織委員会が昨年10月に発表した国内における大会の認知度は68.3%。

    これを高いと見るか、低いと見るかは評価の分かれるところだが、そうした中でチケットの販売が好調なのは海外ファンの注文が多いことも一因とみられる。

    ラグビーワールドカップ2019 組織委員会の大内悠資氏(東洋経済オンライン編集部撮影)

    大内氏によると、前述の日本戦4試合のほか、ニュージーランドイングランドの試合に対する人気が高く、とくに「イングランド戦にはイギリスファンからの注文が多い」。

    前回大会では海外からの観客が40万人を超えており、世界のラグビー協会を統括する団体「ワールドラグビー」は今大会でも海外から40万人以上のラグビーファンが日本を訪れると予想している。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【《朗報》ラグビーW杯カップのチケット販売が好調!】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    5月に第3次一般販売(先着)、公式リセールサービスがオープン

     いよいよ9月20日に開幕が迫るラグビーワールドカップ2019日本大会。予選を勝ち抜き、本大会に出場する栄誉を受けた男たちの熱き戦いを一目見ようと、チケットの抽選販売には全世界236の国と地域から450万枚以上の申し込みが殺到した。さらに、1月19日から始まった先着方式による第2次一般販売も、初日に大多数のチケットが在庫切れとなる盛況ぶり。となれば、抽選で外れ、第2次一般販売でもチケットを入手できなかった人も多いだろう。だが、まだ諦めるのは早い。開幕前に、まだチケット入手のチャンスが訪れるという。

    「おかげさまで、ここまでチケット販売に関して、大変多くの方々からお申し込みをいただいていますが、希望の試合のチケットを手に入れられなかったという声もたくさん届いております。ラグビーワールドカップが自国開催される貴重なチャンスを逃したくないと思う一方で、抽選に外れ、第2次一般販売でも手に入らず、諦めかけているファンの皆さんも多いと聞いています。ですが、諦めないで下さい。現在行っている第2次一般販売を3月末まで行った後も5月に先着方式による第3次一般販売があり、公式リセールサービスも始まります。まだチケット入手のチャンスはあります。公式チケットサイト内の情報を注視していて下さい」

     そう話すのは、ラグビーワールドカップ2019組織委員会で広報を担当する岡田勇人さんだ。

     世界3大スポーツイベントと称されるラグビーワールドカップでは、一般的な国内のスポーツイベントとはチケット販売方法が大きく異なる。チケットはまず最初に個人に向けて販売する組織委員会と、スポンサーや企業などに向けて販売するラグビーワールドカップリミテッド(RWCL)に半数ずつ割り当てられる。だが、RWCL分のチケットは、まだ完売しておらず、その余剰分が5月以降に組織委員会から一般販売という形で個人向けに売り出されるというわけだ。

     また、これまでチケットを手に入れたラッキーファンの中には、やむを得ない事情で試合を見に行けなくなる人もいるだろう。こういった余剰チケットを無駄にしないため、同じく5月にオープンするのが公式リセールサービスだ。今後、組織委員会ではリセールを目的とした公式サイトを立ち上げ、不当に高価な値段で取引される非公式の2次流通サイトではなく、定価での公式のリセール売買を促進する。

     ここまでは「開幕戦を含めた日本戦の4試合に加え、準々決勝、準決勝、3位決定戦、決勝の決勝トーナメントオーストラリアニュージーランドといった強豪チームのチケットは特に人気が高いです。でも世界中から勝ち抜いたトップ20チームによる大会なので、是非この“一生に一度”の機会に、色々な国の試合を楽しんでもらいたいですね」と岡田さん。だが、まだ可能性はゼロになったわけではない。5月以降に予定している一般販売と公式リセールサービスを利用すれば、入手できる可能性はある。

     5月以降の一般販売と公式リセールサービスの詳細は、3月にラグビーワールドカップ公式チケットサイトで発表される。ラグビーワールドカップが自国開催される一生に一度のチャンスを逃せない。 (THE ANSWER編集部)

    3月にラグビーW杯の一般販売と公式リセールサービスの詳細が発表される【写真提供:ラグビーワールドカップ 2019組織委員会】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【《朗報》「ラグビーW杯2019チケット」申込が殺到! まだチャンスありwww】の続きを読む

    ラグビー


    ウェールズ Cymru(ウェールズ語) Wales(英語) 国の標語:“Cymru am Byth”(ウェールズ語) 「ウェールズよ、永遠なれ」 国歌:我が父祖の土地 (ウェールズ語: Hen Wlad Fy Nhadau) 1 イギリス構成国中第3位 2 イギリス構成国中第3位 ウェールズ(英語:
    30キロバイト (3,225 語) - 2019年1月27日 (日) 04:54



     ラグビーの欧州6カ国対抗は1日、パリ近郊のサンドニで開幕し、前回2位のウェールズフランス24-19で下し、白星発進した。0-16と劣勢で折り返したが、後半に3トライを奪うなどして逆転した。 



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【《ラグビー》ウェールズ、逆転勝利www】の続きを読む


     ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の一般向けチケット先着販売が、19日午前10時から公式チケットサイトで開始される。昨年1月から11月まで実施された抽選販売では、大会全体で販売予定の約180万枚のうち102万枚が売れた。今度は早い者勝ちで、人気が集中している日本戦などのチケット争奪戦が始まる。

     先着販売は一般向けに先んじて15日から17日までの3日間、昨年の抽選販売での落選者を対象に実施された。公式チケットサイトログインした後に購入したい試合を選ぶが、ほとんどの人は数万人待ちの表示が出て、なかなか購入画面に入れなかったという。9月20日の開幕戦、日本-ロシアは開始数分で完売したが、これで人気カードを売り切ったわけではない。大会組織委員会によると、3月31日までの先着販売で約17万枚をさばく予定だ。

     国際統括団体ワールドラグビー(WR)は90万枚分の販売を受け持ち、主に各国協会やスポンサーなどの関係者向けに売っている。今後はWRから一般向け用として約28万枚が組織委に回ってくる見込みで、この分を5、7月の2度に分けて先着販売する。組織委の担当者は「残り枚数が少なく競争は激しくなるが、人気の試合も必ず販売する」と言う。

     5月からは公式リセールサービスを実施。試合に行けなくなった購入者が定価で再販売する。日本戦を購入できるチャンスは、ここでも残されている。

     公式チケットサイトURLhttps://tickets.rugbyworldcup.com。 

    〔写真説明〕ラグビーW杯開幕戦の相手、ロシアとのテストマッチで突進する日本代表の松田(中央)=2018年11月24日、英国・グロスター(AFP時事)

    ラグビーW杯開幕戦の相手、ロシアとのテストマッチで突進する日本代表の松田(中央)=2018年11月24日、英国・グロスター(AFP時事)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ラグビーワールドカップ2019 > ラグビーワールドカップ2019・予選 本項では、ラグビーワールドカップ2019の予選について述べる。 2015年大会の各プールの上位3チーム(合計12チーム)が2019年大会にシードされることが2015年11月13日にワールドラグビーより発表された。なお、シードチームは以下の通り。
    4キロバイト (395 語) - 2018年3月30日 (金) 03:23



    <このニュースへのネットの反応>

    【【ラグビー】ラグビーワールドカップ日本大会、チケット大売れ!早いもの勝ちwww】の続きを読む


     第98回全国高校ラグビー大会は最終日の7日、東大阪市花園ラグビー場で決勝が行われ、大阪桐蔭(大阪第1)が26―24で桐蔭学園神奈川)を降し、初優勝を飾った。準優勝に終わった前回大会に続く2回目の決勝進出で「平成最後」の大会を制した。大阪勢の大会制覇は、都道府県別で全国最多の通算21回目。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら

    【大阪桐蔭-桐蔭学園】前半、大阪桐蔭・伴井がトライ=東大阪市花園ラグビー場で2019年1月7日、猪飼健史撮影


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【《祝報です》平成最後の年、野球で大阪桐蔭・吹奏楽コラボで大阪桐蔭 そして・・ラグビーで初優勝!凄すぎるwww】の続きを読む


    第98回全国高校ラグビー大会は5日、大阪・花園ラグビー場で準決勝が行われる。前回準優勝の大阪桐蔭(大阪第1)=写真右=が、初の4強入りで勢いに乗る流通経大柏(千葉)=同左=と対戦する。 【時事通信社



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【本日】どうなる?4強激突!高校ラグビー】の続きを読む


    2019年1月2日、東京・秩父宮ラグビー場で行われた大学選手権で、日本チームスポーツ前人未到の「10連覇」を目指した帝京大が、7―29で敗退した。帝京大の大学選手権連覇は「9」で止まった。

    「関西のオールブラックス」を相手に、22点差...

    赤いジャージ、黒のパンツという大学ラグビー絶対王者の帝京大が、漆黒のジャージに身を包んだ「関西のオールブラックス」こと天理大に、よもやの完敗を喫した。

    FW(フォワード)の平均体重では、帝京大が106・9キロ。一方の天理大は97・1キロと、約10キロの差があった。しかし序盤2分半過ぎのスクラムから、帝京大は相手の低く鋭い「姿勢」に大苦戦を強いられた。

    肉弾戦のスポーツであるラグビーにおいては、基本的に大きい選手をそろえるチームが優位であることは間違いない。一方で、スクラムにおいては、身長のある選手は「腰高」な分だけ、相手の「下」からのパワーをこらえ切れない...といった局面も、よく見受けられる。

    この試合が、まさにそうだった。

    体格に勝る帝京大は、パワーで天理大を押そうとした。しかし、しっかりとパック、バインド(味方の選手に体を寄せて一体となること)する天理大。しかも、下から突き上げてくるようなスクラムだった。

    「押す」「引く」は逆だが「綱引き」を思い出していただきたい。いかにパワーに自信があっても、腰の低い姿勢を保った相手は、なかなか崩せないものである。

    ここに、帝京大の「誤算」があったのかもしれない。

    自分たちが優位だと思ったスクラムも、相手に組み止められてしまう。そんな中で、天理大のLO(ロック)アシペリ・モアラ、NO.8のファウルア・マキシ、そしてCTB(センター・スリークオーター・バックス)のシオサイア・フィフィタといった外国人選手を自由にさせてしまった。

    体格に勝る帝京大だったが、周囲の選手の低いプレー、逆に相手3外国人選手へのディフェンスが、完全に後手に回った。その「微差」の積み重なりが、80分間を戦った結果であった。

    相手の「V10」を阻止した試合後、スタンドで涙ぐむ帝京大の選手たちに対し、天理大のHO(フッカー)島根一磨主将(4年)は、

    「しんどい状況は、絶対にある。でも、しっかり体を動かして、自分たちのラグビーをしていくことができた。ただ目標は(大学)日本一です。ひたむきにやっていくだけ」

    7年ぶりの大学選手権決勝進出へ、勝って兜の緒を締めた。

    また、天理大を率いる小松節夫監督は

    「うれしかったです。前半は風下だったが(選手たちが)我慢して、頑張りました。今まで(帝京大には)勝ったことがなかった。すばらしい規律の取れたチームに勝てたことを、うれしく思う。(7年ぶりの大学選手権決勝に向けて)チャレンジャーという気持ちで、精度を上げてやっていきたい」

    因みにチームスポーツとしては「巨人V9」が有名だが、ラグビー界では「新日鉄釜石V7」「神戸製鋼V7」を超えたのは、帝京大が初めてだった。

    決勝は今月12日、同じく準決勝で早大を破って22季ぶりの優勝を目指す明大と相まみえる。

    優勝は、帝京大「V10」を阻止した天理大か、22季ぶり奪還を狙う明大か?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ラグビー最強「帝京大V10」ならず! 「関西オールブラックス」に完敗した誤算とは】の続きを読む


     ラグビーワールドカップ2019(以下、W杯)日本大会は、来年の9月20日に開幕する。東京五輪パラリンピック前年にあたることから、開催が決定した当初は2年連続で国際的なスポーツ大会を行う負担について懸念する向きもあった。開催まで1年を切った現在は、どうか。準備状況や課題を、ラグビーW杯2019組織委員会事務総長の嶋津昭氏に聞いた。

    ●日本チームは期待できるか

    片山 ラグビー日本代表は、過去8回のW杯にはすべて出場していますが、前回大会まで勝った試合は1991年ジンバブエ戦1試合だけでした。ところが、2015年大会ではエディジョーンズヘッドコーチのもと、W杯で2度の優勝を誇る南アフリカ代表を破って世界から大注目を集めました。3勝したものの、惜しくも決勝トーナメントには進めませんでしたが、上位12チームに入ったことで日本大会は予選なしで出場権を獲得しています。まず率直に、日本大会では日本代表にどこまで期待できますか。

    嶋津 15年大会の活躍が鮮烈ですから、その点は常に話題になります。まず、組織委員会は大会全体の準備・運営をする団体で、日本代表チームは日本ラグビーフットボール協会の所管ですが、現在のジェイミー・ジョセフヘッドコーチは、ノックアウトステージを目指す、つまりベスト8以上を目指しています。

    片山 期待していいわけだ。

    嶋津 組織委員会としても期待していますよ。日本チームが勝つこと自体、日本大会を盛り上げる原動力になりますからね。

    片山 その日本大会ですが、前回大会のイングランド大会は、過去最高の観客動員数を記録して、「レコードブレイキング(記録破り)」な大会といわれました。日本大会の位置づけを教えてください。

    嶋津 われわれが目指すのは、「レコードブレイキング」に対して、「グランドブレイキング(画期的)」な大会ですね。ラグビーでは、ニュージーランドアイルランドウェールズイングランド南アフリカといった、世界ランキング上位常連国を「ラグビー伝統国」(ティア1ともいう)と呼びますが、日本大会はラグビー伝統国以外で初めて開催される大会です。同時に、アジアで初めて開催される大会でもある。

     発祥の地のイングランドで開催されたW杯と、100年以上の歴史があるとはいえラグビー非伝統国の日本で開催されるW杯は、ある意味まったく異なる大会になると思っています。

    片山 日本大会は全48試合ですが、チケットはどれくらい売るんですか。

    嶋津 全部で180万枚を売る計画です。イングランド大会では250万枚を売っていますが、スタジアムのスケール違いますから日本との単純比較は難しい。イングランドには7~8万人を収容するスタジアムが複数あるのに対し、日本は最も大きい横浜国際総合競技場が7万2000人、あとは2~5万人程度のスタジアムで、もっとも小さい釜石のスタジアムは1万6000人です。ラグビーの基盤も違います180万枚は日本では十分にチャレンジングだと思っています。

    片山 売れ行きは順調ですか。

    嶋津 180万枚のうち半数はワールドラグビー(世界のラグビーの統括団体)が、各国のラグビー協会、ホスピタリティプログラムスポンサーなどに向けて販売します。われわれ組織委員会は、残りの90万枚を世界中のラグビーファン向けにインターネットを通じて販売します。今年1月から関係者向けの先行抽選販売を開始し、9月以降、一般の方にも抽選販売してきました。

     われわれの販売する90万枚についていえば、すでに約7割の60数万枚が売れていて、過去大会と比較しても非常に好調です。もっとも、われわれの最大にして最終の目的は48試合すべてを満席にすることです。現状、開幕戦となる東京スタジアムでの日本戦や、横浜スタジアムの決勝戦などに集中してしまうので、販売状況はいわば“まだら模様”です。すべてを満席にするためには、W杯の持つ価値、魅力をしっかりと伝えていかなくてはならないと考えています。

    片山 ラグビーW杯の認知度は上がっていますか。

    嶋津 認知度は、定点調査をしています。15年大会で南アに勝ったときにはドンと上がり、以降、なだらかに下降傾向でした。しかし、今年10月時点で再び急速に伸び、現状、15年時点を5%ほど上回る68%くらいですね。大会に向けて100%に近づけようと努力しているところです。

    ●経済効果・地域活性化

    片山 ラグビーW杯は開催期間が長いですね。日本大会は44日間です。ファンには、比較的富裕層が多いことも知られていて、開催期間中に多くの観光需要が期待できます。経済効果をどう見ていますか。

    嶋津 イングランド大会などを参考にして分析すると、4400億円弱の経済効果が期待されています。ただし、これはインバウンドのお客様のツアーや消費需要が大きなウェイトを占めます。訪日客数や滞在期間、消費額が増えればさらに大きなものとなります。

    片山 開催都市は、北海道から九州まで12カ所もありますね。それぞれの都市で観光需要が期待できますね。

    嶋津 開催都市に加えて、公認チームキャンプ地は全国に52カ所あります。これらの地域にも波及効果が期待できます。しかし、それだけではない。例えば、島国の日本と条件が近い11年のニュージーランド大会を参考にすると、外国人観光客の平均滞在日数は約2週間です。2週間あれば、試合観戦だけではなくて、地方の観光地を見たり、美味しいものを食べたいとなりますよね。

     実際、日本大会に合わせた観光ツアーがすでに組まれています。例えば、金沢市は開催都市でもキャンプ地でもありませんが、老舗のホテル経営者が地域と一緒になって、オーストラリアニュージーランドから1000人規模のツアーを誘致したと聞いています。ラグビーの試合と金沢観光をセットにしたツアーです。

    片山 いいですねえ。ラグビーを観戦しに日本へやってきて、ついでに新幹線に乗って古都・金沢を観光する。これは、開催都市やキャンプ地のある地域にとっては一大イベントですよね。

    嶋津 海外から19チームがやってきますから、キャンプ地では草の根の国際交流の機会にもなるでしょう。開催地やキャンプ地の情報や映像は、テレビSNSなどによって、世界中で多くの人々の目に触れます。地方の活性化効果は相当なものが期待されます。

    片山 とくに、被災地なんかにとっては、元気が出る話ですね。

    嶋津 熊本、関西、中国地方北海道など、台風や豪雨、地震などの災害が続いています。そういった地域を勇気づけることはできると思います。象徴的なのは、東日本大震災被災地の釜石ですね。鵜住居(うのすまい)では、小学校中学校が津波で被災、その跡地を造成して新しいスタジアムをつくり、ラグビーW杯をやろうと手を挙げた。

    片山 当然、復興が大変ななかで、それどころじゃないという声もあったでしょうけどね。

    嶋津 被災地は、住民の生活が第一です。スタジアムをつくるといっても、地域住民の理解を得るためにはバランスが必要です。大きな勇気が必要だったと思います。今年8月19日に「釜石鵜住居復興スタジアム」が竣工して、地元の釜石シーウェイブRFCヤマハ発動機ジュビロの竣工記念試合が行われました。神戸製鋼と新日鉄釜石のレジェンドたちによるOBチームの試合も行われて、6000人の観客席に臨時席を含め6600人が詰めかける大賑わいでした。この賑わいが、復興の力になっていってほしいですね。

    ●五輪やマスターズへの布石

    片山 ラグビー非伝統国として初、またアジアでも初のラグビーW杯ですが、その意義をどう考えればいいでしょうか。

    嶋津 日本大会が決まった当時、世界のラグビー界からは、「日本で本当にW杯ができるのか」と心配されたんです。しかし、いざ開催直前となってみれば、「ぜひ日本に行ってみたい」というラグビーファンは多いんですよ。個人のお客様向けの前売り券は、前半に250万枚の申し込みがあったなかで、3割が国外からでした。

    片山 えーっ、そんなに多いんですか。

    嶋津 イングランド大会は、国外からのお客様は延べ約40万人だったそうですから、日本大会もそれくらいかと思っていたら、どうやらそれでは収まらない。延べ50万人を超えても不思議ではないという感触です。横浜国際総合競技場で行われる決勝戦は、現状を見る限り、半分以上は海外からのお客様で埋まる可能性がある。ちょっと、従来の国際スポーツ大会には例のないことです。

    片山 日本で行われる国際的なスポーツ大会では、20年の東京五輪パラリンピックがいちばんメジャーですよね。五輪の前年にラグビーW杯を開催する負担について、国内外から「大丈夫なのか」と心配する声がありましたが、その点はいかがですか。

    嶋津 ええ。当初はそうでした。しかし、五輪は東京が中心ですが、W杯は全国12会場で開催されますから、地域に与えるインパクトは異なりますよね。それから、ラグビーW杯は五輪に向けて経験値を積むことにつながります。

     加えて、21年に関西でワールドマスターゲームズが開催され、世界から数万人のプレーヤーが集まるんですね。ラグビーW杯、東京五輪ワールドマスターズの三大会については、それぞれの知見、経験を効果的に生かすために、事務総長同士が握手して連携協定を結んでいます。

    片山 なるほどビッグスポーツイベントの運営ノウハウは、相互に共有できることも多いでしょうね。

    嶋津 そうですね。日本に次いで、4年後のフランスでも、やはりラグビーW杯、五輪・パラリンピックが続けて開催されるんですよ。

    片山 そうですか。日本が先例となったわけだ。

    嶋津 例えば、ボランティアについても、ラグビーW杯の経験を五輪やマスターズで生かすことができますよね。われわれは1万人のボランティアを募っていますが、W杯のボランティアをした方は、東京では五輪のボランティアに優先的に採用されます。おそらくこの方たちは、五輪でも中核的なボランティアとして活躍してくれると考えています。

    片山 ボランティアには、たくさんの応募があったそうですね。

    嶋津 1万人の募集に対して、3万8000人の応募がありました。ほかにも、各スタジアムでラグビー関係者などにも活躍してもらうので、全体ではボランティアの人数はかなりの数になりますね。

    スポーツの文化・ビジネスを根付かせる

    片山 現代の日本社会は、人口減、少子高齢化、医療費の問題など、マイナス要素が語られて暗いイメージです。そのなかで、世界的なスポーツ大会を3つも立て続けに日本で開催するというのは、明るくて前向きなニュースですよ。アスリートの姿は見る人に元気を与えるし、感動を生みます。日本人が一体感をもつための刺激というか、ひとつのキッカケにもなる。スポーツには大きな可能性がありますよね。

    嶋津 とくに国際的なスポーツ大会は、文化的、経済的に大きな役割を担うと思っています。例えば、スポーツを通じたホスピタリティサービスです。ラグビーを観戦するだけではなく、ラグビーを通じて社交やビジネスの機会を提供する。ウェアやシューズなどのグッズ販売やスポーツ活動の支援も、ホスピタリティサービスに含まれます。

     ある意味ラグビーW杯は日本で初めての本格的なホスピタリティサービスを提供するスポーツ大会だと思います。国内には、試合そのものを見たいお客様が多いんですが、もともとラグビーは、観戦しながらお酒を飲んだり会話を楽しんだりする文化がある。

    片山 海外では、そうですよね。

    嶋津 15年のイングランド大会を視察しましたが、観客はキックオフの3時間くらい前から、会場でお酒を飲みながら試合の話をして待っている。イングランドで1試合に消費するビールの量は、観客1人当たり一升瓶1本分くらいになるんですよ。観客は、試合を一生懸命観戦して、終わると仲間と肩を組んで、帰る道々パブに寄ってまた飲むでしょう。つまりスポーツ観戦が、文化的にも経済的にも大きなエネルギーをもつんです。

     こういった事例が、日本大会にそのまま通じるとは思いません。ただ、スポーツとホスピタリティビジネスを結びつける考え方は、野球やサッカーバスケットボール、卓球などにも応用できます。ラグビーW杯は、他のスポーツにとってもいい刺激になると思いますね。

    片山 日本では、スポーツの楽しみ方がまだ成熟していないんでしょうね。

    嶋津 例を挙げれば、我が国でも相撲の観戦は社交と結びついている面がある。これを、より大型化するイメージでしょうかね。W杯を通じて、スポーツをとりまく経済や文化活動を、日本に根付かせたいですね。そのために、ホスピタリティサービスを手掛ける企業を応援していきたいと思っています。

    片山 スポーツの文化を根付かせるには、スタジアムの構造や、環境から変えないといけませんね。だいたい、日本のスタジアムはポツンと単独であるから、つまらないんですよ。

    嶋津 確かに、イングランドオーストラリアのスタジアムは、ラグビークリケットの試合だけじゃなくて、テニスコートやプール、食堂なども付いていて地域住民のためのスポーツパークとして機能しています。そういう環境は、われわれも学ばないといけないと思います。

    片山 プロ野球では、一部でスポーツを通じたまちづくりの試みが始まっています。ラグビーW杯によって、地方のスタジアムでも動きが出てくるとおもしろいですね。

    嶋津 米国では、大学のアメフトのチケット収入や放映権がビジネス化して、大学の経営を支えているという例もありますよね。

    スポーツの可能性

    片山 W杯を開催することによって、スポーツ教育にも力が入りますね。

    嶋津 日本ラグビーフットボール協会は、W杯のレガシーとして日本のラグビー人口を現在の10万人から20万人へ倍増したいと考えています。そのためには、小中学生から高校生大学生、プロスポーツまでを、いかにシステマチックに組み立てるかが問われます。

     学校教育では、今年から危険度を抑えてルールを単純化した「タグラグビー」を小学校の教科に取り入れることになり、中学校でもカリキュラムのなかに位置付けられました。少子化が進むなかで、学校の外、つまり地域コミュニティのなかで取り組もうという動きも出ています。

    片山 文化やビジネス、教育、地域コミュニティの活性化など、ラグビーに限らずスポーツの力は大きいですね。

    嶋津 地域社会やコミュニティスポーツに取り組むこと自体、大きな意味があると思いますね。

    片山 ラグビーW杯をひとつのキッカケとして、スポーツを見るだけでなく楽しめるような文化や潮流が広がっていくといいですね。

    嶋津 組織委員会は、世界で選ばれた20チームの選手やチームが、最高の力を発揮できるような環境整備をし、まずは選手たちにいい試合をしてもらう。それを、世界中のすべてのお客様に楽しんもらう。それが世界に発信され、ひいては日本のスポーツ文化の浸透につながればいいですね。
    (文=片山修/経済ジャーナリスト、経営評論家

    【嶋津さんの素顔】
    片山 好きな食べ物、嫌いな食べ物はありますか。

    嶋津 とくにないです。だいたいワイフがつくるもので満足しています。

    片山 ストレス解消法はなんですか。

    嶋津 若いスタッフと一緒に仕事をすることですね。

    片山 最近お読みになった本でおもしろかったものはありますか。

    嶋津 そうですねぇ…。牧野伸顕さんの自伝を読んでいますが、おもしろいですね。

    片山 ご自分の性格を一言でいうとどうですか。

    嶋津 自分ではなんとも……。まあ、常にワイフからは厳しく批判されてます。

    片山 行ってみたい場所、再訪したい場所はありますか。

    嶋津 5年後のW杯フランス大会に、ぜひいきたいと思っています。

    片山 最後に、組織のマネジメントにおいて、もっとも大切なことはなんですか。

    嶋津 マネジメントしているという意識は、とくにありませんけどね。現在の組織委員会には、手を挙げてやってきた人、企業や役所から派遣されてきた人、日本人オーストラリア人、イングランド人などいろんな人がいます。みんな、「ラグビーワールドカップを成功させる」というひとつの目的に向かって突き進んでいる。それがモラルアップ(士気向上)になっているんです。

     私が着任した4年前には組織委員会の人数は1ケタでしたが、現在は250人、大会までには300人くらいになるでしょう。組織が大きくなっても、みんなが明確な目的を持ち続けることが、いちばん重要かもしれません。
    (文=片山修/経済ジャーナリスト、経営評論家

    ラグビーW杯2019組織委員会事務総長・嶋津昭氏


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【日本人だけが知らない、来年ラグビーW杯日本大会の衝撃…スポーツ界の歴史的転換点に】の続きを読む

    このページのトップヘ