e-ネ!スポーツ撞

野球・パラスポーツ(障がい者スポーツ)・ビリヤード
を専門に関連した話題や情報を掲載しています

    カテゴリ:★他スポーツ情報・話題 > 他競技情報


    (出典 sp.rakuteneagles.jp)


    稲村 亜美(いなむら あみ、1996年(平成8年)1月13日 - )は、日本のタレント、グラビアアイドル。東京都出身。浅井企画所属。 当初は、ジャスティスジャパンエンターテイメント(旧:ジャスティスプロダクション)に所属していた。 2013年9月20日発売のFRIDAYで発表された「ミスiD201
    38キロバイト (4,559 語) - 2019年9月21日 (土) 04:42


         


    【【野球・ゴルフ】神スイングを披露した”稲村亜美”のFカップアスリートボディ画像を集めてみたwww】の続きを読む

    no title



    桃田 賢斗(ももた けんと、1994年9月1日 - )は、日本のバドミントン選手。バドミントン日本代表。香川県三豊郡三野町(現:三豊市)出身。2013年よりNTT東日本所属。 BWF世界ランキング最高位は1位(2018年9月27日)。2014年トマス杯(団体世界選手権)金メダリスト。男子シングルス
    34キロバイト (2,830 語) - 2019年8月25日 (日) 13:46




    【【バドミントン】桃田、史上4人目の快挙!初の連覇達成 ツィッターでも称賛の声が】の続きを読む

    no title

    米元 小春(よねもと こはる、1990年12月7日 - )は、日本のバドミントン選手。バドミントン日本代表ナショナルAチームに選出されている。主にダブルスで活躍しており、パートナーは同じ北都銀行に所属する田中志穂や嘉村健士など。 2002年に全国小学生選手権大会ダブルス8強、2005年に全国中学校
    8キロバイト (141 語) - 2019年7月21日 (日) 05:27




    【【悲報】米元小春、東京五輪の出場権をかけた試合で涙の負傷!バドミントン《Twitterの話題》】の続きを読む

    no title

    見附は3位=重量挙げアジア選手権
    重量挙げのアジア選手権は25日、中国の寧波で行われ、女子71キロ級の見附絵莉(大阪府警)はトータル215キロ(スナッチ97キロ、ジャーク118キロ)…
    (出典:スポーツ総合(時事通信))


    見附 絵莉(みつけ えり、1992年10月30日 - )は、日本の女性重量挙げ選手。日本の女性警察官。大阪府住吉警察署地域課巡査。 兵庫県小野市出身。小野市立小野中学校を経て兵庫県立三木東高等学校卒業後、2011年に早稲田大学スポーツ科学部スポーツ科学科に進学。2015年、伯父や妹らが警察官という
    6キロバイト (568 語) - 2019年4月21日 (日) 01:35


    凄いですね、この婦警さんに捕まったらやられますよ(笑)

    【『朗報』大阪の婦警「見附さん」215キロを持ち上げた!!】の続きを読む


     重量挙げの第27回全九州高校競技選抜大会は初日の19日、糸満市の西崎総合運動公園体育館であり、男女の軽量級と中量級を行った。男子61キロ級で砂川裕哉(豊見城2年)がスナッチ91キロ、ジャー110キロのトータル201キロで初優勝した。81キロ級は石原大翔(豊見城2年)がスナッチ103キロ、ジャー130キロ、トータル233キロで制した。67キロ級で長嶺匠吾(南部工業2年)がスナッチ90キロ、ジャー115キロのトータル205キロで頂点。女子45キロ級の瀬底ことの(糸満1年)がスナッチ44キロ、ジャーク58キロ、トータル102キロで2位、49キロ級の宜保夏鈴(糸満2年)がスナッチ51キロ、ジャーク68キロ、トータル119キロで2位だった。優勝者の記録は今大会から階級が変わったため大会新記録となる。20日は男女重量級を行う。


    ◇余力残し自己記録更新 61キロ級砂川

    男子61キロ級、スナッチで91キロを持ち上げる砂川裕哉(豊見城)=糸満市の西崎総合体育館(滝畠豊美撮影)
     男子61キロ級は砂川裕哉(豊見城2年)がスナッチジャークとトータル全てで大会自己記録を塗り替え、優勝した。全試技を成功させ「もっとできた」と余力も残す。九州初制覇に、「久しぶりに全部決まった。うれしい」と破顔した。

     大会前は不調だったが、この日は練習から切れが良かった。スナッチは下半身で地面を踏み込み、「ぴしっと決まっていた」と勢いよく、軽々と差し上げた。自身最高の91キロも「もう少しいけた」と危なげなく成功させた。

     ジャークは第2試技で106キロを成功させた時点で優勝が決まったが、「自分の試技に集中していた」と勝利に気が付かなかった。岩崎朝美監督の指示で、次に自己新となる110キロを持ち上げるときも「緊張したけど、いける」と安定して成功させた。

     小学生の頃は柔道部、中学はハンドボール部と異種の部活を渡り歩いた。友人の誘いで始めた重量挙げは当初、「どんなものかな」という程度の興味だったが、今では「努力の結果が数字に表れるのが楽しい」とはまっている。

     高校の先輩の糸数陽一が憧れだ。学校で直接教えを受ける機会もあった。「(糸数先輩は)重量挙げの姿勢が違う」と自主練習に取り組む必要性を感じている。夏の南部九州総体を意識して「スナッチ100キロ、ジャークは120キロ以上取りたい」と意気込んだ。 

     (古川峻)


    ◇全国見据え意欲 67キロ級・長嶺

    男子67キロ級、クリーンジャークで115キロを成功させた長嶺匠吾(南部工)
     男子67キロ級の長嶺匠吾(南部工2年)は、2位に18キロの差をつけて優勝した。「全国出場の基準を上回って良かった」と大舞台への意欲を示した。

     スナッチは1本目の87キロで右にぐらつき失敗。3日前からひじに痛みがあった。不安だったがそれでも我慢しながら、2本目の87キロを決めた。ジャークは2本目で腰が揺れた反省点を修正して、3本目は安定感を持って115キロを決めた。

     全国へ向け、おととしの11月までの野球部時代に培った下半身の強さに加え、上半身もバランス良く鍛える。階級を1つ上げたのは「筋肉をつければまだ伸びる」と考えてのことだ。全国は「九州で勝っても慢心せず、スナッチ105キロ、ジャー125キロ以上を目指す」と意気込んだ。


    ジャークで自己新 81キロ級・石原

    男子81キロ級のスナッチ103キロを持ち上げる石原大翔(豊見城)
     男子81キロ級の石原大翔(豊見城2年)は「県大会で優勝できても、九州で1位が取れるか不安だった」という。それでも2位の小森翔(長崎)を10キロ引き離し、九州初制覇を果たした。

     スナッチは、3本目で自己記録タイの103キロを持ち挙げて暫定1位とした。学校で交流練習する機会があり、意識していた小森が105キロを成功させると、2位に後退。しかし、「これから挽回する」とジャークの1本目で124キロを挙げ、3本目は少しぐらついたが130キロの自己新を更新。小森を寄せ付けず、「思わず出た」と2度ガッツポーズした。

     全国に向けて弱点の下半身を強化して、「スナッチ110キロ、ジャー140キロで8位入賞以上を目指す」と意気込んだ。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    重量挙げ(じゅうりょうあげ)は、バーベルを両手で頭上に持ち上げて、その重さを競うスポーツ。ウエイトリフティング(Weightlifting)とも呼ばれる。 体重別に階級分けされており同じ階級内で記録を競う、種目は「スナッチ」と「クリーン&ジャーク」の二つがあり、それぞれ3回ずつの試技を行い、各種目の
    12キロバイト (1,469 語) - 2018年11月10日 (土) 23:20



    <このニュースへのネットの反応>

    【【祝報】「重量挙げ九州高校選抜」で初優勝に輝いた砂川裕哉 小学校中学校でしていたスポーツとは?】の続きを読む


      no title
     

    重量挙げ (ウエイトリフティングからのリダイレクト)
    重量挙げ(じゅうりょうあげ)は、バーベルを両手で頭上に持ち上げて、その重さを競うスポーツ。ウエイトリフティング(Weightlifting)とも呼ばれる。 体重別に階級分けされており同じ階級内で記録を競う、種目は「スナッチ」と「クリーン&ジャーク」の二つがあり、それぞれ3回ずつの試技を行い、各種目の
    12キロバイト (1,469 語) - 2018年11月10日 (土) 23:20


       


    1 シャチ ★ :2018/12/08(土) 21:27:26.66 ID:CAP_USER9.net

    12/8(土) 20:16配信 時事通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000105-jij-spo
     日本ウエイトリフティング協会の三宅義行会長(73)が、兼務している女子代表監督を来年3月いっぱいで退任することが8日、決まった。同日に東京都内で開かれた理事会で辞任を申し出て承認された。

     三宅氏はロンドン、リオデジャネイロ両五輪でメダリストの三宅宏実(いちご)の父。 


    【【重量挙げ】三宅宏実(いちご)の父・義行氏、女子監督辞任へ】の続きを読む

    no title



    鬼気迫った桃田の11連続得点 アジア大会印象に残った戦いから 鬼気迫った桃田の11連続得点 アジア大会印象に残った戦いから
    鬼気迫るとはこのことだ。ジャカルタ・アジア大会、21日のバドミントン男子団体戦準決勝。インドネシアと対戦した日本は、第1シングルスの桃田賢斗(23=…
    (出典:スポーツ総合(スポニチアネックス))




    【【バトミントン】桃田賢斗が印象に残る快挙のプレーを披露!】の続きを読む

    このページのトップヘ