e-ネ!スポーツ撞

スポーツ・パラスポーツ(障がい者スポーツ)・ビリヤード
を専門に関連した話題や情報を掲載しています

    カテゴリ:陸上競技 > 競走(マラソン・駅伝・m走等)


         

    別府大分毎日マラソン(べっぷおおいたまいにちマラソン)は、大分県大分市の大分マリーンパレス水族館“うみたまご”をスタート、大分市営陸上競技場をゴール、別府市の亀川バイパス(別府市中央浄化センター付近)を折り返し地点として42.195kmを走破するフルマラソン大会である。通称、別大マラソン(べつだい-)。毎年2月の第1日曜日に開催される。
    33キロバイト (3,197 語) - 2019年2月3日 (日) 12:01



    (出典 c1.staticflickr.com)

    31歳岩田「引退覚悟」を力に初サブテン 別大マラソン6位 31歳岩田「引退覚悟」を力に初サブテン 別大マラソン6位
    ◆別府大分毎日マラソン(3日・大分市高崎山うみたまご前-別府市亀川漁港前折り返し-大分市営陸上競技場=42・195キロ) 二岡康平(中電工)が2時間…
    (出典:スポーツ総合(西日本スポーツ))


    【《朗報》別大マラソン 31歳岩田、生姜と鶏肉を食べて達成したのは?】の続きを読む



     バカンスの定番リゾートといえばハワイですよね。ショッピングや海水浴も人気ですが、昨今のマラソンブームで「ホノルルマラソン」に参加する日本人も多いようです。

     そんなハワイで、近年人気になっているのが「EKIDEN」。日本発祥の、あの駅伝です。フルマラソンに比べて走る距離がずっと短く、しかもチーム対抗とあって、旅行の思い出に参加する人が増えているようです。

    ホノルルレインボー駅伝」公式サイトより
    2019年3月10日と、5月19日に開催

     現在ハワイで開催されている駅伝大会は2つ。毎年3月に行われる「ホノルルレインボー駅伝」と、5月に行われる「ホノルル駅伝&音楽フェス」です

     ハワイ初のアマチュアランナー対象市民駅伝として幕を開けたホノルル・インボー駅伝」は、チーム参加から一人参加まで、誰でも楽しめる種目が盛りだくさんの駅伝です。今年の開催予定は3月10日(日)です

     そして「スポーツ」と「音楽」をダブルで楽しもう、という新感覚のリゾートイベントホノルル駅伝&音楽フェス」。毎年、駅伝の前日にはEXPOと音楽フェスを同時開催しており、駅伝参加者は無料で参加できます。今年の駅伝は5月19日(日)に予定されているので、例年通りなら前日の18日(土)に、EXPOと音楽フェスが開催されるでしょう。

     たすきで繋ぐ、日本発の駅伝は、ハワイでも「EKIDEN」として市民運動の一環として楽しまれつつあるようですね。

    オーシャンビューの絶景コース

     どちらの駅伝大会もワイキキからすぐ近く、ハワイランドマーク的存在であるダイヤモンドヘッドの麓にある広大なカピオラニパークがスタートゴール地点となり、ハワイオーシャンビューを楽しみながら走れるコースが設定されています

    ホノルル駅伝&音楽フェス」公式サイト
    http://hnlekiden.jp/

     1区間の距離は、ホノルルレインボー駅伝」なら5キロホノルル駅伝&音楽フェス」なら最短5.3キロ。「フルマラソンはさすがに無理…」という方でも、5キロ程度の距離なら挑戦しやすく、参加のハードルもぐっと下がっているようです。

     しかも「ホノルルレインボー駅伝」なら、5名で1チームを作りますが、個人で参加して大会側が作ったジョイントチームメンバーになることもできます。さらに3名編成のチームで、歩いてもOKの「ファンラン&ウォーク」、6歳~12歳子どもと大人でチームを作る「ファミリー・チャレンジ」など、エントリーできるカテゴリーも幅が広く、ハワイで友だちや家族との思い出作りにもピッタリです!

    ホノルルマラソンにも、歩いて参加できるコース

     また42.195キロのフルマラソンの大会であるホノルルマラソン」でも、10キロの距離を走ったり歩いたりできる「10Kラン&ウォーク」が設けられています。参加資格に年齢制限もなく、子どもでも、ホノルルマラソンと同じコースをのんびり歩いて楽しむことができるんです。

     スポーツが苦手な方でも、気軽に短距離で参加できるランニング大会が増えてきているハワイマラソンブームに乗って、ハワイでの大会出場を目標に運動を始めてみてもいいですね。

    <文/佐藤まきこ>
    (写真:「ホノルル・レインボー駅伝」公式サイトより)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【《ハワイ初》3月と5月開催“ホノルル駅伝”が魅力的www音楽とコラボして楽しめる!】の続きを読む


    アメリカンエキスプレス > アメリカンエキスプレス・ゴールド・カード アメリカンエキスプレス・ゴールド・カード(英語: American Express Gold Card)とは、アメリカのクレジットカード会社であるアメリカンエキスプレスが発行する上級クレジットカード。
    10キロバイト (1,276 語) - 2018年10月12日 (金) 03:41



    3月3日(日)に開催される東京マラソン2019。本番を約1カ月後に控えた1月26日、オフィシャルパートナーであるアメリカン・エキスプレスが、「東京マラソン2019の参加者およびすべてのランナーをサポートすることを目指したプログラム『#amexrun for 東京マラソン2019』の特典の一つとして、“スペシャルランニング講座”を実施した。

    【写真を見る】元実業団の湯田知美さんを先頭に千鳥ヶ淵を走る参加者たち

    皇居からほど近いランニングステーション「ジョグリス」で行われたこのイベントは、事前の募集で高い倍率から選ばれた15名が参加し、「スタンフォード式 疲れない身体」の著者でスタンフォード大学のアスレチックトレーナーである山田知生氏を講師に迎えた特別講義とトレーニング体験を受けるというもの。

    このイベントのためだけにアメリカから来日した山田氏は、「ストレス社会において疲労を残さないポイントは、運動、栄養、休養、マインドの4つが大切です」と語り、この日の講座については「今から運動して体質改善をするのは大変ですので、今日は呼吸法をお教えしましょう」と呼吸法を紹介。呼吸法は1日でマスターすることができるほか、自律神経にも影響を与えるという。

    かなり特殊な呼吸法なので、その内容を詳しくお伝えすることはできないものの、講義のあと、実際にうつ伏せになったりしながら、その呼吸法を試すと、参加者からは「背が伸びた気がする」との声も。この呼吸法には背が伸びるなどの効果もあるようだ(※体験者の感想によるもの。個人差があります)。

    その後、実業団の長距離選手としてトラック競技や駅伝で活躍、現在はアディダスランニングアドバイザーとして市民ランナー向けレッスンや講演で活躍する湯田知美さんとのトークセッションが行われ、ランニング中の呼吸法や東京マラソン後のアフタートレーニングをはじめとする、様々な質疑応答がなされた。ちなみにランニング中は「普段の生活どおりのリラックスした呼吸」がいいそうだ。

    参加者はその後、湯田さんと準備運動を一緒に行い、皇居1周のランニングへ。ランナーたちは楽しみながら、そして湯田さんは参加者一人ひとりに声をかけながら、みんなで冬の皇居を駆け抜けた。

    アメリカン・エキスプレス2月28日(木)まで、ランニングステーション「ジョグリス」でオリジナルTシャツを無料貸与するほか、同社カードを提示するとスポーツリンクを無料で提供するなどのキャンペーンを実施中。さらにオリジナルTシャツを着用した写真をハッシュタグをつけてSNSに投稿した方から抽選で5名に、3D計測マシンで測定したデータからその人の体型にフィットするランニングタイツのオーダー権をプレゼントする。

    「前へ向かって歩み続ける人への応援」をコンセプトにする、アメリカン・エキスプレス東京マラソン企画。今後もチェックしたい。(東京ウォーカー(全国版)・栗原祥光)

    千鳥ヶ淵を走る参加者


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【《必見》参加しよう!東京マラソン2019[3/3] 先日オフィシャルパートナー「アメリカンエキスプレス」がイベントで参加者ランナーに特別伝授したこととは?】の続きを読む


         

    福士 加代子(ふくし かよこ、1982年3月25日 - )は、日本の女子陸上競技(主に長距離走・マラソン)の選手。2010年5月末の時点で、3000mと5000mの日本記録、ハーフマラソンおよび10km、15kmのアジア記録を有する。 オリンピック(女子陸上競技)には2004年アテネ大会・2008年
    52キロバイト (6,839 語) - 2019年1月27日 (日) 23:47



    【【朗報】大阪国際女子マラソン 瞬間最高視聴率を上げたのは、なんと!この人だった】の続きを読む


    (出典 opi-rina.chunichi.co.jp)


    サニブラウン・アブデル・ハキーム(Abdul Hakim Sani Brown、1999年3月6日 - )は、日本の陸上競技選手。専門は短距離走。 福岡県出身。ガーナ人の父と日本人の母を両親に持つ。父親はガーナでサッカー選手の経験があり、母親は100mとハードルで全国高等学校総合体育大会陸上競技大会
    14キロバイト (1,100 語) - 2018年9月28日 (金) 13:20

     【クレムソン(米サウスカロライナ州)時事】陸上男子短距離のサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が18日、米サウスカロライナ州クレムソンで行われた大学室内競技会の60メートル決勝に出場し、6秒62で優勝した。昨年5月の競技会で右脚を痛め、今回が復帰レース。「気持ちよく走れた。いいスタートが切れた」と晴れやかだった。 



    (出典 news.nicovideo.jp)

       

       


    <このニュースへのネットの反応>

    【《祝報》いい走りだねwww福岡出身のサニブラウン、決勝で「気持ちよく走れた」】の続きを読む


         

    岡本 直己(おかもと なおき、1984年5月26日 - )は、日本の陸上競技選手、専門は長距離走。鳥取県出身。由良育英高校(現・鳥取中央育英高校)、明治大学政治経済学部卒業。中国電力陸上競技部所属。 小学校のマラソン大会で好成績を収めたことをきっかけに、中学校で陸上部に入り本格的に陸上を始める。中
    7キロバイト (724 語) - 2018年8月26日 (日) 02:52



    (出典 c1.staticflickr.com)



    【【史上初】速いなぁwww鳥取の岡本、32位から15位まで追抜き史上初となる追い上げを達成!都道府県対抗男子駅伝2019】の続きを読む


    今年の箱根駅伝では、青山学院大の5連覇はならず、東海大が初の総合優勝を果たした。なぜ東海大は勝つことができたのか。2位で折り返した復路で、監督は選手たちにどんな声をかけたのか。元箱根駅伝ランナーで、スポーツライターの酒井政人氏が、そのポイントを解説する――。

    ■総合優勝の東海大・両角速監督が選手にかけた「魔法の言葉」

    正月の風物詩となった「箱根駅伝」。往路・復路の平均視聴率は31.4%で、日本テレビでの中継が始まって以来、最高だったという。気象条件に恵まれ、「区間新」が多く出たこともあるが、5連覇を目指した青山学院大や、ライバル校である東洋大、そして初優勝を果たした東海大がそれぞれ見せ場を作ったことが高視聴率につながったのだろう。

    レースは、首位のチームが目まぐるしく変化した。

    前回往路優勝の東洋大が前年に続いて、大手町スタートの1区でトップを奪うと、3区は青学大・森田歩希(4年)が区間新の快走で首位に立つ。4区は東洋大・相澤晃(3年)が“区間新返し”で再逆転。東海大は5区、箱根の山登りを西田壮志(2年)の区間新で東洋大とのタイム差を1分14秒まで短縮。その東海大が翌日の復路も見事な継走を見せて、8区小松陽平(3年)の区間新で勝負を決めた。

    走行タイムで往路優勝は東洋大、復路優勝は青学大、総合優勝は東海大という珍しいレース展開は視聴者テレビにくぎ付けにした。

    箱根駅伝は他の駅伝大会と異なり、各大学の監督・コーチ指揮官たちは運営管理車に乗り込み、自チームの選手の後ろにつくかたちでレースを追いかけ選手たちに指示を送る。

    指揮官たちはレース中、選手にどんな声をかけているのか。そして、その声は選手たちにどんな影響を及ぼしているのか。東海大が逆転した復路(6区~10区)の戦いを指揮官たちの「言葉」で振り返ってみたい。

    ■往路2位の東海大の選手に火をつけた「言葉」

    ●6区

    初日の往路が終わった時点(1位東洋大、2位東海大、6位青学大)で、東海大・両角速(もろずみ・はやし)駅伝監督は「(1位の)東洋大しか見てない」と、選手たちに4分16秒差で追いかけてくる6位の青学大への恐れの意識を捨てさせた。

    そして山下りの6区が始まる。トップ東洋大は今西駿介(3年)で、1分14秒差でスタートする東海大は中島怜利(3年)。前年も両者は同じ区間を走っており、その際は、中島が今西より約1分タイムが早かった。この結果を考えると、東海大は一気に詰め寄りたいところだが、両角監督は中島に「そこまで決めなくていいぞ」と声をかけている。

    10日ほど前に左足首に痛みが出て、万全な状態ではなかったからだ。中島は序盤に差を広げられるものの、本格的な下りに入ると徐々に詰めていく。結局、区間歴代3位の58分06秒(区間2位)で山を駆け下りて、東洋大との差を6秒短縮した。

    一方、往路優勝した東洋大としては6区の今西が想定以上の走りを見せたことで、絶好の復路スタートとなった。

    ■復路のレース当日の朝、監督から送られたLINEの文面

    ●7区

    7区は主将の小笹椋(4年)。東洋大・酒井俊幸監督は運営管理車から、「(6区の)今西が区間歴代3位。今度はお前だぞ!」と小笹にゲキを飛ばした。

    最初の1kmは小笹が2分40秒に対して、東海大・阪口竜平(3年)は2分48秒。8区以降の戦力に不安のあった東洋大は7区終了時までに「できれば1分。最低でも30秒のリードは欲しい」(酒井監督)と考えていた。その思いが小笹のリズムを狂わせたのかもしれない。小笹は後半ペースダウンして、1時間3分45秒の区間3位に終わった。

    東海大の阪口は当初4区を予定していたが、調子が上がらず、2週間ほど前に7区にまわることが決まった。レース当日の朝、両角監督から、「自信を持って7区に置いたよ」と坂口のLINEに入る。

    その言葉が坂口の大きなエネルギーになった。

    直前の指示は、「とにかく最初の5kmだけはリラックスして入れ」というもの。持ち味の攻めの走りを封印して、後半勝負の走りで前を追いかけた。「前半は差が縮まる感じがあまりなかったですけど、15km以降で東洋大との差を一気に縮めることができました」と阪口。

    二宮(11.6km地点)で48秒あった差は、大磯(18.3km地点)で19秒差になり、最後は4秒差まで急接近。阪口は区間歴代5位の1時間2分41秒(区間2位)と快走した。

    僅差の勝負のなると、運営管理車からの声は競り合う他大の相手選手にも聞こえてしまうため、具体的な指示(○km地点でスパートする、などの戦略)は出しづらくなる。そこで東海大・両角監督はタスキが渡る直前、8区小松陽平(3年)に電話をかけて、「すぐに追いついて、(東洋大を)前に出して、じっくりと落としていくように」という指示を送っている。

    ■「区間賞いけるぞ!」監督の声が自信になった

    ●8区

    小松は両角監督のミッションを忠実に遂行した。

    4秒先行していた東洋大・鈴木宗孝(1年)にすぐ追いつくと、その背後にピタリとつく。11月の上尾ハーフでは鈴木が小松に11秒先着しているが、1万mベストは鈴木の29分17秒に対して、小松は28分35秒。1万mのタイムで大幅に勝る3年生が1年生に引っ張らせることはプライドが邪魔する場面だが、小松は勝負に徹した。

    前を走る鈴木が苦しげだったのに対して、小松は余裕たっぷり。危機感を抱いた東洋大・酒井監督は「ペースを上げろ」と鈴木に指示する。リズムを切り替えて、小松を引き離そうとするが、効果はなかった。

    絶好調男・小松がためこんだエネルギーを爆発させたのは14.6km。遊行寺(ゆぎょうじ)の上り坂が始まる前に初めて前に出ると、一気に突き放した。そして、その差をグングンと広げていく。両角監督の「区間賞いけるぞ!」の声が小松には自信になったという。しかし、「区間新が出るぞ!」の声には、「ウソだ。あおるためだと思った」と信じていなかった。ただ、優勝のために後続との差を1秒でも開けようと最後の力を振り絞り、攻略の難しいコースを1時間3分49秒で走破。小松は自身が生まれた年(1997年)に樹立された区間記録を16秒も塗り替えると、最終的には東洋大に51秒差をつけた。

    ■「風があることを考えろよ」「最後の箱根を楽しんで走れ!」

    ●9区

    東海大の9区は主将・湊谷春紀(4年)。直前の情報を知らなかったため、僅差で来ることを予想していたが、両角監督から、「1分くらい差が開くぞ」と連絡を受けて、「ラッキー」と思ったという。「最後の箱根を楽しんで走れ!」という両角監督の声を聞いた湊谷は区間3位と好走。東洋大ブレーキとなったこともあり、3分半近い大差がついた。

    ●10区

    東海大の10区郡司陽大(3年)は緊張のあまり、スタート前は涙があふれてきたというが、タスキを受け取った後は力強かった。後半は強い向かい風となり、両角監督から「風があることを考えろよ」と指示が出るなかで、ビクトリーロードを突き進んだ。

    郡司は1年時から箱根駅伝のエントリー16人に選ばれているが、3年生の今回が初出場。両角監督は個性を見極めて指導することで知られ、両角は郡司に対していつも厳しい声をかけて育てていた。1年時の箱根は、直前の練習を絶好調でこなしながら、出番はなし。キャリアのある4年生が起用された。レース後、両角監督から「お前を使わなくて良かった」と言われた郡司は、悔しさのあまり、「自分はなんで選ばれなかったんですか?」と噛みついたという。すると両角監督は、あえて「何を浮かれているんだ。お前の名前なんて(選考の中で)一切上がってこなかったぞ」と言ったそうだ。郡司は大きなショックを受けたが、これをバネにした。

    ■「お前のあんな姿を見たのは初めてだ」

    その後も厳しい声をかけられることが多かったものの、昨年5月の仙台ハーフマラソン外国人選手に食らいついたときには、「お前のあんな姿を見たのは初めてだ。やっと殻を破った気がする」と両角監督に褒められ、郡司は親に電話で報告するくらいうれしかったという。今シーズンの郡司は出雲、全日本、箱根と学生駅伝すべてに出場。両角監督から全幅の信頼を寄せられる選手へと大成長した。箱根駅伝をしめくくる10区でも、文字通りの快走を披露した。

    指揮官たちはレースだけでなく、普段からさまざまなシーンで選手たちに声をかけている。そして、指揮官の言葉で選手たちは変わる。長年駅伝取材をしているとそうした声かけによる選手の「大変化・大成長」をしばしば目撃する。

    駅伝はチーム競技だが、レース中のランナーは孤独だ。ときにはタスキの重みに苦しめられることもある。だからこそ、指揮官たちの言葉が走者の支えになることが多い。今回の箱根駅伝でも、“魔法の言葉”をいくつも聞いた。とりわけ初めて総合優勝を果たした東海大の両角監督の声かけは見事なものだった。

    箱根駅伝ウェブページ「出場校&選手一覧」で紹介される東海大選手


    (出典 news.nicovideo.jp)

    箱根駅伝で走らせた。河野の息子は早稲田大学に在学し、第1回箱根駅伝で7区を走った河野一郎と第2回箱根駅伝で1区を走った河野謙三である。孫は関東学生陸上競技連盟の役員を務めた河野洋平である。そもそも駅伝とは、飛脚制度(郵便配達)をもとにした日本独自の競技であり、箱根駅伝
    221キロバイト (27,489 語) - 2019年1月12日 (土) 03:07



    <このニュースへのネットの反応>

    【【箱根駅伝】優勝の監督が選手に「ライン」で送った思いとは?】の続きを読む


    かけっこ教室・陸上クラブを運営する、 エコキッチン株式会社千葉県我孫子市、代表:柳川 実)は、プロ陸上選手 猿山力也(弊社専属マネジメント契約選手、りくする立案者)とともに全国のかけっこ教室・陸上クラブ検索サイト「りくする」β版をリリースいたしました。



    【かけっこ教室や陸上クラブを運営されてる監督・運営者、または、自分自身のキャリアを生かして行きたいと考えている現役選手へ】

    ※「陸上難民」とは陸上を続けたくても続けられない競技者を示した造語です。

    「りくする」は、陸上を習いたい人が習いたい地域で自分に合った陸上教室を簡単に見つけることが出来る情報サイトです。



    全国のかけっこ教室・陸上クラブが検索できる情報サイト「りくする」
    https://rikusuru.jp/


    陸上業界をもっと盛り上げたい、陸上選手のセカンドデュアルキャリア支援をしたいという想いの元、インターネットを通じ全国の陸上教室を簡単に探すことが出来るサイトとして利用者への認知・集客のお手伝いをするサイトでもあります。

    りくするは、運営されているクラブチームや陸上教室の情報を弊社書式のエントリーシートに必要項目を入力するだけで、登録が完了いたします。

    インターネットにて教室を検索される方がどのような内容で検索されるかを把握しておりその内容に沿ったエントリーシートとなっています。


    教室運営に集中したい監督さまを始め、運営者さまが一日も早く生徒さんの成績向上・技術上達のための指導に集中できるよう、集客力アップに努めて参ります。

    また、運営に関わることすべてにおいて、りくするを通じてひとつでも多くのことをバックアップしていきます。

    これらはすべて、陸上競技活性化を第一に考えており、全国の多くのかけっこ教室・陸上クラブが登録することで、さらに陸上業界が発展いたします。



    【開設の背景 ■立案者(プロ陸上選手 猿山力也)】
    実業団10年、プロ2年目、実業団選手からプロへ転向し気付いた事が沢山ありました。
    陸上を死に物狂いでやってきた選手はそこで培った経験や技術や感覚、ノウハウを伝授すべきであり、能力を最大限に生かす事を引退した後、どう繋げていくかを考えて行く必要があると思います。

    現役を続けながらもう1つ武器を作っていく事と準備をしていく事に少しでも「りくする」を活用してもらいたいと思います。
    陸上をもっと普及させるためには、陸上で生計をたてられる人がひとりでも多く生まれることが重要と考えており、その応援を「りくする」を通じて行っていきたいです。

    また、「全ての運動の基本となる陸上競技スポーツを始める子供の時に身近にすぐ体験出来るように」
    「今や実業団のクラブチームよりも多く存在している陸上クラブチームスポーツを始める子供達へ陸上競技に少しでも興味をもってもらい好きになってもらいたい」という思いもあり、開設を決めました。


    【開設の背景 ■運営者(エコキッチン株式会社 柳川)】

    陸上クラブを運営している中で生徒の親御さんからよく聞くのが、「なかなかこの辺に陸上教室ないのよね?」「探すのが大変だった」というお困りの声。

    そもそもホームページを作っていない教室もまだまだ多くて、陸上を習いたい思っているお客さんが知りたい情報にたどり着けないということに気が付きました。


    また、今の時代はインターネットを効果的に活用することで、たくさんのお金を掛けずに個人でも充分陸上教室を運営することが出来ます。
    実際に私達が運営している陸上教室のホームページも無料のサービスを利用しております。

    「自分で陸上教室を立ち上げたいけどなかなか人が集まらない。」「どうやって運営していけばいいのか分からない。」そんな方のサポートに繋がることが「りくする」のもうひとつの目的でもあります。

    探したい情報が探せるサイトを作ること、陸上教室を運営したいと考えている方の
    バックアップを「りくする」を通じて行います。



    【今後の活動】

    ○教室運営においての利益管理・経営勉強会
    ○生徒指導における情報交換会
    チーム合同練習会
    クラブチーム対抗戦

    活動については、教室・クラブチーム運営と陸上競技発展のために必要なことはひとつでも多く取り入れて行きます。



    【最後に】

    なぜ「りくする」?
    →陸上(りくじょう)する?
    にちなんでネーミングしました。
    単純で簡単で親しみやすいのではないでしょうか?



    【登録チームについて】

    りくするは、陸上競技発展のため、かけっこ教室・クラブチームの登録を随時募集いたしております。
    ※弊社書式のエントリーシートに必要項目を入力するだけで、登録が完了いたします。どうぞご協力のほどよろしくお願いいたします。

    ※お問い合わせ先
    会社名:エコキッチン株式会社
    担当者:柳川実

    電話番号:04-7136-2818
    メールinfo@rikusuru.jp

    会社HP
    https://www.eco-kitchen.co.jp/

    全国のかけっこ教室・陸上クラブが検索できる情報サイト「りくする」
    https://rikusuru.jp/

    配信元企業:エコキッチン株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【朗報】陸上難民続出中のなか、エコキッチン㈱代表とプロ陸上選手が「りくする」をリリース!】の続きを読む



    2019年1月8日、中国のマラソン大会では昨年、ランナーの不正や大会スタッフの問題行為が相次いで伝えられたが、今度は6日に福建省アモイ市で開催された「2019アモイマラソン」で、審判員が選手用のパンやバナナをくすねるという騒動があったという。
    中国メディアの新華網によると、アモイマラソンの大会組織委は7日、「17.5キロ地点の給水所を管理していた審判員の一人が、ランナーのために用意されていたバナナや紙コップ、パンなどを無断で収蔵したとする通報を受け、直ちに調査を行い、事実であると認定した」とした上で、「この審判員の行為は、審判員の身分やイメージと著しく一致せず、大会規則に違反し、きわめて悪劣な影響をもたらした」として、同大会における審判員資格の取り消しを決定したことを明らかにした。(翻訳・編集/柳川)

    8日、中国のマラソン大会では昨年、ランナーの不正や大会スタッフの問題行為が相次いで伝えられたが、今度は6日に福建省アモイ市で開催された「2019アモイマラソン」で、審判員が選手用のパンやバナナをくすねるという騒動があったという。資料写真。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【悲報】中国マラソン大会でまた不祥事wwwパン・バナナをくすねた】の続きを読む


     6日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏が箱根駅伝で5連覇を逃した青山学院大学陸上部・原晋監督を猛批判した。

     張本氏は1月2、3日に開催された箱根駅伝で優勝の大本命と見られていた青山学院大学が2位に終わり、東海大学が優勝したことについて、

     「喝だ。青学の原監督に注意の喝。バラエティ出すぎだよ。やっぱり勝ってから出るならいいけどね、人気者はいいですよ、あれだけ出るとね、反感買いますよ。やっぱり人間はヤキモチのところがあるから、『何だ』と。もう勝ったようなつもりで出てるのかということがあるからね。ちょっと注意してもらいたい。スポーツ選手としたらね、終ってなら、出るならいいけどね、これからも続くから、一つ心してチーム作りをしてもらいたい」

     と、陸上部長距離ブロック監督で情報番組のコメンテーターなどバラエティ番組にも出演する原晋監督を猛批判する。

     これに反論したのが、ゲスト福岡ソフトバンクホークス球団会長王貞治氏。張本氏とは巨人でクリーンナップを組み、「盟友」として知られるが、この意見には、同じ団体競技の監督経験者として黙っていられなかったようで、「たしかにね、負けたら何言われてもしょうがないんですよ」と張本氏の意見に配慮を見せつつ、

     「だけど復路の青学は見事でしたね。よくあそこまでね、もう一区あれば勝つんじゃないかってくらいまで頑張りました」

     と、選手や監督を責めることなく、頑張りを称賛。張本氏もこの発言には黙るしかなくなってしまう。

     張本氏の発言については一部に同意する声もあったものの、「監督がバラエティ番組に出ることと箱根駅伝の成績は関係ない」などと、ネットユーザーから猛批判を浴びることに。そして、選手を褒めて伸ばそうとする王氏の姿勢に称賛が集まった。

     6日の放送では、菊池雄星投手のシアトル・マリナーズ入団会見でも、英語を流暢に喋る菊池投手について、張本氏が「大して上手くないね」と吐き捨てるのに対し、「大したものですね」とフォローを入れた王氏。両者の価値観の違いが浮き彫りとなった。

     ただし、番組の最後には張本氏が、王氏について「今の時代なら70本は打てる」と豪語。張本氏にとっては王氏が特別な存在であることは、変わりがない様子。願わくばその人間性もリスペクトし、手本としてもらいたいのだが、攻撃的なコメントは今年も相変わらずのようだ。

    張本勲


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【張本勲氏、青学・原晋監督を「バラエティ番組に出過ぎ」と猛批判 王貞治氏がフォローも炎上】の続きを読む

    このページのトップヘ