e-ネ!スポーツ撞

スポーツ・パラスポーツ(障がい者スポーツ)・ビリヤード
を専門に関連した話題や情報を掲載しています

    カテゴリ:モータースポーツ > F1・GT・フォーミュラ等


    (出典 f1-gate.com)


    アンドレス・マヌエル・ロペスオブドール(Andrés Manuel López Obrador, AMLO, (スペイン語発音: [anˌdɾes maˈnwel ˈlopes oβɾaˈðoɾ] ( 音声ファイル)、1953年11月13日 - )は、メキシコの政治家。通称はイニシャルであるAM
    8キロバイト (885 語) - 2019年1月19日 (土) 23:45


         


     【サンパウロ時事】メキシコロペスオブラドール大統領は19日、自動車F1シリーズメキシコグランプリ(GP)への政府補助金打ち切りを示唆した。F1主催者との契約は2019年いっぱいで、補助金が出なければ更新は不可能となる見込み。

     大統領は「レースなどは観光促進基金で支援しているが、基金はマヤ鉄道建設に向ける」との方針を表明。「契約は見直す。スポーツの支援を続けるが、金額が高過ぎてはならない」と述べた。

     メキシコGPは1963年以来、2度の中断を経てメキシコ市で開催されてきた。 



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【《悲報》本当なの!? F1メキシコGPが今年限りwww?】の続きを読む


    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    レッドブルのマルコ博士、同郷の元F1王者ラウダには「全快まで長い道のりが待っている」とコメント レッドブルのマルコ博士、同郷の元F1王者ラウダには「全快まで長い道のりが待っている」とコメント
    レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、ニキ・ラウダの体調が完全に回復するには“長い道のり”を進まなければならないといい…
    (出典:モータースポーツ(オートスポーツweb))


    アンドレアス・ニコラウス・"ニキ"・ラウダ(Andreas Nikolaus "Niki" Lauda 、1949年2月22日 - )は、オーストリア出身の元レーシングドライバー、実業家。 1975年、1977年、1984年のF1チャンピオン。「スーパーラット」「不死鳥」の異名を持ち、その走りはミ
    65キロバイト (6,082 語) - 2018年12月29日 (土) 02:05


         


    【《悲報》レッドブルの”マルコ”アドバイザー、元F1王者「ニキ・ラウダ」の体調についてコメントした】の続きを読む


         

    山本 尚貴(やまもと なおき、1988年7月11日 - )は、栃木県宇都宮市出身のレーシングドライバー。 サントリー・スーパーチューハイCMの「スーパー部長」に似ているとのことから、20歳代当時から、レース関係者の間では「部長」の通称で呼ばれている。 身長:164cm 体重:63kg 血液型:RH+B型
    33キロバイト (1,996 語) - 2019年1月26日 (土) 03:10



    (出典 car.watch.impress.co.jp)

    2018年モータースポーツ顕彰、山本尚貴に決定 SFとSUPER GTの2冠達成 - レスポンス
    鈴鹿サーキットは1月18日、モータースポーツの発展やファン拡大につながる活躍をした個人、団体を表彰する「2018年モータースポーツ顕彰」に山本尚貴選手を選出した。
    (出典:レスポンス)


    【《祝報》おめでとう!山本尚貴 モータースポーツの発展・振興・拡大に大活躍!】の続きを読む


         

    佐藤 琢磨(さとう たくま、1977年1月28日 - )は、日本人のレーシングドライバー。 2002年から2008年までF1、2010年からはインディカー・シリーズに参戦。2017年に日本人及びアジア人として初めてインディ500で優勝。 東京都新宿区出身。身長:164cm、体重:59kg。血液型:RH+
    100キロバイト (8,229 語) - 2019年1月18日 (金) 10:51



    (出典 news.switchlife.jp)



    【【朗報】やったね!佐藤琢磨選手、北米最高峰のレースの冠スポンサーに決定し喜びをコメントした】の続きを読む

    1月12日(土)、東京オートサロン2019のRAYBRIGブースにて、2019年の同チームレースクイーンが発表された。

    詳細画像はこちら

    高橋国光総監督率いるRAYBRIGは昨年、元F1チャンピオンであるジェンソン・バトンホンダエース山本尚貴のコンビSUPER GTGT500クラスを初制覇。ホンダに8年ぶりとなるSUPER GTチャンピオンをもたらした。

    詳細画像はこちら

    そんな人気チーム2019年レースクイーンは誰が務めるのかに注目が集まる中、お披露目発表回が行われた。

    RAYBRIGはここ数年、1人が継続、1人が新人という流れが続いていた。しかし今年ははらことはさん、北川みこさん共に卒業。そして2019年RAYBIRGのレースクイーンが相沢菜々子さんと沢すみれさんであることが発表されると、場内からは驚きの声があがった。

    相沢菜々子さんは、レースクイーン歴2年目の理工学部大学生。沢すみれさんは、昨年、グラビア雑誌で写真集を出すなど、今一番ノリにノッている女の子だ。

    相沢さんは都合により出席できなかったものの、沢さんは花柄の私服ワンピース姿で登場すると、集まった大勢のファンは彼女を温かく迎え入れた。そして「みなさん、こんにちわ。2019年RAYBRIGレースクイーンを務めさせて頂くことになりました沢すみれと申します。宜しくお願いします。」と挨拶。

    目に涙をうるませながら「伝統のあるチームですし、去年のチャンピオンチームということで、とてもプレッシャーを感じているのですけれど、それ以上に、本当に本当に嬉しいです。皆さんに認めてもらえるような、RAYBRIGにふさわしいレースクイーンになれるよう頑張りますので、みなさん宜しくお願いします!」と言うと拍手が。

    まだ新しいコスチュームデザイン段階とのことで、発表が今から楽しみだ。

    詳細画像はこちら

    今年も目が話せないRAYBRIGチームはもちろんのこと、彼女たちの姿をサーキットで会うのが今から楽しみだ!

    sin+ぼっちまろん

    S-GTチャンピオンチーム・RAYBRIGのレースクイーンはリケジョ&スマイルクイーンのツータッグ!【東京オートサロン2019】(http://clicccar.com/2019/01/13/683728/)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    SUPER GT (スーパーGTからのリダイレクト)
    c_id=2&no=50035  ^ “2015年から『スーパーGTタイシリーズ』開催へ”. AUTO SPORT web. (2013年2月14日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=2&no=46469  ^ スーパーGTのマレーシア戦が2020年に復活! SGT史上初のナイトレース開催へ
    124キロバイト (15,040 語) - 2019年1月11日 (金) 03:20



    <このニュースへのネットの反応>

    【【必見】スーパーGTファンの方!レースクイーンが発表ですwwwリケジョ&スマイルクイーンのツータッグ!】の続きを読む


    ●貴重なカラーのチャンピオンマシン!

    2018年、悲願のスーパーGTチャンピオンに輝いたチームクニミツ。1997年からメインスポンサーを務めるRAYBRIG(スタンレー電気)のブースには、カーナンバー「1」をつけたRAYBRIG NSX-GTが展示されていました!

    詳細画像はこちら

    昨年までのブルーとガラリと印象が変わったカーボンブラックベースマシンを見て「今年は黒……!?」とびっくりしたのですが、実はこれはテスト用のカラーリングチャンピオンの証である「1」を付けたマシンファンにいち早く見せようと、今回特別に展示してくれたのだそうです。

    会場で小島一浩監督にお会いしたので今シーズンカラーリングはどうなるのか聞いてみたところ、「多分今まで通りブルーになるんじゃないかな」とのことでしたよ。楽しみですね!

    詳細画像はこちら

    それにしても、カーナンバー「1」が眩しい! チャンピオンになったんだなぁ、という実感が湧いてきます。

    詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

    ブース内にはチャンピオン記念パネルや2018年スーパーGT第6戦SUGOの優勝トロフィー、さらに昨シーズンドキュメント映像も流れており、ファンにはたまらないつくりになっていました。

    詳細画像はこちら

    もちろんRAYBRIGLEDバルブ、LEDランプなどの販売も行っていましたよ。

    【トークイベントも実施!】

    さらにブース内にある特設ステージでは、高橋国光総監督と2018RAYBRIGレースクイーントークショーが開催されました(期間中毎日開催)。

    国光総監督といえば2輪、4輪合わせて489レースに出場し、通算71勝を挙げている日本のレジェンドドライバー。現役を引退してからは自らのレーシングチームであるチームクニミツの監督を務め、レース人生なんと60年!

    その中でもチャンピオンを獲得した昨シーズンは、特別な年になったようです。

    レースを始めてから60年経つんですけれども、本当に良い結果が出たので記念すべき年になりました。チャンピオンが獲れたのはクルマを造りあげた人達、それと何と言っても山本(尚貴)選手と(ジェンソン)バトンが確実にチェッカーを受けたからではないかなと思います。レースは一瞬で、例えばコーナー中はシフトダウンブレーキ、あるいはアクセルといった様々な動作がありますよね。ようするに自分の目の前の事の一瞬の積み重ねで、二度と同じ瞬間は訪れないわけです。人生と似ているところも含めて、レースというのは価値があるのではないかと思います」

    詳細画像はこちら

    レース界で活躍し続ける国光総監督。その“信念”は、一体どのようなものなのでしょうか。

    「最初は2輪のレースに出ていたのですが、18歳の時に初めてレースを経験してから60年……。なんかおじいさんですね(笑)。それから1960年に初めてヨーロッパレースに出て、カルチャーショックを受けました。日本のモータースポーツファンはその当時、今とは全然違ったんですよ。僕がその時感じたのは、レースほど素晴らしいスポーツはないだろうということです。自分の技量だけでなくて、いろんなクルマがなくてはならない。レースをやるには様々な状況が必要なんです。日本にはそのような文化もまだなくて、モータースポーツというのは文化レベルの高い国が発展していると言われていたんです。その時『絶対に良いレーサーになろう、モータースポーツを頑張ろう』と思いました」

    詳細画像はこちら

    トークショーでは、質問コーナーも! 「バトンが加入し英語を頑張ろうと思った」と言う男性から、「バトンとはどのようにコミュニケーションをとりましたか?」と質問が飛び出しました。

    20代前半に本田宗一郎さんとレースの旅をしていた時は、勉強をしていたんですけどね。もう忘れちゃいました(笑)。僕は彼に『Yes、No、Good driving』くらいしか言ってません(笑)バトンはさすがスーパースターで、言葉が通じなくても状況判断が素晴らしいんです。でも、一人が良くてもダメなんです。山本選手はバトンアドバイスをしていましたし、ドライバーの状況を小島監督、そして伊与木 仁チーフエンジニアがしっかり受け入れていた。その結果として、チャンピオンになれたのではないでしょうか」

    詳細画像はこちら

    長年チームクニミツを応援してきたという女性から「モータースポーツの世界はプレッシャーを感じることが多いと思いますが、その改善策はありますか?」という質問がでると、国光総監督は優しい眼差しで語りかけました。

    「確かにプレッシャーはいろいろありますよね。でもこれは誰にだってあると思うんですよ。プレッシャーを感じても、対応していかなければいけません。レース場においてのプレッシャーというのは、もちろんあります。やはり良い結果を出さないと、スポンサーさんや応援してくれている人達に感謝の気持ちが通じません。だから良い結果を出さないといけない。なので『なんとか良い方向にいってほしいな』と祈る気持ちを持つようにしています。」

    プレッシャーというは誰にでも平等にあって、生きているということだけでプレッシャーを感じなければいけないんじゃないのかなとも思うんです。それに対してどうするかというと、やはり元気に生きることだと思います。悪いことを考えないで、気持ちを元気にすることだけでも良い。人に手を借りなければいけない、あるいは助けてもらわなければいけないこともありますよ。でもまず第一は自分がその気になって、生きようとか頑張ろうとか、そういう気持ちにならなければいけないと思うんです」

    詳細画像はこちら

    途中から人生相談室に来ているのかと思うくらい、深い話をしてくれた国光総監督。新年早々、良い話を聞けました!

    まだまだ元気に、今シーズンチャンピオンを目指して頑張ってほしいです。応援しています!!

    yuri

    スーパーGTチャンピオンチームをサポートするRAYBRIGブースで、高橋国光総監督の深~い話を聴いてきました!(http://clicccar.com/2019/01/13/682264/)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    SUPER GT (スーパーGTからのリダイレクト)
    c_id=2&no=50035  ^ “2015年から『スーパーGTタイシリーズ』開催へ”. AUTO SPORT web. (2013年2月14日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=2&no=46469  ^ スーパーGTのマレーシア戦が2020年に復活! SGT史上初のナイトレース開催へ
    124キロバイト (15,040 語) - 2019年1月11日 (金) 03:20



    <このニュースへのネットの反応>

    【【スーパーGT】チャンピオンチームをサポートする高橋国光総監督、深~い話を聴いてきました!】の続きを読む



    ロンドン 7日 ロイター] - 自動車レースF1のフェラーリは7日、マウリツィオ・アリバベーネ代表を更迭。これまでテクニカルディレクターを務めていたマッティア・ビノット氏を後任に任命した。

    フェラーリにとって、ビノット氏は約5年間で4人目の代表となる。アリバベーネ氏は2014年11月に就任していた。

    フェラーリは昨季21戦で6勝をマークしたが、シーズン後半に失速。メルセデスが5年続けて個人総合とコンストラクターズのタイトルを獲得した。

    フェラーリ2007年キミ・ライコネンフィンランド)が達成して以来、個人総合優勝から遠ざかっている。

     1月7日、自動車レースF1のフェラーリは、マウリツィオ・アリバベーネ代表を更迭。これまでテクニカルディレクターを務めていたマッティア・ビノット氏を後任に任命した。写真はフェラーリのセバスチャン・フェテル。アブダビで2018年11月撮影(2019年 ロイター/Ahmed Jadallah)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【F1】フェラーリ、マッティア・ビノットを後任に任命】の続きを読む


    2019年3月2日(土)・3日(日)に鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で開催するトヨタ自動車株式会社本田技研工業株式会社株式会社モビリティランド 鈴鹿サーキットの3社共催イベント「モースポフェス2019 SUZUKAモータースポーツファン感謝デー~」で、2019年よりHondaがF1(FIAフォーミュラワン世界選手権)においてパワーユニットを供給するAston Martin Red Bull RacingのF1デモカー*(2019年カラーモデル)の走行が決定いたしました。

    モースポフェスSUZUKA2019
    Hondaは、2019年シーズンからScuderia Toro RossoRed Bull Racingの2チームに対してパワーユニットを供給し、シーズンを戦います。

    この「モースポフェス2019 SUZUKA」では、今回走行が決定したF1デモカーの他、TOYOTA GAZOO RacingのWEC(FIA世界耐久選手権)、WRC(FIA世界ラリー選手権)のマシンや、Hondaエンジンを供給するインディ500優勝マシン、EWC(FIM世界耐久選手権チャンピオンマシンの走行が決定しており、世界のトップカテゴリーで活躍するレーシングマシンが集うことになります。
    *過去のF1参戦マシン2019年カラーを施した車両


    ■モースポフェス2019 SUZUKAモータースポーツファン感謝デー~ 開催概要
    この「モースポフェス2019 SUZUKA」は、メーカーの垣根を越えて、さまざまなモータースポーツの魅力をお伝えするとともに、クルマを運転する楽しさやクルマへの憧れ・夢を育んでいただけるイベントとして実施します。なお、本イベントは公式サイトに掲載されている「特別ご招待券」をご提示いただくと無料でご入場いただけます。
    >>公式サイト https://www.suzukacircuit.jp/msfan_s/
    また、1月6日(日)から、より快適な環境、豪華な特典のついたVIPスイートプレミアムをはじめとする「プレミアムエリアチケット」を公式オンラインショップで発売いたします。

    開催日程 2019年3月2日(土)・3日(日)
    開催場所 鈴鹿サーキット三重県鈴鹿市)
    共催 トヨタ自動車株式会社TOYOTA GAZOO Racing)、本田技研工業株式会社株式会社モビリティランド 鈴鹿サーキット
    入場料金 公式ウェブサイトに掲載の招待券持参で無料
    ※通常料金:ゆうえんち入園料 大人(中学生以上)1,700円、子ども(小学生800円、幼児(3歳~未就学児)600円

    配信元企業:株式会社モビリティランド

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【鈴鹿サーキットの無料イベントでレッドブルF1デモカー(2019年カラーモデル)が走行!】の続きを読む


    1965年ホンダにF1初優勝をもたらした歴史的マシンを、アメリカグランプリ参戦時の姿でキット化! 新パッケージでの限定生産です。
    カルトグラフ社製のデカールで「1965年F1世界選手権アメリカグランプリ出場車7位 Car No.11 ドライバー:リッチー・ギンサー」が再現されます。
    DATA
    ホンダF1 RA272E '65アメリカGP

    プラモデル

    1/24スケール

    全長:16.45センチ

    発売元:ハセガワ

    価格:3,600円(税別)

    2019年3月1日ごろ発売予定

    ※写真は開発中のものです。実際の商品とは一部異なる場合があります。

    関連情報

    「ホンダF1 RA272E '65アメリカGP」商品ページ

    ハセガワ公式サイト

    ハセガワ公式Twitter

    ハセガワ 1/24 ホンダ F1 RA272E 1965 アメリカGP プラモデル 20391

    関連記事

    1988年JTCの開幕を勝利で飾ったリコー スカイライン GTS-R(R31)がハセガワからキット化!

    ホンダ初のF1優勝マシン「RA272E」がハセガワの1/24スケールモデルとなって蘇る!

    濃紺のNISMO仕様!ニッサン スカイライン GTS(R31)前期型の特別仕様車が、1/24カーモデルとなってハセガワより発売!

    街の遊撃手!昭和の風景を彩るいすゞのベストセラー車、ジェミニJT150が金型追加でハセガワからキット化!

     
    1965年、ホンダにF1初優勝をもたらした歴史的マシンを、アメリカグランプリ参戦時の姿でキット化!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【ホンダ初のF1優勝マシン「RA272E」がアメリカGP参戦時の姿となってハセガワから限定発売!】の続きを読む


    フォーミュラカー (Formula car) は、「車輪とドライバーが剥き出しになっている」という規格(フォーミュラ)に沿ったレーシングカーである。フォーミュラカーで行われる自動車競技がフォーミュラレースである。この項ではフォーミュラレースについても記載する。 日本語の「フォーミュラカー」が指す対象
    28キロバイト (3,568 語) - 2018年11月26日 (月) 05:08



    (出典 pbs.twimg.com)


         


    【【動画】乗ってる気分で怖いwww フォーミュラーカーが全開で峠を攻める!】の続きを読む

    このページのトップヘ