e-ネ!スポーツ撞

スポーツ・パラスポーツ(障がい者スポーツ)・ビリヤード
を専門に関連した話題や情報を掲載しています

    カテゴリ:球技 > フットサル


    フットサル(Futsal)は、いわゆる室内サッカーである南米の「サロンフットボール」または英国の「インドアサッカー」を起源とする、基本的には室内で行われる、サッカーに似た競技である。長らく非公式に行われ統一ルールが存在しなかったが、1989年にフットサルも国際サッカー連盟(FIFA)の所管となり、
    23キロバイト (2,790 語) - 2018年10月20日 (土) 05:54



     2020年東京五輪を前に、世間では若手アスリートの活躍に注目が集まっている。テニスの全豪オープン女子シングルスで優勝を果たした大坂なおみは21歳。「チョレイ!」でお馴染みの卓球の張本智和は15歳MLBロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手は24歳と各スポーツ界では若手の活躍が目立つ。

     同じようにフットサル界にもイキのいい若手が、自己研鑽に励みピッチ上で己を表現している。その中でも「次の日本代表を担う」ほどの逸材たちを紹介していこう。


    フットサル界を支えるネクスト・ヒーロー

     フウガドールすみだで欠かせない存在に成長した20歳の中田秀人はその1人。サッカーと同様にフットサルにおいてもレフティーは貴重な存在だ。しかし中田の1番の武器はその左足ではなく、インテンシティの高い守備力。


     幼さが残る顔からは想像ができないようなハードプレスを敢行。相手陣内から積極的に行う“攻めのディフェンス”で自由を奪う。ピッチ上でフィールドプレーヤーが4対4の状況となるフットサルだが、中田がいれば5対4にも6対4にもなってしまう。それほど守備での貢献は高く、ボールを持てばレフティー独特の視点やリズムでアクセントをもたらすことができる。


     そんな中田は就職活動を行う大学3年生。しかし「これからもフットサルを続けられる環境で」とプレーヤーを続ける意志は固く、その先には「日本代表プレーしたい」という思いが強い。「レフティー」、「誰にも負けない守備力」に磨きをかけて、今後の日本代表を担う選手となっていくだろう。


     ほかには“100年に1人の逸材”棚橋弘至級の太ももを持つ立川・府中アスレティックFCの“キン肉マン”こと丸山将輝も日本代表入りの可能性を秘めた23歳だ。


     丸山のポジションは、サッカーでいうFWのような役割が求められるピヴォ。現在の日本フットサル界ではシャドストライカーのように裏に抜け出す動きや周りとの連係で相手を崩すプレーを得意とする選手が多い。一方の丸山のスタイルは、かつてインテルで活躍したクリスティアン・ヴィエリ。ボールを受けては重戦車のように相手ゴール前へとゴリゴリ侵入し、強烈なシュートを浴びせていく。


     現代フットサルでは絶滅危惧種ともいえるプレースタイルだが「日本にいないからこそこのスタイルを目指す」と丸山は強く語る。自分の絶対的な武器であるフィジカルがFリーグだけでなく世界でも通用することを証明してもらいたい。

     そして最後は、今季から創設された若手の育成・強化を目的とするFリーグ選抜の中軸を担う伊藤圭汰だ。伊藤が務めるフィクソというポジションは、サッカーでいうDFと例えられることが多い。しかし伊藤のプレースタイルサッカー日本代表柴崎岳のようにさばけて、運べて、ゴールが奪えるオールラウンダータイプだ。


     すでにU-18フットサル日本代表から着実にステップアップして、すでに日本代表としてもプレーしている伊藤だが、ここまでは楽な道のりはなかった。高校を卒業後、フットサル一本で勝負することを決めて単身で上京してからは、挑戦の連続だった。


     ペスカドーラ町田の下部組織に入団し、トップチームでのプレーチャンスを与えられたが、4試合の出場に終わった。その後、ベトナムクラブチームに助っ人として加入したり、Fリーグ選抜に加入したりと常に厳しい環境に身を置く。それらはすべて「試合を決めっれる選手になって日本代表として活躍する」ため。目標に向かって伊藤の挑戦はまだまだ続く。


     ここにあげた3選手のほかにも、Fリーグには個性豊かなヤングガンズが揃っている。そういった若い選手の活躍に注目するのもスポーツ観戦のおもしろさだ。


    文・川嶋正隆(SAL編集部)

    (C)AbemaTV


    ▶AbemaTVでは第32節第33節の「駒沢セントラル」全試合を生中継でお届けします



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【 《フットサル》一体どのような選手なのか? 日本代表を担うほどの実力を持った「3人の選手」】の続きを読む

    フットサル(Futsal)は、いわゆる室内サッカーである南米の「サロンフットボール」または英国の「インドアサッカー」を起源とする、基本的には室内で行われる、サッカーに似た競技である。長らく非公式に行われ統一ルールが存在しなかったが、1989年にフットサルも国際サッカー連盟(FIFA)の所管となり、
    23キロバイト (2,790 語) - 2018年10月20日 (土) 05:54

     アジアカップを戦うサッカー日本代表は、3戦全勝でグループリーグを首位通過して、2011年大会以来、2大会ぶりの王座奪還へと突き進んでいる。森保ジャパンが立ち上がったのは2018年9月。そこから世界を股に掛けて躍動する若く生きのいい選手を登用しながらチームづくりを進めてきた。


     そんな“新生・日本代表”を象徴するのが、森保一監督の初陣で抜擢された20歳の堂安律、23歳の南野拓実、そして今回はケガで途中離脱となってしまった24歳の中島翔哉の3人。彼らは若さと勢いだけではなく、実力でポジションをつかみ取り、日本の未来を照らす道しるべのように輝きを放っている。


    必要なのは「俺がやってやる!」という信念

     競技は違っても、彼らと同じように輝きを放つ選手がいる。フットサルの最高峰の舞台、Fリーグに所属する立川・府中アスレティックFCの22歳の内田隼太と上村充哉、23歳の丸山将輝。彼ら“アスレ三銃士”は、若さと勢いと、貪欲なまでのファイティングスピリッツを見せながらピッチで躍動している。


     日本サッカー協会最高顧問であり、FリーグCOOを務める小倉純二氏が「経験がモノをいうところも多いので、ベテランに交ざって若手が出場するのは簡単ではない」と説明する通り、敵や味方との距離が近いフットサルでは、サッカー以上に素早く的確な状況判断が必要であり、その後の決断と実行が局面を動かす。


     だからこそ、シーズンを通して活躍する20代前半の選手は多くない。その意味で、実戦の中で経験値を上げながら、チームに欠かせない選手へと成長を遂げる立川・府中の彼らは、Fリーグの未来そのものだ。

     上村は「Fリーグナンバーワンイケメン」と呼ばれるほどの甘いマスクが人気で、前所属の湘南ベルマーレでは、育成組織出身の生え抜き選手として10代の頃から期待を背負ってきた。


     2017シーズンには20歳でキャプテンにも抜擢された。しかし、ケガの影響もあって思うような活躍ができないままシーズンを終え、今シーズンは慣れ親しんだクラブを離れる決断を下した。序盤戦こそ出場時間が限られたが、左利きという長所を生かして、プレーオフ圏内の3位を走るチームにおいて存在感が増している。


     丸山は、屈強な肉体を武器に前線に君臨して、自らのシュートキープで味方を助けるターゲットマン。現在175センチ・75キロの体格はもともと60キロほどだったというが、前線で相手の守備職人と対峙する今のポジションにコンバートされて以来、そこで勝ち残るために体を鍛え上げた。

     ユニフォームパンツがはち切れんばかりの太ももはさながらプロレスラーのようでもあり、“100年に1人の逸材”と呼ばれる棚橋弘至を彷彿させる佇まいからは、年齢以上のオーラが漂っている。クラブの育成組織から這い上がりチャンスをつかみ取った実力とメンタリティを持つ男なのだ。


     そして、3人の中でいち早くブレイクしたのが内田だ。鹿島アントラーズユース出身らしい、卓越したフットボールセンスとどんな相手にも物怖じしない度胸を併せ持ち、2018年にはフル代表にも選ばれた。

     今シーズンから、24歳以下を集めてFリーグに参戦するFリーグ選抜が結成されたが、内田は手を挙げなかった。それは、Fリーグ選抜が“育成”に主眼を置いたものであり、「所属チームで出場機会を得られない選手の経験値を上げる場所」という側面があるためだ。内田もジョーカー的な立ち位置だったが、「今のチームで主力になる」ために決意してクラブにとどまった。そして有言実行ポジションをつかみ取ったのだ。


    「今シーズンは覚悟を決めてやっていますし、自分がチームを救える選手になる。Fリーグ選抜との対戦は楽しみな一方で、絶対に負けられない。そこには意地とプライドがあります」


     内田はシーズン当初にそう話していたが、この思いは3人に共通するものだ。「俺がやってやる!」。それこそが、日本フットサルの未来を照らす“アスレ三銃士”の固い信念に違いない――。


    文・本田好伸(SAL編集部)

    (C)AbemaTV



    (出典 news.nicovideo.jp)

       


    <このニュースへのネットの反応>

    【《フットサル》ベテランと一緒にプレーするのは若手にとって困難だが、踏ん張れるか“若手三銃士”】の続きを読む

    このページのトップヘ