e-ネ!スポーツ撞

野球・パラスポーツ(障がい者スポーツ)・ビリヤード
を主にスポーツ関連した話題や情報を掲載しています

    カテゴリ:★野球 > NPB


    (出典 img.news.goo.ne.jp)

    藤浪 晋太郎(ふじなみ しんたろう、1994年4月12日 - )は、大阪府堺市南区出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。阪神タイガース所属。 小学1年生で「竹城台少年野球部」に入団し野球を初め、堺市立宮山台中学校時代は「大阪泉北ボーイズ」に所属。主に投手を務め、球速は最速142km/hを記録していた
    86キロバイト (12,271 語) - 2020年6月19日 (金) 05:20


       


    1 jinjin ★

    もし藤浪をトレードするとしたら…移籍先として最もマッチするのはどのチーム?


    近年は深刻なコントロール難に苦しみ、今季開幕前には練習への遅刻で二軍降格処分となってしまった阪神の藤浪晋太郎。
    最近は「トレードで環境を変えるべき」との声もよく聞かれるようになった。

    そこで、「もし藤浪がトレードされるとしたら、どこの球団がマッチするのか」を具体的に考察してみた。


    ▼西武
    交換要員
    愛斗(外野手/23歳)+永江恭平(内野手/27歳)

    西武は藤浪本人にとっても阪神にとっても理想的なトレード相手と言っていいだろう。藤浪の出身校である大阪桐蔭高出身の選手が多く、
    特に正捕手の森友哉は2012年に甲子園春夏連覇を達成した時にバッテリーを組んだ間柄。環境を変えて心機一転、巻き返しを図るには理想的な環境と言っていい。

    阪神もこのトレードで外野の世代交代と二遊間守備の向上という2つの課題解決につながる選手を獲得できる。愛斗は昨季、イースタン・リーグでの51試合で打率.302、8本塁打、OPS.850の好成績を残した強打が魅力。
    阪神が求めてやまない大砲候補の選手である。西武では他にも鈴木将平、高木渉ら有望株外野手がいることから、絶対に放出できないというわけでないだろう。
    永江は打撃こそサッパリだが、堅実な遊撃守備が大きな魅力。レギュラーは無理でも、試合終盤の守備固めとして十分チームに貢献できる。


    ▼日本ハム
    交換要員
    横尾俊建(内野手/27歳)+淺間大基(外野手/24歳)

    日本ハムは巨人でスター候補と期待されながらくすぶっていた大田泰示をトレードで獲得してブレイクさせた前例がある。
    有原航平と上沢直之に次ぐ先発投手がやや心許ない点も、藤浪を補強する理由になるだろう。

    交換要員候補としてまず挙がるのは横尾。和製大砲として期待されてきたが、一軍で確固たる地位を確立しきれないまま年下の野村佑希に先を越されようとしている。
    それでも広い甲子園をものともしないパワーは魅力で、三塁・一塁・二塁・レフトをこなせる器用さもある。ファームでコンスタントに打率3割を残す確実性とパワーを兼ね備えている淺間も、打線の強化につながるだろう。
    藤浪1人でこの2人を獲得するのは難しい可能性もあり、その場合は阪神側がもう1人追加する形ならまとまるのではないか。


    ▼DeNA
    交換要員
    桑原将志(外野手/27歳)

    同一リーグ間のトレードは避けられがちなので実際に実現する可能性は低いが、これも双方にとって理に適った取引だろう。
    17年に全143試合でリードオフを務めた桑原だが、過去2年は神里和毅らの台頭もあって出番が激減。藤浪と同じようにチーム内での立場を失いつつある。

    それでも、17年にゴールデン・グラブを受賞した守備力は広い甲子園を本拠とする阪神にとって大きな魅力のはず。
    また、近本光司、糸井嘉男、福留孝介、高山俊と左打者が多い外野陣で右打ちの桑原はアクセントにもなる。


    日本ではトレードはネガティブな印象が持たれがちだが、藤浪ほどの投手がくすぶったままで終わってしまうとすれば、球界全体にとっても大きな損失だ。
    もちろん阪神で復活するに越したことはないだろうが、新天地で心機一転することが、再ブレイクの契機になるかもしれない。

    トレードは本来、お互いのチームに足りないところを埋めるためのもの。阪神は打線や守備に課題を抱える一方で、先発投手のコマは比較的揃っている。
    球団にとっても藤浪にとっても、トレードという選択肢はウィン・ウィンな選択かもしれない。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/36b1a45aee9ec5d6656f267b19fe65e6f9c1933d


    【【阪神】コロナ感染から波乱万丈の"藤浪晋太郎"さんをトレードするとしたら…どのチームが最適?】の続きを読む

    no title

    投球時の下半身の使い方や、フィールディングに対する評価も高い。 名前の「由伸」については、「誕生年(1998年)に読売ジャイアンツ(巨人)へ入団した高橋由伸にちなんで、巨人ファンの実父が名付けた」と報じられたが、山本自身はその説を否定しており、実際には実母の名前から「」、実父の名前から「」の字を取る格好で、祖母が命名したという。
    31キロバイト (3,982 語) - 2020年6月26日 (金) 10:46




    1 砂漠のマスカレード ★

    「ピッチングニンジャ」ことロブ・フリードマン氏がSNSで動画つきで紹介

     21日の楽天戦(京セラドーム)で今季初先発、8回3安打無失点10奪三振と圧巻の投球を披露したオリックスの山本由伸投手。そんな山本が、遠く海を隔てた米国で脚光を浴びている。

    「ピッチングニンジャ」の愛称で知られ、現役メジャーリーガーや米メディアからも多数フォローされている名物セレブのロブ・フリードマン氏が、「ヨシノブ・ヤマモト、うんざりする(ほどすごい)カーブボール」と自身のツイッターで動画とともに右腕を紹介。「ヨシノブ・ヤマモトはそのうちMLBにくるだろう。彼はまだ21歳だ。才能は素晴らしく、確かなファストボールの球速を持っている」と伝えた。

     この投稿に、ファンからは「こんなの公平じゃないね」「なんてカーブだ!」「最後の打者は少なくとも2フィート(約61センチ)は離れたところを振っているね」「興味深い握りだな」「なんて才能だ。しかもまだ若い。注目すべき選手」「スイングしたとき、バットはボールと同じ市外局番エリアにすらいなかった」「ドジャースの投手ヒデオ・ノモを思い出したよ」と絶賛の声が殺到。メッツのマーカス・ストローマン投手もこの映像にツイッター上で反応するなど、現役メジャーリーガーも注目を寄せている。

     リリースポイントに注目した別のスロー映像では、「MLBにこの握りで投げている選手はいる?」との質問に「私が知る限りではいない」とフリードマン氏。日本では「宜野座カーブ」として知られるこの変化球も、米国ファンには初めて見るもののようで、「ヨーヨーを投げているみたいだな」「MLBの球団はヤマモトと契約すべきだ。彼は本当に嫌気が差すほどすごい」「観ているだけで肘が痛くなってくる」「観ているだけで手首が痛くなってくる」「いまリビングで(この投げ方を)試してみているよ」「Twitterが私を立ち上がらせて、ボールを取りに行かせたのはこれが初めてだ」と“未知の変化球”も合わせて注目が高まっている。https://news.yahoo.co.jp/articles/ef0c9e3b496b6188a6550989acfe794f74996e02


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    https://npb.jp/bis/players/53355134.html
    成績



    (出典 Youtube)
    &t=8s


    【【オリックス】新フォームで最多勝を狙う"山本由伸" その未知の変化球に米球界が大注目!】の続きを読む

    no title

    井上 広大(いのうえ こうた、2001年8月12日 - )は、大阪府大東市出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。阪神タイガース所属。 大東市立南郷小学校2年で「ANTブルージェイズ」に入団しソフトボールを始め、大東市立南郷中学校時代から野球に転向し「東大阪シニア」でプレー。主に捕手を務めていた。
    7キロバイト (795 語) - 2020年6月26日 (金) 08:38




    1 ニーニーφ ★

    <ウエスタン・リーグ:ソフトバンク2-1阪神>◇26日◇タマスタ筑後

    阪神ドラフト2位の井上広大外野手は千賀の前に2三振に終わった。

    第1打席は1死一塁の場面で、代名詞「お化けフォーク」に空振り三振。2打席目はカウント1-2から155キロ直球に手が出ず、見逃し三振に終わった。
    平田2軍監督は「良いピッチャーと対戦できると楽しみにしていた。三振してもいいと言うけれど、見逃し三振がだめ。やっぱり振っていかなきゃ」と成長を促した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3d6dc57be0ee9ee4c4559fa2504ffcff57099634
    引用元:日刊スポーツ


    【【阪神】甲子園で4番デビューをした"井上広大"に平田2軍監督が「喝!」】の続きを読む

    no title

    読売ジャイアンツ(よみうりジャイアンツ、Yomiuri Giants、読売巨人軍、よみうりきょじんぐん)は、日本のプロ野球球団である。セントラル・リーグに所属する。日本野球機構 (NPB) 傘下球団において最初に設立した球団である(日本初プロ球団は日本運動協会)。現在の監督は原辰徳(第19代)、キャプテンは坂本勇人(第19代)。
    239キロバイト (36,734 語) - 2020年6月26日 (金) 02:19




    1 砂漠のマスカレード ★

    巨人は24日、25日に発売される「週刊新潮」(2020年7月2日号)に「『原』監督 常軌を逸した『賭けゴルフ』」とする記事が掲載されることが分かったため、事実関係を調査したところ、告発者とされる男性の虚言を中心に、荒唐無稽な事実無根の内容で構成されていることから、同日夕方に株式会社新潮社と週刊新潮編集部に対し、代理人弁護士を通じて厳重に抗議するとともに、本件記事の取り消し及び謝罪文の掲載を要求したことを発表した。


    以下は原文のまま


    週刊新潮の報道に対する抗議書の送付について

    6月25日に発売される「週刊新潮」(2020年7月2日号)に「『原』監督 常軌を逸した『賭けゴルフ』」とする記事が掲載されることが分かったため、当球団が事実関係を調査したところ、本件記事は、告発者とされる男性の虚言を中心に、荒唐無稽な事実無根の内容で構成されていることから、当球団は本日24日夕、株式会社新潮社と週刊新潮編集部に対し、代理人弁護士を通じて厳重に抗議するとともに、本件記事の取り消し及び謝罪文の掲載を要求しましたので、お知らせします。

    本件記事は、「十数年前から一緒にラウンドしてきた50代の男性」(以下「当該男性」といいます)の証言を根拠に、原監督が高額の賭けゴルフを繰り返してきたと指摘していますが、そのような事実は一切ありません。そもそも本件記事に掲載されている原監督と当該男性のツーショットの写真は、2007年12月に撮影されたものですが、その後、当該男性はゴルフ仲間と音信不通になっており、当然、原監督もこの10年以上、当該人物に会ったことすらありません。本件記事は、このような当該男性の

    証言のみに依拠し、これを否定する当球団の回答を一方的に無視しており、裏付け取材を一切行っていない悪意に満ちた記事と言わざるを得ません。

    また、本件記事では、「常習賭博『笠原事件』の土壌を作ったのは親分『原辰徳』」

    などの見出しを掲載し、原監督が賭けゴルフを繰り返していたことを前提として、「ギャンブルに寛容なチームの風土をすすんで醸成してしまった」などと記述していますが、野球賭博事件は、逮捕された当球団の元選手がチームメイトを野球賭博に誘い込んだことが東京地裁の判決でも認定されており、それを原監督と強引に結びつける見出しは、原監督の名誉を著しく毀損するものです。

    当球団は昨日23日、週刊新潮編集部に対して「原辰徳監督が知人と高額な賭けゴルフをした事実は一切ありません」と回答した際、悪意ある虚言に基づく記事を掲載しないように警告しましたが、それにもかかわらず、週刊新潮編集部が本件記事の掲載を強行したことは甚だ遺憾で、速やかに本件記事を取り消し、謝罪文を掲載するよう求めた次第です。

    https://www.nikkansports.com/baseball/news/202006240000883.html
    [2020年6月24日20時30分]


    【【巨人】「原監督の賭けゴルフ」を同伴者が証言するなか、否定し新潮社に抗議!】の続きを読む

    no title

    阪急阪神東宝グループ > 阪急阪神ホールディングス > 阪神電気鉄道 > 阪神タイガース 阪神タイガース(はんしんタイガース、英語: Hanshin Tigers)は、日本のプロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。本拠地は兵庫県西宮市にある阪神甲子園球場。日本に現存するプロ野球12球団の中では読
    204キロバイト (30,955 語) - 2020年6月13日 (土) 07:29




    1 ニーニーφ ★

     「ヤクルト3-1阪神」(25日、神宮球場)

     もう、あと1人やったんよ…。阪神は1点リードの九回2死一、二塁から、藤川球児投手(39)が痛恨の逆転サヨナラ3ランを浴び、2カード連続の負け越しとなった。
    絶対的守護神が4年ぶりの一発を浴びたこの日は、くしくも1959年に村山実が巨人・長嶋茂雄に天覧試合でサヨナラ弾を浴びた因縁の一日だ。
    開幕2カードで1勝5敗は98年以来、22年ぶりの屈辱。もうあの時代には戻りたないんや!!

     その瞬間、思わずマウンドでうずくまった。本塁付近で沸きに沸くヤクルトナインを横目に、三塁側ファウルラインをまたいだ藤川はベンチに戻らず、独りクラブハウスへ続く通路へと消えた。

     まさかの大暗転だった。先発・秋山の力投に、七回の大ピンチをしのいだ岩崎の熱投もあった。必死につないできたゼロのバトン。あとは九回を守護神・球児が締め、鉄壁の完封勝利を待つだけだった。

     勝利まであと1人の2死一、二塁。代打・西浦に渾身(こんしん)の高め直球を完璧に捉えられた。夜空に舞い上がった打球が無人の左翼席で衝撃音とともに弾む。
    悪夢の逆転サヨナラ3ラン。自身4年ぶり通算5本目、ヤクルト戦では初となる“サヨナラ悲弾”に、「チーム全体でゲームをつくって、あと1アウトのところまでいって…勝ちたかった」と唇をかみしめた。

     61年前の同じ6月25日に起こった悪夢の再現となってしまった。プロ野球史上唯一の天覧試合で行われた後楽園での巨人戦。ルーキー・村山実が同点の九回、長嶋にサヨナラ弾を浴びたのが1959年のこの日だった。

     痛すぎる敗戦により、矢野阪神は開幕6試合で1勝5敗。最下位に終わった98年以来、22年ぶりで、開幕2カード連続負け越しも7年ぶりの屈辱だ。

     「もちろん、あのまま最後は球児に任せるというところで、この負けは仕方がない。打線が点を取れないというのが苦しいよな」。
    三回から五回まで毎回先頭打者を出しながら、1点も奪えなかった。この日も梅野のソロ本塁打1点のみで、6試合でわずか10得点の貧打に指揮官はため息を漏らす。

     今日からは昨季16勝8敗1分けと大きく勝ち越したDeNAが相手だ。球児が「悔しいし、絶対にやり返します」と必死に前を向けば、指揮官も「始まったばっかり。何とか流れを変えにいきます」と力強く言い切った。

     まさかの“死のロード”発進となってしまった矢野阪神。「逆境の時こそ楽しく」のチームモットーを体現し、逆襲への道を歩むしかない。
    https://www.daily.co.jp/tigers/2020/06/26/0013456422.shtml


    【【阪神】開幕6戦で1勝5敗は98年以来の屈辱 反撃への絶対条件とは・・・】の続きを読む


    (出典 pbs.twimg.com)

    堂林 翔太(どうばやし しょうた、1991年8月17日 - )は、愛知県豊田市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。広島東洋カープ所属。血液型はA型。妻は元TBSアナウンサーで現フリーアナウンサーの枡田絵理奈。 小学校2年時に「豊田リトル」で野球を始める。
    29キロバイト (3,698 語) - 2020年6月3日 (水) 08:19


       


    1 砂漠のマスカレード ★

    元TBSの枡田絵理奈アナウンサー(34)が16日、自身のインスタグラムを更新し、家に届いた夫で広島・堂林翔太内野手(28)のスイカ柄のグローブを紹介した。

    枡田アナは「ステイホーム期間に、家族でアイディアを出し合ってデザインして、パパが塗り絵をしたスイカ柄のグローブが、なんと実物になって我が家にきました こどもたち大喜びでした」と紹介。

     グローブの内側がスイカの果肉の赤、外側が皮の部分のグリーンと黒で彩られた斬新な色彩で、「これからの季節にぴったりなグローブです」とつづられており、試合の時の堂林のグローブにも注目だ。

    6/16(火) 19:53
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f52f124fc6b83dcd78f72b30afd90f3c7b80f5d0


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【広島】グローブに料理! 夫の”堂林翔太”選手を家族が激励wwwww】の続きを読む


    (出典 www.asahicom.jp)

    清原 和博(きよはら かずひろ、1967年8月18日 - )は、大阪府岸和田市出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)、野球評論家、タレント。甲子園通算最多本塁打数記録保持者(13本)。NPBサヨナラ安打(20本)、サヨナラ本塁打(12本)、オールスター戦通算打点(36点)の最多記録保持者。
    145キロバイト (23,314 語) - 2020年6月16日 (火) 00:11


       
    【動画

    1 砂漠のマスカレード ★

    2016年に覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けた清原和博氏(52)は15日、執行猶予が満了したことを報告した。この日刊行された清原氏の著書「薬物依存症」を出版した株式会社文藝春秋が、マスコミ各社に宛てたFAXで清原氏のコメントを公表した。

     清原氏は「私、清原和博は本日6月15日をもちまして、覚せい剤取締法違反に対する、懲役2年6カ月、執行猶予4年を満了することとなりました」と報告した。「私を支えてくださっていた野球ファンの皆様、野球関係者の皆様、報道関係者の皆様、私に個人的に関わっていただいた皆様に、多大なるご心配をおかけしましたことを、あらめてお詫び申しあげます」と謝意を述べた。

     さらに「逮捕されてからこの4年間で私自身がどのように変われたのか、実感や自信を持てずにいるというのが正直なところです」と近況を報告。「ただ、自分の行為を悔いる日々の中で、これまで私がいかに多くの人の力によって生かされていたのかという事実に気づきました。薬物依存症の治療を進める中で、薬物の恐ろしさ、この病気の実態を知り、人と繋がっていくこと、人に助けてもらうことの大切さを知りました。生きがいを見つけようとする中で、清原和博という人間がいかに野球によって救われてきたかということを再認識しました」と胸中を明かした。

     そして「薬物との戦いに終わりはありませんが、私はこれからの人生を薬物依存症で苦しむ人たちと、野球界、とくに私自身の原点でもあります高校野球に捧げたいと考えております」と誓った。

     また、清原氏は「不安、絶望、微かな希望。これが今の僕の全てです 清原和博」と直筆メッセージも寄せた。

    6/15(月) 14:12 Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200615-00000155-spnannex-base


    【【野球】執行猶予満了を報告した"清原和博氏"がダウンタウンと坂上に「申し訳ない」】の続きを読む

    no title

    ランディ・ウイリアム・バス(Randy William Bass, 1954年3月13日 - )は、アメリカ合衆国オクラホマ州ロートン生まれの元プロ野球選手(内野手)、政治家。 1983年から1988年までNPBの阪神タイガースでプレー。登録名「バース」。6シーズンに渡る在籍は、ウィリー・カークラン
    47キロバイト (6,483 語) - 2020年6月6日 (土) 20:19




    1 朝一から閉店までφ ★

    スポーツ 2020年06月16日 07時00分

     1983年から1988年にかけて阪神でプレーし、2年連続三冠王に輝くなど大活躍した助っ人打者のランディ・バース。そのバースについての逸話が、14日放送の『SPORTSウォッチャー』(テレビ東京系)で取り上げられ話題となっている。

     番組で取り上げられたのは、バースの本名は「バス」だが事情により登録名が「バース」に変更されたという逸話。番組によると、改名の理由は球団親会社の阪神電鉄がバス事業を手掛けていたこと。バースの成績に応じ「阪神バス大ブレーキ」、「阪神バス大爆発」といったイメージを損なうような見出しが使われる可能性があると、複数のスポーツ紙記者が指摘したことが改名につながったという。

     今回の放送を受け、ネット上にも「バースって本名じゃないのか、当時まだ生まれてないから知らなかった」、「確かにバス爆発とか出されたら一般の人は大事件が起こったって勘違いするよな」といった反応が寄せられていたバースの逸話。過去を振り返ると、バースと同じく本名とは異なる名前を登録名とした選手は他にもいる。

     阪急・オリックス(1983-1991)、ダイエー(1992)で活躍したブーマーは、本名が「グレゴリー・デウェイン・ウェルズ」で、どこにもブーマーという名前は入っていない。なぜ登録名がブーマーになったかというと、ブーマーは阪急入団前年までMLB・マイナーでプレーし、マイナーで本塁打を連発し“ブームを呼ぶ男”という意味で「ブーマー」というあだ名で呼ばれていたからだと、当時報じられた。ブーマーはNPB10年間で「.317・277本塁打・901打点・1413安打」とあだ名通りともいえる成績を残した。

     中日(2000)でプレーしたディンゴも、本名は「デビッド・ウェイン・ニルソン」と全く違う名前。これは当時の球団幹部がスポーツ紙に「ニル損」と書かれることを回避するため、ディンゴの母国・オーストラリアに生息するイヌ科の動物「ディンゴ」にちなんで登録名にしたといわれている。ただ、ディンゴは18試合で1本塁打と不振にあえぎ同年8月に退団したため、この珍しい登録名も1年で消滅している。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://npn.co.jp/article/detail/200004996


    【【野球】最後は本塁打で幕を閉じた"ランディ・バース"の本名が明かされ話題に!】の続きを読む

    no title

    高津 臣吾(たかつ しんご、1968年11月25日 - )は、広島県広島市南区段原中町出身の元プロ野球選手(投手)・監督・野球解説者・評論家。2020年シーズンから東京ヤクルトスワローズの第22代一軍監督を務める。 主に抑え投手として、日本プロ野球(以下:NPB)・メジャーリーグベースボール(以下:
    35キロバイト (4,035 語) - 2020年6月14日 (日) 15:32




    1 ニーニーφ ★

     「練習試合、ヤクルト2-9楽天」(14日、神宮球場)

     ヤクルトの高津臣吾監督(51)が、静かに現在のチーム状況を受け止めた。

     開幕前に用意された、2週間の練習試合がこの日で終了。昨季の最下位からの巻き返しを狙うヤクルトは、2勝7敗2分けで勝率・222。
    12球団通じての最下位に沈んだ。この結果を受けて、指揮官は「今日の試合を見ても、質も量も全て劣っている。
    チームは今、成長していこうと頑張っている過程ではあるけれど、開幕すればそんな甘いことは言ってられない」と話した。

     投手再建をテーマに始まった高津新体制1年目。それでもこの日は先発した小川が、2回2/3を6失点と不安を残した。
    ベンチから見つめた高津監督は「2月3月のオープン戦は状態がよかったんだけどね」と切り出し、「今はスピードもコントロールもよくない。攻める気持ちが少なくなっている」と修正を願った。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/582438b9315da5c7c30f761411a098e3b993f891
    引用元:デイリースポーツ


    【【ヤクルト】「奥川、ヤバイ勝てる」と思ってる"高津監督"だが練習試合で危機感が増している!】の続きを読む


    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)

    佐々木 朗希(ささき ろうき、2001年11月3日 - )は、岩手県陸前高田市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。高校生の日本歴代最速となる163km/hを計測した。 2010年、陸前高田市立高田小学校3年生の時、地元チーム「高田スポーツ少年団」で野球を始める。2011年
    21キロバイト (2,730 語) - 2020年6月17日 (水) 15:16


       
    【動画

    1 ARANCIO-NERO ★

     ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)が16日、異例の“開幕1軍”に決定した。

     この日、巨人との練習試合終了後、井口監督が「1軍に帯同してトレーニングを続けてきたのでこのまま帯同します」と17日以降も1軍帯同を明言。
    チームは17日に開幕戦を迎える福岡に移動するため、19日の開幕戦、さらには30日から始まる楽天との6連戦でも帯同を予定。5月26日のプロ
    入り後初シート打撃から疲労が回復せず、ノースロー調整を行っているが、シーズン開幕後も異例での1軍帯同となった。

     さらにはこの試合ベンチ入りした17人の野手について「17人は減らす予定はない。このままいきます」と開幕1軍を明言。その中にはドラフト2位の
    佐藤、同じく5位の福田光、1日に支配下登録された和田、3年目の安田、新加入の鳥谷がベンチ入りしており、朗希と同様、開幕1軍が決定した。


    報知
    https://hochi.news/articles/20200616-OHT1T50210.html


    【【ロッテ】異例の開幕1軍が決定した"佐々木朗希"に異例の収録が決定!】の続きを読む

    このページのトップヘ