e-ネ!スポーツ撞

野球・パラスポーツ(障がい者スポーツ)・ビリヤード
を専門に関連した話題や情報を掲載しています

    カテゴリ:★野球 > 高校野球


    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)

    阪神甲子園球場(はんしんこうしえんきゅうじょう)は、兵庫県西宮市甲子園町にある野球場。通称「甲子園球場」または「甲子園」(以下、原則として甲子園球場に統一)。阪神電気鉄道が所有している。 西宮市に全国中等学校優勝野球大会の開催を主目的として建設された、日本で最初に誕生した大規模多目的野球場
    186キロバイト (28,376 語) - 2019年11月5日 (火) 09:07


       


    1 Egg ★

    日本の夏の風物詩となっている全国高等学校野球選手権大会、「甲子園」は、日本の高校野球の象徴として存在している。しかし近年、この酷暑の中で行われる夏の甲子園や、一つのトーナメントにすべてが集約される大会の在り方、高校生の大会としてはあまりに大きくなりすぎている春夏の甲子園の現状を憂慮する声も聞かれるようになった。

    作家・スポーツライターの小林信也氏は、「甲子園」をいたずらに聖地としてとらえ、議論の余地のないアンタッチャブルな存在にしていることがすべての元凶だという。


    根本的な改革が求められる日本の高校野球

    高校野球そのものが「ブラック部活だ」という議論は、ほとんど聞いたことがない。

    なぜ、そういう指摘がないのか? それは多くの日本国民が、「高校野球が好き」だからだろう。高校野球と言うより、「甲子園が」と言った方がより当たっているかもしれない。

    その陰で高校球児たちが多くの虐待的な現実を受け容れ、耐えているかは、直視されない。その虐待さえ、高校野球の魅力、成長に必要な糧と認識され、美化され続けている。すべては「夏の甲子園」の感動のために。

    大人たちのセンチメンタルが、生身の高校球児の苦悩を棚上げしている。このような悲惨な現実をもう断ち切り、変えなければいけない。

    高校野球が「ブラックだ」という現実は容易にいくつも挙げられる。体罰やイジメが「ある、ない」の次元ではない。「自主性を重んじる」と口では言っても、「自主的に」選択しなければいけない重い空気が高校野球部には漂っている。

    丸刈りがそう、長時間の練習がそう、休日の自主練習がそう、監督に「服従」の常識もそう。

    高校球児は、監督や、高校野球の常識に支配され、自由を束縛されている。

    丸刈りは「強制ではない」という野球部は多いが、実際に髪を伸ばす部員がいたら、波紋を広げるだろう。私自身、シニア(中学硬式野球)の監督をしていた時、「髪型は自由」と徹底していたが、多くの選手は丸刈りだった。大会に行くと、髪の長い選手は連盟からお叱りを受けた。チームの方針より連盟の方針が優先するという常識がまかり通っていた。

    「丸刈りが嫌だから、高校では野球をやらない」と言う中学生は少なくなかった。そんなことで野球をやめる少年がいる、その愚かさ。野球人口の喪失と、そんな理由で好きな野球から遠ざかる少年の微妙な葛藤を高校球界は放置し続けている。

    新潟の高校が「長髪を推奨」というニュースが全国的な話題となった。こんなことがニュースになること自体、異常ではないかと思うが、異常と思う反応がほとんどなかったことに私は仰天する。

    このような高校野球を大胆に改革し、健全な高校野球を実現しなければならない、と私は呼びかけている。そのための細かな提案はいくつもあるが、もはやそんな枝葉末節を変えても高校野球の病巣は改善できない。

    11/4(月) 13:40 リアルスポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00010001-realspo-base

    写真
    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【野球】高校野球と甲子園を取り巻く問題に色々な意見が増えてきた!?】の続きを読む


    (出典 net.keizaikai.co.jp)

    玉木 雄一郎(たまき ゆういちろう、1969年5月1日 - )は、日本の政治家、大蔵・財務官僚。国民民主党所属の衆議院議員(4期)、国民民主党代表(第2代)。YouTuber。民主党香川県連代表・副幹事長・政策調査会副会長、民進党幹事長代理、希望の党共同代表(初代)、希望の党代表(第2代)、国民党代表、国民民主党共同代表(初代)を歴任。
    29キロバイト (3,682 語) - 2019年10月30日 (水) 08:25


       


    1 Egg ★

    国民民主党の玉木雄一郎代表は30日の記者会見で、夏の全国高校野球選手権大会に関し、「そろそろ甲子園での開催を見直すべきときに来たのではないか」と述べ、暑さ対策の観点から、見直しが必要との考えを示した。

     
     玉木氏は「夏の暑いときに各地域の代表者が争うことに私自身感動を覚えるが、アスリートファーストで考えれば、あれしかないのかを考えた方が良い」と指摘。2020年東京五輪マラソン、競歩の札幌開催案に関しては「健康やけがのリスクを考えると、札幌開催は一つの選択肢だ」と理解を示した。 

    10/30(水) 16:54配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191030-00000077-jij-pol


    【【高校野球】高野連が暑さ対策に助成金を出した中、国民の”玉木氏”が「甲子園での開催を見直すべき」と提言!】の続きを読む


    (出典 buzzcreateofficial.com)

    奥川 恭伸(おくがわ やすのぶ、2001年4月16日-)は、石川県かほく市出身の高校野球選手(2019年9月現在)。星稜高等学校3年在学。U18代表選手。 野球を始めたのは小学校2年生のころからで、中学校の頃には軟式で全国制覇を成し遂げる。その後、星稜高校に進み、1年の春から試合のベンチに入り、そ
    6キロバイト (621 語) - 2019年10月18日 (金) 12:58


       


    1 ひかり ★

     プロ野球の新人選択(ドラフト)会議で、ヤクルトから1位指名を受けた石川・星稜高の奥川恭伸が18日、同校で、担当スカウトらから指名のあいさつを受けた。
    高津臣吾監督が直筆で「神宮で待っています」と記した当たりくじを手渡され、「徐々に実感がわいてきた」と語った。ただ、前日と変わらず、笑顔が少ない。

     3球団から1位指名を受けた17日夕のドラフト会議。中継を見守っていた奥川は、硬い表情だった。抽選の末にヤクルトが交渉権を引き当てても、笑顔はなかった。
    準優勝した今夏の甲子園では「必笑」をテーマに掲げ、ピンチでも笑顔を絶やさずに切り抜けてきたのに、なぜだったのか――。

     ドラフト会議の1巡目の指名は、ペナントレースの下位球団から順に、選択希望選手の名前が読み上げられる。今年は、セ・リーグ最下位のヤクルトが最初。
    いきなり自分の名前が挙がり、阪神、巨人でも名前が読み上げられた。気持ちを落ち着ける間もなく、思いのほか一気に、抽選まで進んでしまったからだという。

     抽選が終わった後も、すぐに笑顔になれなかった。それがまた、周囲のあらぬ臆測を呼んだ。ただ、それは、ヤクルトが意中の球団だったかどうかが理由ではない。
    「『あっ、始まった』と思ったときに、もう名前を呼ばれてしまったので……。そこからずっと不思議な感じでした」と振り返った。

     彼はまだ10代の高校生。プロという未知の世界からこうもすんなり声がかかり、ちょっと逡巡してしまったのかもしれない。

     奥川は思慮深く謙虚だ。ドラフト会議後の取材で、プロで活躍するためのアピールポイントをたずねられたとき。150キロ超の球威も抜群の制球力もあるのに、
    「武器はないので……」とか細い声で答えていたのが印象深い。自分がまだ、プロのレベルを知らないことを自覚しているのだろう。

     「ここからが本当の勝負。気持ちを引き締めていきたい」と奥川。それが一番の本音であると、表情が物語っている。(小俣勇貴)

    朝日新聞社

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191018-00000103-asahi-spo
    ヤクルトの伊東昭光編成部長(右)と阿部健太担当スカウト(左)から指名のあいさつを受ける奥川恭伸

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【高校野球】甲子園の戦いで足がつった”奥川恭伸” ヤクルト1位指名に顔がつる!?】の続きを読む



    1 ひかり ★

    ◆2019年 プロ野球ドラフト会議supported by リポビタンD(17日・グランドプリンスホテル新高輪)

     和歌山東の最速148キロ右腕・落合秀市投手(18)は残念ながら指名漏れとなった。和歌山市内の同校でドラフトの行方を見守ったが、希望していた支配下での指名は
    かなわなかった。取材に応じた米原寿秀監督(44)は「野球を辞めて就職します」と明かし「あっさりした子なので『もういいです』と言っていました。
    ちょっとすねていましたけど、大化けするかダメになるか、環境で変わる子なので、結果的に彼にとってはこれが良かったのかもしれません」と高校に入ってから
    急成長を遂げた教え子を思いやった。

     中学時代に所属したチームではレギュラーではなく、高校で野球部に入ったのも「説明会に行って(野球を)やってみようかな」という軽い気持ちからだった。
    しかし指揮官らから熱心な指導を受け、才能が開花。最後の夏にはドラフト上位候補まで成長し、今年の和歌山大会1回戦には日米合わせて10球団のスカウトが
    視察に訪れるなど、注目を集めていた。

     米原監督によると、支配下での指名があった場合には入団する意思を示していたというが「育成からはい上がる根性はない」という理由で、育成での入団は
    考えていなかったという。会場にはテレビカメラ4台を含む約20人の報道陣が詰めかけたが、吉報を伝えることはできなかった。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191017-00000185-sph-base
    校長室でドラフト会議を見守った和歌山東の(左から)落合と米原監督

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【高校野球】指名漏れの紀州の豪腕と呼ばれた”落合秀市”は「あっさりとした性格」で・・・】の続きを読む


    (出典 www.zakzak.co.jp)

    佐々木 朗希(ささき ろうき、2001年11月3日 - )は、岩手県陸前高田市出身の高校野球選手。奥川恭伸、西純矢、及川雅貴とともに『高校BIG4』と呼ばれている。 2019年4月に「高校日本代表候補による研修合宿の紅白戦」が行われ、球速が時速163キロを記録したが、これは、大谷翔平が花巻東高校の頃
    11キロバイト (1,387 語) - 2019年10月15日 (火) 20:51


       
    【動画】

    1 砂漠のマスカレード ★

    プロ野球ドラフト会議が10月17日に行われる。今年の2大注目は最速163キロの右腕・大船渡(岩手)の佐々木朗希や、夏の甲子園準優勝右腕・星稜(石川)の奥川恭伸。
    両投手には複数球団の指名が予想される。彼らは果たしてプロで活躍できるのか。球界のご意見番、張本勲氏(79)に聞いた。

    「佐々木君や奥川君を欲しくない球団はないでしょう。みんな欲しいと思いますよ。今は昔と違って、あのチームがいいとか、このチームはイヤだとか言えないし、そういうことを言うべきでもないからね。
    ポスティングやFAもあるし、どこのチームでもいいから、自分がプロでしっかりとした成績を上げることです」

    ――佐々木投手はプロで活躍できるでしょうか?

    「速球が早いじゃないの。十分に通用しますよ。速い球を投げる、球を遠くに飛ばす、足が速いなどというのは“天賦の才”だから。体も強靭だし、バネもあるから、いいと思います。
    今は分業システムで6、7回までしか投げないけど、私としてはローテーションに入って先発、完投、完封してほしい。100年に1人の投手としての素質は持っているから楽しみですよ」

    張本氏はこれまで佐々木投手に対して苦言を呈し続けてきた。発端は、甲子園まであと1勝と迫った岩手県予選の決勝で、監督の指示で登板を回避したことだった。
    当時、「週刊文春デジタル」の取材に張本氏は「本人のためにも投げさせきゃだめ。ケガはスポーツ選手の宿命」と 主張した 。
    こうした張本氏の発言に、大リーグで活躍するダルビッシュ有投手(カブス)が反論。それにまた張本氏が 再反論 をするなど、
    高校野球での投手の酷使問題、投球数をめぐる肉体管理について議論が巻き起こった。

    金田さんも「お前の言う通りや。投げさせなきゃだめだ」
    「先日亡くなった金田正一さんから、当時電話をいただいて、『お前の言う通りや。投げさせなきゃだめだ。賛否両論じゃないよ。99%だ』とおっしゃった。
    日本一のピッチャーが同じことを考えてくれてると思って、やっぱり心強いなと。故障やケガを考えたら、投手はやれません。ケガはスポーツ選手の宿命だから。

    あの(議論の)後で、甲子園で奥川君が投げる姿を見て、星稜ナインたちは歯を食いしばって涙ぐんでいた。同じように佐々木君にも緊迫した大きな試合を経験させてあげたかったわな。
    彼は震災で家族を亡くして悲しい教訓を抱えている。そんな彼を檜舞台に出してやらなきゃ、胸が痛いよ」

    ――佐々木投手がプロで長く活躍するために必要なことは?

    「佐々木君は左足を高く上げる独特の投球フォームですけど、プロでは球数を多く投げるから、あのフォームでは疲労が蓄積しやすい。
    1年間先発ローテーションを守るなら、スタミナを考えて、高く上げる足を少し低くしたほうがいい。あとは、大谷翔平(エンゼルス)の5年じゃ短いけど、7年や8年はしっかり日本流に耐えてやってもらいたいわな。
    将来、メジャーへ行くにしても、東洋人と欧米人は体力が違うから。日本人は走って下半身を鍛えなきゃ。
    それで金田正一さん(400勝)や米田哲也さん(350勝)、稲尾和久さん(276勝)みたいな大投手が生まれるんだから」

    一方、張本氏は「佐々木君よりも奥川君のほうが早く即戦力になるかも知れない」と解説する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191014-00014710-bunshun-spo
    10/14(月) 5:30配信


    【【野球】ロッテからドラ1公言された”佐々木朗希”を張本氏が語るwww】の続きを読む


    (出典 livedoor.blogimg.jp)

       


    1 鉄チーズ烏 ★

     横浜高校(横浜市金沢区)の野球部で、責任教師の金子雅部長(42)が部員に対し暴言や暴力を繰り返しているとして、問題視する声が現役部員から上がっていることが25日分かった。平田徹監督(36)がこうした暴言を黙認し、自身も暴力を振るっていたという指摘もある。神奈川新聞の取材に複数の部員が証言した。学校側は「事実なのか調べなければいけない」としている。

     現役部員によると、金子部長が日常的に「死ね」「殺すぞ」「やめちまえ」「クビだ」といった暴言を頻発しているのを、多くの部員が見聞きしているという。また複数の部員が「金子部長が、平手で部員の胸の辺りを突き飛ばしているのを見たことがある」と話した。

     平田監督はこうした暴言や暴力を横で見聞きしていても黙認しているという。

     また別の部員は、今年8月中旬、平田監督が練習中に、約40人の全部員をグラウンドに集め、練習でミスを重ねた部員の首を両手でわしづかみにして揺さぶり「なんでできないんだ」「だから使いたくないんだ」などと罵倒するのを目撃した。部員の首筋に残った爪の跡を、複数の部員が「見た」と話している。

     神奈川新聞の取材に、金子部長は「『クビだ』は言ったかもしれないが『死ね』や『殺すぞ』は絶対に言っていない。手を出したことも一切ない」と答えた。その上で、「感情的になってしまい、自分自身を見失ったときもある。大いに反省しなければいけない」とした。

     平田監督は金子部長の言動について「見聞きしていない」と否定。自身の暴力については「つかんだのは首ではなく肩。首の後ろの傷は、私が付けたものではない、と言い切れない」と答えた。練習中に激高し物を投げつけたことがあるとした上で「チームの成績が悪く、横浜高校という名門の看板を背負うことによるプレッシャーもあった。私に人間力がないということ」と話した。

     横浜高校は「指摘されていることが事実なのか。どのような形で行われたのか。本校として調査する。できる限りの対応をしたい」(三原馨校長代理)としている。

     横浜高校野球部は、春夏5度の全国制覇を誇る高校野球界の名門。1968年からチームを率いていた渡辺元智前監督から2015年秋に平田監督が引き継ぎ、金子部長が就任した。16年から夏の神奈川大会3連覇を成し遂げたが、今夏は県立相模原高校に敗れ8強、県秋季大会も桐光学園に負け8強に終わった。

    9/26(木) 3:00配信 カナロコ by 神奈川新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00000002-kana-base

    【動画】暴言、暴力を現役部員が証言

    (出典 Youtube)


    【【高校野球】プロ志望の及川投手がいる”横浜高校野球部”で暴言暴力問題が発覚!】の続きを読む


    (出典 i.japan-baseball.jp)

    史上最高の投手陣も…U18代表“惨敗”のワケ 偏った選手選考…監督人事も主導「関西高校球界の重鎮」が結団式で居眠りの“失態” - ZAKZAK
    野球のU18W杯(韓国・機張)で日本は5位に終わり、表彰台すら逃した。史上最高といわれた投手陣を擁しながら惨敗した要因は、監督をはじめとした人選にある。
    (出典:ZAKZAK)


    比屋根吉信(指導者、元興南高校監督、元有明高校監督) 松本匡史(元プロ野球選手) 安田尚弘(元プロ野球選手) 矢野和哉(元プロ野球選手) 金村義明(元プロ野球選手、野球解説者) 永田裕治(指導者、高校野球日本代表監督、元野球部監督) 徳田紀之 (指導者、亜細亜大学硬式野球部コーチ) 岡本透(元プロ野球選手) 松田慎司(元プロ野球選手)
    13キロバイト (1,391 語) - 2019年9月7日 (土) 10:31


       


    1 幻の右 ★

     U-18W杯(8月30-9月8日=韓国・機張)で5位と惨敗した高校日本代表。采配への批判も大きかった永田裕治監督(55)=前報徳学園監督=が、試合中に“サイン盗み”を指示していたことが明らかになった。

     高校球界関係者によると、サイン盗みの指示があったのは、日本の最後の試合となった2次リーグ・豪州戦(7日)。同関係者は複数の代表選手から「永田監督から『走者として二塁に行ったら打者にサインを送れ』と指示された」と明かされたという。

     走者やベースコーチが、捕手のサインや構えを見て打者に球種やコースを伝える行為は、スポーツマンシップに反するとされ、日本の高校野球では1998年から禁止され、疑いがあれば審判団が当該選手やベンチに注意を与えている。プロ野球でもセ、パ両リーグがアグリーメントで明確に禁じている。

     国際大会ではアンリトン・ルール(暗黙の了解)違反に属するが、こうした行為が発覚した場合、打者が報復死球を受ける恐れもある。

     豪州戦では選手が指示を拒絶したため、実際にはサイン盗みは行われなかったというが、もし指示に従い、発覚していれば、国際的な批判を免れなかったところだ。

     今大会のメンバーには星稜の奥川恭伸投手、山瀬慎之助捕手、習志野の飯塚脩人投手が今春の選抜でサイン盗み疑惑騒動に巻き込まれた経緯があり、その選手たちの目の前でサイン盗みを指示するのは理解に苦しむ。

     日本高野連は昨年のU-18アジア選手権前と今大会前に、国際審判員による説明会を設け、選手に対し、大量得点差でバントや盗塁を行わないなどのアンリトン・ルールについて注意を喚起してきた。

     しかし永田監督は昨年、「書いていない禁止行為の明示はしてほしくない」と不満を漏らし、「バントや盗塁はベンチからの指示で行うこと。選手の判断に任せることはない」と強調。

     今大会でも初回無死一塁でバントを度々指示したが、これも特に若い世代の国際大会では、将来的な進歩につながらないとされ、タブーとされていると説明を受けたはずの作戦だ。

     豪州戦では選手の良心に救われたが、今後へ向けて国際感覚とスポーツマンシップを持ち合わせた指導者が求められているのではないだろうか。(片岡将)


    2019.9.15
    https://www.zakzak.co.jp/spo/news/190915/bas1909150007-n1.html

    ★1が立った日時:2019/09/15(日) 17:17:58.00

    前スレ
    【高校野球】スクープ! U18永田裕治監督(前報徳学園)サイン盗み指示していた 最終の豪州戦、選手拒絶で未遂に ★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1568545931/


    【【野球U18】史上最悪な永田監督に史上最高の投手陣だった日本代表!こんな監督で勝てる訳ないwww】の続きを読む


    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)
    金属バットはすぐに広まったわけではない。当初は、甲子園でも5分の3くらいの選手しか使用していなかった。金属バットが一気に広まるのは、1982年に蔦文也監督が率いる池田高校が金属バットの特性を生かして甲子園を席巻してからである。なお、現在でも、強豪校では練習に竹の接合バット
    28キロバイト (4,384 語) - 2019年9月3日 (火) 02:46


    高校野球金属バット見直し着手 最大径の減少を提案 - 日刊スポーツ
    日本高野連が金属バットの性能見直しに着手することになった。第3回「投手の障害予防に関する有識者会議」が20日、大阪市内で開かれた。会議では、金属バットの性能見 ...
    (出典:日刊スポーツ)

    「飛ばないバット」で高校野球変わる? 木製対応に一手 - 朝日新聞
    木製バットへの対応――。高校野球から大学、プロなどに進んだ選手がぶつかる大きな壁だ。金属製バットはよく飛ぶが、将来的に選手が木製との感覚の違いに苦労する ...
    (出典:朝日新聞)



    1 鉄チーズ烏 ★

     日本高校野球連盟は20日、選手の安全対策の一環として金属製バットの性能を見直しに着手すると発表した。打球の速度を抑えるため、現行よりも反発力が低くなる基準を検討していく。

     金属製バットが高校野球に導入されたのは1974年。木製バットよりも耐久性が高いため広く普及したが、反発力向上や軽量化といった改良が進んで打球の速度があがり、投手がライナーを避けきれない事故も起きた。

     2001年秋には、スイングの速さを抑えるために重さを900グラム以上などとする規定ができていたが、近年では筋力トレーニングがさらに発達、普及し、選手の体力も向上。打球の速度や飛距離も上向き、2年前の第99回全国選手権大会では史上最多の68本塁打を記録した。一方で、今夏の第101回大会の2回戦では、岡山学芸館の投手が打球をよけきれず顔面に受けて降板。骨折と診断された。

     この日、「投手の障害予防に関する有識者会議」が開かれたが、以前の会合では一部の委員から、選手の安全対策として木製バットよりも反発力の高い金属製バットの性能について危険を訴える声もあがっていた。


    9/20(金) 17:49配信 朝日新聞デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190920-00000057-asahi-spo


    【【高校野球】金属バット見直し!投手の障害予防にはなるが、飛ばないバットでどう変わるのか?】の続きを読む


    (出典 www.chunichi.co.jp)

    日本ハム・斎藤佑樹 母校・早実の“問題行為”に「僕から言えることはありません」 (2019年9月14日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    甲子園で春夏一度ずつの優勝を誇る名門・早稲田実業(東京)が、複数の部員による問題行為が発覚したため、13日に秋季大会出場を辞退し、プロ野球界にも激震が走った ...
    (出典:エキサイトニュース)


    斎藤 佑樹(さいとう ゆうき、1988年6月6日 - )は、群馬県太田市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。北海道日本ハムファイターズに所属。 群馬県太田市出身。漫画『MAJOR』を愛読し、太田市立生品小学校在籍中は地元学童野球チーム「生品チャンピオンズ」に一年時から在籍し主将を務める。太田市立
    58キロバイト (8,754 語) - 2019年9月10日 (火) 12:03


       


    1 すらいむ ★

    早実「出場辞退」の理由は「性動画」拡散だった

     9月14日、高校野球の強豪・早稲田実業が秋季大会の出場辞退を発表。
     その理由は野球部員による「性動画」の拡散だったことが、「週刊文春」の取材で分かった。

     同校は、「ご報告とお詫び」と題した文章をHPに掲載。だが、その理由については「複数の硬式野球部員に問題行動があった」と記すのみだった。

     「早実は、辞退の理由について『教育上の観点から答えられない』と詳細な説明を避けています。学校の対応に疑問の声が上がる一方、『公表できないほど危ない話なのか』と動揺が広がっている」(スポーツ紙記者)

     早実の野球部関係者は匿名を条件にこう明かす。

     「辞退の原因は、部員がハレンチな動画を撮影し、それを別の生徒が学内で拡散させたことでした」

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    文春オンライン 2019年9月18日 16時0分
    https://news.livedoor.com/article/detail/17100526/


    【【衝撃】高校野球・早実OBの苦言が届いたか?出場辞退の理由は、なんと『性動画』拡散だった!】の続きを読む

    no title

    大船渡・佐々木朗希、耐久性に疑問 “夢の投手”で終わるか… 元ヤクルト投手コーチ・安田猛氏「マメをケアする方法知らない、投手として経験不足」 - ZAKZAK
    最速163キロを誇り、「全12球団1位指名」まで取り沙汰された佐々木朗希投手(大船渡高3年)だが、夏の岩手県大会決勝の登板を回避し物議を醸したのに続き、高校 ...
    (出典:ZAKZAK)




    1 砂漠のマスカレード ★

    プロ注目の163キロ右腕、佐々木朗希(大船渡高)のドラフト1位指名からの撤退を検討している球団が続出していることが11日、明らかになった。
    佐々木は、右手中指にできたマメの影響があり韓国で開催されていたU-18W杯で1試合、1イニングしか登板できず、チームも5位で帰国した。
    佐々木の最終チェックを満足のいく形でできなかったため、そのポテンシャルの大きさを把握しきれず、入団後の育成法を考えて指名を躊躇している球団が出始めているのが現状のようだ。
    日本の球団では手に負えないほどのスケールの怪物。それが佐々木なのかもしれない。

    160キロ投手の育成プランが用意できない?!
    スカウトが注目していた“高校侍ジャパン”の佐々木は、たった2イニングしか投げなかった。右手中指にできていたマメが潰れたため、
    8月26日に神宮で行われた大学日本代表との壮行試合は12球、そして9月6日のU-18W杯の韓国戦でも19球でマウンドを降りた。
    全力投球ではなかったが、ヒットは1本も許さず150キロ台前半のストレートは惚れ惚れとするものだった。それでも「投げられなかった佐々木」に対してファイナルアンサーに戸惑う球団が続出した。

    何人かの球団関係者の声を拾ってみたが、意外にも聞こえてきた本音は、「悩む」「迷う」といった声だ。

    「何が何でも1位」と公式アナウンスしている球団は日ハムだけ。日ハムは、吉村GMが6月の段階で「間違いなく1位で指名する」と公表。
    その後も日ハムのスカウト陣は、「(1位指名の)評価は変わらない」と語っているが、複数の他球団からは、1位指名撤退の動きが伺えるのだ。
    なぜか?
    理由の一つが育成への不安だ。

    ある球団の編成幹部が、こんな本音を語ってくれた。
    「佐々木は即戦力だとは思いますが、やはり下半身も含めて体ができていない。
    では、取った時に、これまでの新人と同じような形での育成でいいのか?という疑問があります。過去に160キロを超えるボールを投げる能力の投手を育てたことのあるチームは大谷翔平がいた日ハムしかありません。
    160キロを超えると、人間の肩や肘にどれだけの影響を与えるのか。そのためのケアや故障防止はどうすればいいのか。
    ノウハウを持っている球団はないのです。
    メジャーにはあるのかもしれませんが、それでもダルビッシュや大谷など、トミー・ジョン手術をする投手が続出しています。
    医学的な知識を持った人間も交えて、まったく新しいプロジェクトを組み、スタッフと特別育成カリキュラムを用意して、佐々木を迎える必要があるのです。
    じゃあ、そういうプロジェクトをしっかりと作れるのか、という問題が出てきますよね。そう考えると“佐々木より他の選択肢がいい”となる。本当に悩みます。これは、どの球団も同じ状況でしょう」

    プロ野球史に残るような“怪物”を手に入れたはいいが、ひとつ育成法に失敗すれば、そのせっかくの逸材を眠らせたまま終わりにしてしまう危険性がある。
    故障でもさせれば一大事だし、そうなれば、球団に対して「岩手県大会決勝登板を回避してまで将来にかけたのに何をしてんだ?」とファンの批判が殺到、チームの編成計画も狂うだろう。
    しかも、前出した某幹部が語った通り、160キロを投げるポテンシャルを持った投手の育成カリキュラムを持っている球団など、どこにもない。故障の不安もつきまとう。佐々木の1位指名には大きなリスクを伴うのだ。

    佐々木が、今大会で、計2イニングしか登板できなかった問題は、それらの不安にさらに火をつけることになった。
    スカウトは一様に「かなり育成に時間がかかる」と判断せざるを得なかったのである。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190912-00010000-wordleafs-base
    9/12(木) 5:21配信


    【【野球】投手として耐久性がない"佐々木朗希" ドラフト1位指名は、あの球団だけ!】の続きを読む

    このページのトップヘ